[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【TV】F1ホンダ「宗一郎を継ぐ者たち」に続編あり!5月~6月放送予定

去る3月8日にNHK BS1で放送された「F1世界最速への挑戦〜本田宗一郎を継ぐ者たち〜」

ホンダファン、F1マニアならずとも本田宗一郎氏から脈々と受け継がれる「ホンダイズム」レースに賭ける並々ならぬ情熱「レース屋魂」を感じ取った方は多いことでしょう。

好評の内に終わった番組ですが、その続編を撮影中とオートスポーツwebは報じています。

【スポンサーリンク】



McLAREN HONDA マクラーレン ホンダ 2015  ロゴステッカー ブラック サイズ:S

3月8日にNHK BS1で放送された「F1世界最速への挑戦〜本田宗一郎を継ぐ者たち〜」では、二輪から四輪へと進出する本田技研工業が、一足跳びでF1の世界にチャレンジしたファンの間では伝説となっている草創期のエピソードと、パワーユニットの時代になった最新4期目のホンダのチャレンジを平行したドキュメンタリーとして、クォリティーの高い内容になっていました。

h-idayu.hateblo.jp


ただ個人的には少し放送時間が短かったことと、ホンダF1第4期の幕がこれから開こうとしているといった感じで、1回の放送だけでは物足りなさも感じていました。

そんな中、ほぼ毎日チェックさせて頂いている「オートスポーツweb」で、その続編を撮影中とのニュースが…。

as-web.jp

オートスポーツHP記事にもありますが、番組プロデューサーの福島佳苗さんは父親の仕事の関係で80年代イギリスに在住し、87年のあの伝説のホンダ1-2-3-4フィニッシュを目の当たりにし、F1ファン、ホンダファンになったという何とも羨ましい経験の持ち主。

番組プロデューサーを務める福島佳苗さんは、80年代に父親の仕事の関係でヨーロッパで学生生活を送っていた、いわゆる帰国子女である。日本人学校ではなく現地の学校に通っていた福島さんには、さまざまな苦労があったが、そんなとき父親に誘われて見に行った1987年のイギリスGPで、ホンダ勢が1-2-3-4を飾る。そんな日本企業の奮闘にエネルギーをもらった福島さんは、番組を通して多くの日本人に勇気を与えようとしている。

 福島さんは取材を通して、ホンダに惹かれる理由を次のように語る。

「1回目の放送では第1期、第2期の方たちが中心でしたが、ホンダの方たちはみんな熱い思いを持っていたのが印象的でした。通常ホンダのような大企業を取材しようとすると、事前に質問表のようなものを要求されたりするんですが、今回の取材ではほとんどの方がそういったものを要求せず、自分の言葉で答えてくださいました。ホンダらしいなと思いました」

引用:オートスポーツweb

福島プロデューサーは、ホンダからエネルギーを受け日本人を元気に!という強い思いで番組をプロデュース。

ホンダF1チームは常に自分達に「勝つこと」を宿命付けるレースへの思いと弛まぬ技術向上の情熱を持ち続けるプロ集団

そんな両者が「台本なし」でぶつかり合う番組が面白くないはずがありません。

現在、ホンダF1は余りにもコンパクトなパワーユニットを初年度から持ち込んだため、これが世界を席巻したホンダエンジンか?と思わせる様なパフォーマンスで、本来のポテンシャルを出し切れていない状態です。

次回「ホンダF1続編」放送予定の5月~6月には、もう少し高いパフォーマンスを発揮するマクラーレンホンダが映し出されることを期待しつつ、番組の内容にも期待しています。

今後、続編番組の詳細等が分かったら、適宜ご紹介します。

(アイルトン・セナ特番とスペシャル動画記事はこちら)
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

【スポンサーリンク】


© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。