[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

松山英樹 最新ゴルフ世界ランキング16位!FedExランキング13位! 3/30/2015更新

左手首の古傷の調子が良ければ松山英樹も出場していたPGAバレロテキサスオープン2015」終了時点での世界ランキングFedExカップポイントランキングが発表されています。

松山は世界ランク16位、FedExランク13位と両ランクとも前週と変わらず。

ここまでずっと2勝以上が不在の混戦模様のPGAツアーで、今大会ジミー・ウォーカーが2勝目を挙げ世界ランクでトップ10入り。バルスパー選手権で優勝、今大会も2位と好調のジョーダン・スピースは、世界ランク4位、FedExランクは前週9位から2位まで順位を上げました。

【スポンサーリンク】


バレロテキサスオープン終了直後のウォーカーとスピース)

今大会と次回「シェル ヒューストンオープン2015」を続けて欠場し、今季初メジャー「マスターズ2015」へ直行する松山英樹

今回は出場無しで、最新の世界ランキングは16位、FedExランキング13位と前週と変わらずです。

【公式世界ランキング2015 トップ20 3/29】

順位 前週 国籍 プレーヤー 平均ポイント
1 1 NIR ローリー·マキロイ 10.9994
2 2 SWE ヘンリク·ステンソン 7.8086
3 3 USA バッバ·ワトソン 7.5651
4 6 USA ジョーダン·スピース 6.9010
5 4 AUS ジェイソン·デイ 6.4999
6 5 AUS アダム·スコット 6.4113
7 9 USA ダスティン·ジョンソン 5.9869
8 8 ESP セルジオ·ガルシア 5.8635
9 7 USA ジム·フューリック 5.7810
10 13 USA ジミー·ウォーカー 5.5691
11 10 ENG ジャスティン·ローズ 5.2988
12 11 USA リッキー·ファウラー 4.6857
13 12 GER マルティン·カイマー 4.6376
14 14 USA マット·クチャー 4.5802
15 15 USA パトリック·リード 4.5352
16 16 JPN 松山英樹 4.1986
17 18 USA ビリー·ホーシェル 4.0563
18 17 FRA ビクターDubuisson 3.6554
19 19 USA ブルックス·ケプカ 3.6438
20 20 USA JBホームズ 3.6139

(参照:ワールドゴルフランキング公式HP)

前述したスピースが6位から4位へ。

WGCキャデラック選手権を制し、今大会も6位に入ったダスティン・ジョンソンが7位から9位へ。

そして、今大会優勝で今季PGA選手初の2勝を挙げたウォーカーが13位から10位とトップ10入り。

名前の挙った選手は今季ここまで、松山とも熱戦を繰り広げてきた選手ばかりで、松山も負けてはいられません。

なお、石川遼は前週から4つ順位を落とし138位。なかなか100位圏内に入ってこれない状態が続いています。

FedExカップポイントランキング2015 トップ21 3月29日】

順位 先週 プレイヤー 出場試合 ポイント数 優勝回数 トップ10試合数 ポイント差
1 1 ジミー·ウォーカー 10 1650 2 5 -
2 9 ジョーダン·スピース 8 1164 1 5 486
3 2 バッバ·ワトソン 5 1088 1 4 562
4 3 パトリック·リード 9 1076 1 3 574
5 4 ダスティン·ジョンソン 6 1005 1 4 645
6 5 ロバート·ストレブ 12 903 1 5 747
7 6 ジェイソン·デイ 6 900 1 3 750
8 7 ブラント·スネデカー 11 891 1 4 759
9 12 チャーリー·ホフマン 12 888 1 2 762
10 8 ライアン·ムーア 9 877 1 3 773
11 10 ペ・サンムン 13 862 1 4 788
12 11 ベン·マーティン 12 829 1 2 821
13 13 松山英樹 11 819 5 831
14 14 ブルックス·ケプカ 7 790 1 3 860
15 15 ジェームス·ハーン 12 736 1 1 914
16 16 JBホームズ 10 733 3 917
17 17 ビル·ハース 7 708 1 2 942
18 19 ショーン·ステファニー 13 693 2 957
19 20 ハリス·イングリッシュ 13 681 3 969
20 18 ダニエル·バーガー 14 660 3 990
21 22 マット·エヴリー 11 639 1 1 1011

(参照:PGA公式HP)

敢えて21位までにしたのは、いつも言っていることですが、今季未勝利の松山が13位にいることがどれだけ凄いことか?をくどい様ですが分かって頂こうという意図です。

FedExカップポイントランキングでは、ここのところ1位に居座っていたウォーカーがトップの座を固め、
前週9位のスピースが2位まで上がってきました。

よって、バッバ・ワトソンからスネデガーまでがひとつずつ順位を落としています。

石川遼は前週118位から5つ落とし123位。FedExランキングでも100位圏外になってしまっています。

(懐かしい2012年のマスターズ 松山英樹

松山英樹はもう一週お休みして、満を持して「マスターズ」の舞台に立ちます。

松山英樹の「マスターズ」に関しては稿を改めて「特集」として書きますが、今季初勝利が自身初のメジャーの戴冠ということも十分にあり得る状況だけに、
左手首を労りながらも、課題のパッティングの調整が上手くいくことを期待しつつ、もう一週待ちたいと思います。

【スポンサーリンク】


(関連記事)h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ


© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。