[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報】F1オーストラリアGP2015 予選 17,18位で実質最下位!マクラーレンホンダMP4-30

オーストラリアGP2015初日のフリー走行では満足に走行を重ねられなかったMP4-30。

まだ十分に煮詰められていないマシンで初めての予選でどこまで戦えるか?

2015年最初のポールポジションは誰が獲るのか?上位争いにも注目が集まった。

【スポンサーリンク】



午前のフリー走行P3では、14周で16位のマグヌッセン、13周で17位のバトン。

予選Q1・18分間、Q2・15分間ではそれぞれ5台ずつがノックアウトされていく。

そして始まった予選セッション。今回はマノーチーム不参加のため3台が脱落する。

マクラーレンホンダは「ソフトタイヤ」でアタック。

残り10分を切ったところで「ミディアムタイヤ」のメルセデス勢が1,2のタイム。

期待の新星17歳のフェルスタッペンは4位のタイムを叩き出す。

マクラーレンホンダは元々予選のための調整まで十分でないことと、予想以上に気温が上がり、パワーユニットが上手く機能しなかったこともあり、バトンが1分31秒422の17位、マグヌッセンは1分32秒037で18位で、16位のザウバーエリクソンと共にQ2進出は出来なかった。

【オーストラリアGP 予選Q1結果】

Pos. No. Driver Team Time
1 44 L.ハミルトン メルセデス 1'28''586
2 6 N.ロズベルグ メルセデス 1'28''906
3 19 F.マッサ イリアム 1'29''246
4 33 M.フェルスタッペン トロロッソ 1'29''248
5 5 S.ベッテル フェラーリ 1'29''307
6 8 R.グロージャン ロータス 1'29''537
7 55 C.サインツJr. トロロッソ 1'29''597
8 77 V.ボッタス イリアム 1'29''641
9 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1'29''651
10 7 K.ライコネン フェラーリ 1'29''754
11 3 D.リカルド レッドブル 1'29''788
12 13 P.マルドナド ロータス 1'29''847
13 11 S.ペレス Fインディア 1'29''990
14 26 D.クビアト レッドブル 1'30''402
15 12 F.ナスル ザウバー 1'30''430
16 9 M.エリクソン ザウバー 1'31''376
17 22 J.バトン マクラーレン 1'31''422
18 20 K.マグヌッセン マクラーレン 1'32''037
19 28 W.スティーブンス マノー No time
20 98 R.メリ マノー No time

続く15台で争われ10台がQ3進出を賭けるQ2セッション。

前者ソフトタイヤでアタックスタート。

ハミルトンは早々にトップタイムを叩き出しマシンを降りる。

2番手に同じメルセデスロズベルグ、3番手フェラーリベッテル

最終アタックで4位以降が激しい争いとなり、4番手にボッタス、5番手にライコネンが入る。

注目のトロロッソ若手2人は、サインツJr.は8番手で残ったものの、フェルスタッペンは12位に落ち、Q3進出ならず。

【オーストラリアGP予選 Q2結果】

Pos. No. Driver Team Time
1 44 L.ハミルトン メルセデス 1'26''894
2 6 N.ロズベルグ メルセデス 1'27''097
3 5 S.ベッテル フェラーリ 1'27''742
4 77 V.ボッタス イリアム 1'27''796
5 7 K.ライコネン フェラーリ 1'27''807
6 19 F.マッサ イリアム 1'27''895
7 8 R.グロージャン ロータス 1'28''589
8 55 C.サインツJr. トロロッソ 1'28''601
9 3 D.リカルド レッドブル 1'28''679
10 13 P.マルドナド ロータス 1'28''726
11 12 F.ナスル ザウバー 1'28''800
12 33 M.フェルスタッペン トロロッソ 1'28''868
13 26 D.クビアト レッドブル 1'29''070
14 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1'29''208
15 11 S.ペレス Fインディア 1'29''209

10台でのPPを争うQ3ではポールポジションを狙うロズベルグがコースアウトで2位。
熾烈な3番手争いはウイリアムスのマッサがフェラーリベッテルを100分の4秒差で上回った。

【オーストラリアGP 公式予選 最終結果】

Pos. No. Driver Team Time Q1 Time Q2 Time Q3
1 44 L.ハミルトン メルセデス 1'28''586 1'26''894 1'26''327
2 6 N.ロズベルグ メルセデス 1'28''906 1'27''097 1'26''921
3 19 F.マッサ イリアム 1'29''246 1'27''895 1'27''718
4 5 S.ベッテル フェラーリ 1'29''307 1'27''742 1'27''757
5 7 K.ライコネン フェラーリ 1'29''754 1'27''807 1'27''790
6 77 V.ボッタス イリアム 1'29''641 1'27''796 1'28''087
7 3 D.リカルド レッドブル 1'29''788 1'28''679 1'28''329
8 55 C.サインツJr. トロロッソ 1'29''597 1'28''601 1'28''510
9 8 R.グロージャン ロータス 1'29''537 1'28''589 1'28''560
10 13 P.マルドナド ロータス 1'29''847 1'28''726 1'29''480
11 12 F.ナスル ザウバー 1'30''430 1'28''800
12 33 M.フェルスタッペン トロロッソ 1'29''248 1'28''868
13 26 D.クビアト レッドブル 1'30''402 1'29''070
14 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1'29''651 1'29''208
15 11 S.ペレス Fインディア 1'29''990 1'29''209
16 9 M.エリクソン ザウバー 1'31''376
17 22 J.バトン マクラーレン 1'31''422
18 20 K.マグヌッセン マクラーレン 1'32''037
19 28 W.スティーブンス マノー No time
20 98 R.メリ マノー No time

予選では実質最下位となったマクラーレンホンダだが、まだ速さを追求するレベルではなく、明日の決勝レースで、まずは完走を目指しデータ収集に徹することが課題となってくる。

上位争いでは、次元の違う速さを魅せるメルセデスに対しウイリアムズと調子を上げているフェラーリがどこまで食い込めるかにも注目が集まる。

(決勝レースの速報記事はこちら)

【速報】F1オーストラリアGP決勝 バトン見事完走!マクラーレンホンダMP4-30 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【スポンサーリンク】


(関連記事)

【速報】F1オーストラリアGP2015 初日フリー走行 マグヌッセンクラッシュ!マクラーレンホンダ - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【動画】いよいよ開幕!F1オーストラリアGP2015 テレビ中継 オンボードサーキット走行動画も! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【速報動画】バトン101周走破!!第2回F1バルセロナテスト2015 2日目 マクラーレンホンダ - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ
※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。