[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報】F1中国GP2015 フリー走行3回目&予選 マクラーレンホンダQ2進出はならず!

昨日の2回目のフリー走行では10番手に入る速さを魅せたマクラーレンホンダ・バトン。

新生マクラーレンの予選Q3進出も見えてきたが、2日目予選前のフリー走行ではパワーユニットから白煙が出て、アロンソが1周目でリタイアという大きなトラブルに見舞われた。

直前フリー走行では、メルセデスが1,2番手、フェラーリが3,4番手という序列の後の中位グループのタイム差がかなり詰まってきており、上位争いに加え中位グループのグリッド争いにも注目が集まる。

【スポンサーリンク】



f:id:h-idayu:20150408130611j:plain

■フリー走行3回目 FP3

予選前の3回目のフリー走行では(FP3)では、ハミルトンが首位を堅持。

その後に、ロズベルグ、ベッテル、ライコネンとメルセデスとフェラーリが上位を独占。

続く中位勢はかなり狭いタイム差にひしめき合う結果となった。

なお、マクラーレンホンダのアロンソは1周でマシンを降りるトラブルに見舞われた。

【中国GP フリー走行3回目 結果】

順位 No ドライバー チーム タイム タイム差 周回数
1 44 L.ハミルトン メルセデス 1'37''615 - 14
2 6 N.ロズベルグ メルセデス 1'37''841 0''226 16
3 5 S.ベッテル フェラーリ 1'38''313 0''698 17
4 7 K.ライコネン フェラーリ 1'38''512 0''897 16
5 3 D.リカルド レッドブル 1'39''020 1''405 8
6 26 D.クビアト レッドブル 1'39''106 1''491 14
7 55 C.サインツJr. トロロッソ 1'39''113 1''498 17
8 77 V.ボッタス ウイリアムズ 1'39''243 1''628 15
9 33 M.フェルスタッペン トロロッソ 1'39''274 1''659 19
10 8 R.グロージャン ロータス 1'39''405 1''790 14
11 19 F.マッサ ウイリアムズ 1'39''410 1''795 17
12 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1'39''513 1''898 14
13 9 M.エリクソン ザウバー 1'39''559 1''944 18
14 12 F.ナスル ザウバー 1'39''591 1''976 19
15 22 J.バトン マクラーレン 1'39''694 2''079 16
16 13 P.マルドナド ロータス 1'39''766 2''151 16
17 11 S.ペレス Fインディア 1'39''781 2''166 17
18 28 W.スティーブンス マノー 1'42''928 5''313 15
19 98 R.メリ マノー 1'44''956 7''341 9
20 14 F.アロンソ マクラーレン No time 1

■公式予選

FP3のアロンソのトラブルは、パワーユニットではなくイグニッションの問題であることが分かり、ユニットの載せ替えはしないで済むため、予選出場が可能になった。

予選Q1開始早々にメルセデスの2台が1,2番手のタイムを計測。

マクラーレンホンダのアロンソ、バトンも早めにタイム計測に入り、途中まで10番手~15番手付近でQ1突破も見える位置に。

その後、フェラーリ・ベッテルが1:37.502のタイムを出しトップに立ち、ライコネンも2番手に入る。

そしてQ1終了間際にもう一度アタックに出るマクラーレン。

しかし、少し先を走行する中位勢が好タイムを叩き出し、最初のタイムの順位が下がっていく。

次々と各マシンがQ1セッションのチェッカーフラッグを受ける中、最後の最後でアロンソ、バトンもチェッカーを受けるが、
バトンが1:39.276で17番手、アロンソが1:39.280で18番手となりQ2進出はならず。

マシンはオーバーヒート気味の中、バトンとアロンソのタイム差は0.04秒というところからも、
元チャンピオンドライバー2人の名手は、現状のマシン状態で極限の走りをしたことが分かる。

Q2に入り、ハミルトン、ロズベルグ、ベッテル、ライコネンの順でトップ~4番手までを早々に決める。

5番手以降の中位勢のタイム差はかなり縮まっており、Q3進出を賭ける熾烈な争いとなる。

Q2でのカットは以下の5台。

11. Maldonado
12. Kvyat
13. Verstappen
14. Sainz
15. Perez

Q3進出は以下の10台。

1. Hamilton - 1m36.423s
2. Rosberg - 1m36.747s.
3. Vettel - 1m36.957s
4. Raikkonen - 1m37.109s
5. Massa - 1m37.357s
6. Bottas - 1m37.762s
7. Ricciardo - 1m37.929s
8. Nasr - 1m38.017s
9. Grosjean - 1m38.063s
10. Ericsson - 1m38.127s

何とザウバーが本当に久しぶりに2台ともQ3進出を果たした。

Q3では、ハミルトンが1:35.782のトップタイムを叩き出す。

続いてライコネンが1:36.062のタイムで2番手。

そして、マッサが1:37.365で3番手に入る。

3番手のマッサを上回りたいフェラーリだがマッサはタイムを塗り替え1:36.954。

しかしベッテルが1:36.687でマッサを上回り意地の3番手。

マッサは4番手になり、ボッタスが1:37.143で5番手に入りウイリアムズ勢が並んだ。

【中国GP 公式予選 最終結果】

順位 No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3
1 44 L.ハミルトン メルセデス 1'38''285 1'36''423 1'35''782
2 6 N.ロズベルグ メルセデス 1'38''496 1'36''747 1'35''824
3 5 S.ベッテル フェラーリ 1'37''502 1'36''957 1'36''687
4 19 F.マッサ ウイリアムズ 1'38''433 1'37''357 1'36''954
5 77 V.ボッタス ウイリアムズ 1'38''014 1'37''763 1'37''143
6 7 K.ライコネン フェラーリ 1'37''790 1'37''109 1'37''232
7 3 D.リカルド レッドブル 1'38''534 1'37''939 1'37''540
8 8 R.グロージャン ロータス 1'38''209 1'38''063 1'37''905
9 12 F.ナスル ザウバー 1'38''521 1'38''017 1'38''067
10 9 M.エリクソン ザウバー 1'38''941 1'38''127 1'38''158
11 13 P.マルドナド ロータス 1'38''563 1'38''134
12 26 D.クビアト レッドブル 1'39''051 1'38''209
13 33 M.フェルスタッペン トロロッソ 1'38''387 1'38''393
14 55 C.サインツJr. トロロッソ 1'38''622 1'38''538
15 11 S.ペレス Fインディア 1'38''903 1'39''290
16 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1'39''216
17 22 J.バトン マクラーレン 1'39''276
18 14 F.アロンソ マクラーレン 1'39''280
19 28 W.スティーブンス マノー 1'42''091
20 98 R.メリ マノー 1'42''842

中国GP予選はハミルトンが通算41回目、中国GPでも5回目となるポールポジションを獲得した。

ベッテルがフェラーリの意地を魅せる中、ライコネンは終始どこかに問題がありそうな走りでタイムが出てこない。

ウイリアムズ2台がフェラーリの間に割り込んできており、上位争いがより面白くなってきた。

マクラーレンホンダは、悲願のQ2進出はならなかったものの、着実に速さを増してきており、
明日の決勝で、どこまでのパフォーマンスを魅せてくるのか?

そして次に繋げるためにも、マクラーレンホンダには完走を果たす走りに期待したい。

【スポンサーリンク】



(関連記事)h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。