[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「マスターズ2015」最終日 自身最少66で11アンダー 単独5位フィニッシュ!

ついに4日目・最終日を迎えるマスターズ2015。3日目もスコアは伸ばしたものの、課題のパットでもったいない場面も多かった松山英樹。

首位を走るジョーダン・スピースのペースは落ちてきたとはいえ、松山との差は未だ11ストロークのまま。

ゴルフは終わるまで何が起こるか分からない。松山にはこの4日間で最高のゴルフを期待したいところ。その松山の最終日の模様をダイジェスト映像・動画と共にお伝えします。

【スポンサーリンク】


最終日を迎えたオーガスタ。

首位を走るスピースのペースは落ちてきており、今日、松山が最高のチャージを掛けることが出来たら、オーガスタに棲む魔女スピースには意地悪を、松山には微笑みをかけてくれるかも知れない。

最終日は、ダスティン・ジョンソンとのペアリング(組合せ)でラウンドとなる。

1番445YPAR4。松山がオーガスタで一番難しいとしているがここまで3日間パーセーブが続いている。

ティーショットは297Yの飛距離も左へ曲げ、ラフへ。残り165Yのセカンドはグリーンをオーバーし、グリーン奥ラフ、ピンまで31Yに行ってしまう。
3打目アプローチはピン約1.5mに寄せパーセーブ。

2番575YPAR5。

ティーショットは322Y飛ばし、フェアウェイ左目へ。残り240Y残すセカンドショットはグリーン手前100Yへ。3打目アプローチは、ピン約4mに3オン。
しかし、バーディーパットは入らずパーセーブ。

3番350YPAR4。

221Yのティーショットはフェアウェイ真ん中をキープ。残り121Yのセカンドはグリーンを僅かにオーバーし、ピンまで10Y地点へ。
3打目をピン約1.2mに寄せ、パーセーブ。

4番230YPAR3。昨日ボギーを叩いており、気を付けたいところだ。

ティーショットは僅かにグリーンオーバーし、残り15Y残す。2打目をピン約1.8mに着けパーセーブ。

5番455YPAR4。

275Yのティーショットは、右へ大きく曲げ右ラフへ。残り202Yのセカンドショットは2オンするもピンまで約12m。ここからピン約60mまで寄せパーセーブ。

6番180YPAR3。昨日はティーショットをショートしているホール。

再びティーショットはグリーンをオーバー。グリーン奥ピン約8Yを残す。2打目でピン約1.5mに寄せ、パーセーブ。

ショートホールのティーショットは昨日と逆でオーバーをしており、少し気になるところだ。

7番450YPAR4。

ティーショットは287Yの飛距離でフェアウェイ真ん中へ。残り148Yのセカンドはグリーン手前右のバンカーへ入れてしまう。得意のバンカーショットでピン約1.8mまで寄せ、パー。

パーセーブを続け我慢のゴルフが続いているが、そろそろバーディーを獲って行きたいところ。

8番575YPAR5。昨日はチップインイーグルを魅せたホール。期待したい。

297Yのティーショットはフェアウェイ真ん中へ。253Yを残したセカンドはグリーン手前残り18Y地点へ。
3打目アプローチはピン約1.2mに寄せ、4打目を沈めバーディー奪取。

今日初バーディーで、トータル-6とする。

前半上がりの9番PAR4。このままいい流れでバックナインに入りたいところ。

306Yのドライブはフェアウェイ真ん中へ。138Yのセカンドショットは2オン、ピンまで残り約6m。3打目パットは惜しくも入らず、ここはパーセーブ。

昨日に続きショートホールのショットの不安定さが気になるが、バックナインはチャージを期待したいところだ。

後半10番495YPAR4。アーメンコーナー目前にし、ここはスコアを縮めておきたいホール。

320Yのティーショットは真ん中をキープし、残り178Y。セカンドショットはピン側約1.2mに寄せるスーパーショット。バーディーパットを沈めバーディー奪取。

ようやく波に乗りつつある松山。トータル7アンダー。

11番505YPAR4。アーメンコーナーの始まり。

312Yティーショットは右へ。セカンドショットは2オンし、ピン約8.8に着ける。3打目のバーディーパットを決め連続バーディー奪取。

攻めのゴルフを見せ始め、連続バーディーで、トータル8アンダーで5位タイまで順位を上げる。

【松山英樹 11番 バーディー映像】

12番155YPAR3。

ティーショットはグリーンを捉えるピン左へ。残り約5.8mの2打目のパットは入らず、パーセーブ。

13番511YPAR5。アーメンコーナーラストホールだが、松山は3日間すべてバーディーを獲っている。

302Yティーショットは右へ曲げてしまう。しかし残り207Yのセカンドは見事2オン。ピン約4.2mに寄せるスーパーショット。
このイーグルパットを見事に沈めイーグル奪取。

3日連続のイーグルを記録しトータル-10。チャージを掛ける松山は4位タイまで上げてきた。

【松山英樹 13番 イーグル映像】

14番440YPAR4。いい流れに乗ってどんどんスコアを縮めていきたいところ。

ここも2オンさせるが、大きく戻されピン約13.7mを残す。3打目バーディーパットはあわやカップインも勢いが強く、オーバー。
残り約1.2m返しのパットを沈めパーセーブ。

15番530YPAR5。

ティーショットは301Yを飛ばし、フェアウェイ真ん中へ。残り234Yを残すセカンドショットは、グリーン右のバンカーへ。3打目のバンカーショットはピン約1.8mまで着け、バーディーチャンス。
しかし、これを僅かに外しパーセーブ。

16番170YPAR3。

ティーショットは、しっかりグリーンを捉える。残り約8.2mの2打目は惜しくもラインを外し、パーセーブ。

17番440YPAR4。このホールは初日、2日とボギーを叩いているため、気を付けたいところだ。

ティーショットはフェアウェイ真ん中へ。残り151Yのセカンドは2オンするも、ピンまで約16.4mの距離を残す。
3打目のパットは僅かにショートし、パーセーブ。

ラスト18番465YPAR4。4日間ラストのホールで、何とかスコアを縮めたい。ここも2日ボギーを叩いたホール。

280Yのティーショットはフェアウェイ真ん中へ。162Yを残したセカンドは2オンさせ、ピンまで約3.4mまで寄せる。
松山英樹バーディーパットを見事に沈め、マスターズの締めくくりをバーディーフィニッシュ

【松山英樹 18番 バーディー映像】


マスターズ最終日の松山は1イーグル4バーディ。自身マスターズ最少ストロークを更新する「66」で回り、通算11アンダー、単独5位に順位を上げホールアウトした。

前半なかなかバーディーが獲れない膠着状態から脱し、8番で初バーディーを獲ると波に乗り、猛チャージを掛けられた。
課題のパットも入り出し、ノーボギーでのラウンドで今年のマスターズで一番のゴルフを魅せた。
4日間の内、あともう1日こういうゴルフが展開出来る日があれば「優勝」が見えてくる。
今後の残り3大会あるメジャーでは、今日の様なゴルフを2日やれば必ず「メジャー初制覇」という偉業を達成出来るはずだ。

今後の松山のますますの成長と飛躍に期待したい。

(最終日、ハイライト映像、松山コメント記事はこちら)
h-idayu.hateblo.jp
(マスターズ後の出場予定・スケジュールはこちら)
h-idayu.hateblo.jp

【スポンサーリンク】



(関連記事)

h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

(スポンサーリンク)


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。