[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「マスターズ2015」3日目 再びイーグル魅せ通算-5!トップ10フィニッシュ!

3日目決勝ラウンドを迎えるマスターズ2015。2日目の松山はマスターズ初イーグルも奪いスコアを伸ばした。

(4日目、最終日の組合せ、スタート時間をページ下部に追加しました)

ジョーダン・スピースは更なる独走態勢を取りつつあり、3日目は松山も爆発的なチャージで追う展開を見せたいところだ。

同年代のライバルとして意地を魅せたい松山のムービングデー3日目の模様をダイジェスト映像・動画と共にお伝えします。

(PCの不調により、記事のアップが遅れましたことを、お詫び致します)

【スポンサーリンク】


ムービングデーを迎えたオーガスタ。

単独首位を行くジョーダン・スピースと松山の差は11ストロークあるが、松山も意地を魅せたいところだ。

1番445YPAR4。松山がオーガスタで一番難しいとしているが予選2日間はパーセーブしている。

ティーショットは276Yを飛ばしフェアウェイ真ん中へ。残り165Yのセカンドを2オンさせ、ピンまで約6.7mに着ける素晴らしいショット。しかしバーディーパットは入らずパーセーブ。

2番575YPAR5。

ティーショットは305Yの飛距離も右に曲げてしまいラフの。セカンドは241Y、グリーン手前ピンまで49Yへ。3打目のアプローチはグリーンの乗せ、残り約7mに着けるもバーディーパットを外し、パーセーブ。

3番350YPAR4。2日目にボギーを叩いているため気を付けたいところ。

277Yのティーショットはフェアウェイサイドバンカーを越えたところで、フェアウェイ左目をキープ。残り85Yのセカンドアプローチはピン側約1.5mに着ける素晴らしいショット。
パットを沈めバーディー奪取。

このバーディーでトータル4アンダーとする。

4番230YPAR3。波に乗っていきたいところ。

ティーショットはグリーンに乗せることが出来ず手前に落ち、ピンまで21Yを残す。アプローチはピン側約1.8mに着けるが、パーパットを外し痛恨のボギーを叩く。

バーディー後のボギーで、再びトータル3アンダーに戻してしまう。

5番455YPAR4。

283Yのティーショットは、フェアウェイ真ん中をキープし、残り173Yのセカンドショットは手前のグリーンエッジへ。ここからピン約1.5mに寄せパーセーブ。

6番180YPAR3。

再びティーショットでショート、1オン出来ずグリーン手前に。残り13Yのセカンドはピン約2.1mに寄せパーセーブ。

ショートホールのティーショットがショートするというミスが続き、ショットの不安定さが心配される。

7番450YPAR4。

ティーショットは296Yの飛距離も右に曲げラフへ。残り148Yのセカンドはグリーンをオーバー、奥のバンカーへ入れてしまう。松山得意のバンカーショットはピン約2.7mまで寄せるが、
パーパットを外し、ボギー。

このボギーでトータル2アンダーまでスコアを落とす。

8番575YPAR5。そろそろ巻き返しのチャージを掛け始めたいところだ。

274Yのティーショットはフェアウェイ真ん中へ。295Yを残したセカンドはグリーン手前残り59Y地点へ。
ここから低く出したアプローチは、何とそのままカップへ入り、チップインイーグル

ボギーの後の素晴らしいアプローチで一気にトータル4アンダーに戻した。

【松山英樹 8番 チップインイーグル映像】

前半上がりの9番PAR4。このままいい流れでバックナインに入りたいところ。

327Yのビッグドライブはフェアウェイ真ん中へ。132Yのセカンドショットは2オン、ピンまで残り約12m。ロングパットの3打目はあわやバーディーパットになりそうな惜しいパットだったが、ここはパーセーブ。

ショートホールのショットの不安定さが気になるが、PGAイーグル王の名に恥じない見事なチップインイーグルを魅せる辺りは、松山らしい精神力の強さだ。後半はもっとチャージを掛けていきたいところだ。

後半10番495YPAR4。アーメンコーナー目前にし、ここはスコアを縮めておきたいホール。

313Yのティーショットはフェアウェイ左をキープし、残り178Y。セカンドショットはしっかりグリーンを捉え、ピンまで約4.2mに着ける。
しかし3打目パットを外し、パーセーブ。

11番505YPAR4。アーメンコーナーの始まりだ。

ここも2オンするものの、短い距離のパットが入らずパーセーブ。

課題のパッティングが入らずスコアを伸ばしきれない展開が続く。

12番155YPAR3。

ティーショットはグリーン上段を捉える。残り約3.6mのバーディーパットを見事に沈めバーディー奪取。

12番は2日連続のボギーで、トータル5アンダー。まだまだ伸ばしたい。

【松山英樹 12番バーディー映像】


13番511YPAR5。アーメンコーナーラストホールだが、松山は2日間バーディーを獲っている。

ティーショットはフェアウェイ右に276Yの飛距離。残り231Yのセカンドは2オン。約21mのパットはピンまで届かず、まだ残り約4.9mの距離を残した。しかし、この微妙か距離のパットを沈め連続バーディー奪取。これで13番は3日間すべてバーディーだ。

これでトータル-6。パットが少しずつ良くなってきており、突っ走るスピースを猛追したいところだ。

14番440YPAR4。いい流れに乗ってどんどんスコアを縮めていきたいところ。

ここも2オンするものの、ピンまで約22mと距離があり、パーセーブ。

15番530YPAR5。

ティーショットは右に大きく曲げて林の中へ。残り243Yを残すセカンドショットは、ピンまでまだ108Yを残す。3打目のアプローチでピン約5.8mまで着けるも、2パットでパーセーブ。

16番170YPAR3。

ティーショットはグリーン上段に持ってくるも、僅かにエッジからこぼれた位置へ。残り5Yの2打目は惜しくもカップをオーバーし、パーセーブ。

17番440YPAR4。このホールは2日間ボギーを叩いているため、気を付けたいところだ。

ティーショットはフェアウェイ真ん中へ。しかし、残り164Yのセカンドはグリーン右手前へ大きく外れる。ピンまで残り31Yの3打目アプローチはピン約2.7mまで寄せ、パーセーブ。

ラスト18番465YPAR4。上がりのホールで、もう一度スコアを縮めたい。

ティーショットは大きく右へ曲げ、林の中に打ち込む。残り178Yのセカンドは直接グリーンを狙えず、出すだけになってしまい、まだピンまで111Yを残す。3打目アプローチでピンまで約4.5mに乗せてくるも、パーパットはカップをオーバーし、痛恨のボギー。

マスターズ3日目の松山は1イーグル3バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算5アンダー、10位タイに順位を上げホールアウトした。

【松山英樹 3日目 総合ハイライト映像】

(映像:TBSマスターズ公式HPより)


ボギーが続き嫌な流れになった展開で、2日連続のイーグルを奪う辺りは、さすがPGAのイーグル奪取数1位、精神力の強い松山らしさを魅せた。

特に途中までパットの調子が悪く、スコアを伸ばせない中、修正出来た点も大きい。

今日もジョーダン・スピースが2つスコアを伸ばしトータル-16と大差はあるが、スピースもミスが出始め、これまでの勢いとは異なるゴルフを見せてきている

ゴルフは何が起こるか分からない。しかも今回はメジャー大会マスターズだ。

最終日、松山が4日間で自身最高のゴルフを魅せれば、オーガスタに棲む魔女は松山に微笑みをかけてくれる可能性もある。

(追記)松山英樹、最終日、4日目のペアリング(組合せ)はダスティン・ジョンソンとのラウンド。

スタート時間は、現地時間、14:10ですので、日本時間13日(月)3:10(午前3時10分)の予定です。

(松山英樹 最終日の模様はこちら)
h-idayu.hateblo.jp

(マスターズ放送・中継・ネット配信予定はこちら)
h-idayu.hateblo.jp

【スポンサーリンク】


(松山英樹・マスターズ関連記事)h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。