[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【文学】第28回山本周五郎賞 候補作品発表!湊かなえ氏は2度目の候補!ゐ太夫的予想

既報の通り第28回三島由紀夫賞の候補作品が発表されましたが「山本周五郎賞」の候補作品も発表されています。

第28回山本周五郎賞候補作 真梨幸子「人生相談。」(講談社)▽早見和真「イノセント・デイズ」(新潮社)▽湊かなえ「絶唱」(新潮社)▽西川美和「永い言い訳」(文芸春秋)▽柚木麻子「ナイルパーチの女子会」(文芸春秋)

山本周五郎賞は三島由紀夫賞とともに昭和62年(1987年)に創設され、優れた物語性を有する小説作品に送られる、三島賞が純文学ならば山本賞はいわゆるエンターテインメント部門作品に授与される文学賞です。

【スポンサーリンク】


芥川賞・直木賞は文藝春秋社主催のため、新潮社も自社独自の文学賞を創設したいという目論見で、日本文学大賞から芥川賞=三島賞 直木賞=山本賞という位置付けで始まったとされる両賞。

芥川賞・直木賞が年2回の発表であるのに対して、三島賞・山本賞は年1回の発表となっています。

【第28回山本周五郎賞 候補作品】

真梨幸子『人生相談。』(講談社)

人生相談。

人生相談。

真梨氏は『孤虫症』で第32回メフィスト賞受賞しています。

早見和真『イノセント・デイズ』(新潮社)

イノセント・デイズ

イノセント・デイズ

イノセント・デイズ

イノセント・デイズ

早見氏は高校野球の名門桐蔭学園出身。今回ノミネートされている『イノセント・デイズ』で第68回日本推理作家協会賞を受賞しています。

湊かなえ『絶唱』(新潮社)

絶唱

絶唱

湊氏は『聖職者』で小説推理新人賞を受賞し作家デビュー。『告白』で第9回本屋大賞受賞。

『望郷』で第149回直木三十五賞で候補作に選ばれ『母性』では第26回山本周五郎賞候補。

今回の山本周五郎賞は2回目のノミネートになります。

西川美和『永い言い訳』(文芸春秋)

永い言い訳 (文春e-book)

永い言い訳 (文春e-book)

永い言い訳

永い言い訳

西川氏は映画監督として、これまでに国内映画各賞を受賞。

氏は脚本や書評も書き、これまでに脚本・監督を手掛けた映画『ゆれる』をノベライズした同名小説で、第20回三島賞候補に挙がり『きのうの神さま』では第141回直木賞候補にノミネートされています。

柚木麻子『ナイルパーチの女子会』(文芸春秋)

ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会 (文春e-book)

ナイルパーチの女子会 (文春e-book)

柚木氏は『フォーゲットミー、ノットブルー』で第88回オール讀物新人賞を受賞。

『伊藤くん A to E』で第150回直木三十五賞候補に、『本屋さんのダイアナ』で続けて直近の第151回直木賞候補にノミネートされました。

h-idayu.hateblo.jp

第28回山本周五郎賞 選考委員

石田衣良 角田光代 佐々木譲 白石一文 唯川恵 (敬称略)

選考会は三島賞と同日の5月14日

選考結果発表「小説新潮」七月号誌上(6月22日発売)


※第28回三島由紀夫賞 候補作品記事はこちら
h-idayu.hateblo.jp


これまでに直木賞、山本賞両賞に候補として入っている湊かなえ氏が頭ひとつ抜き出ている感はあります。(今回候補『絶唱』は新潮社刊でもある)

ただ、映画監督として脚本家として小説家として活躍をされている西川氏も過去に三島賞、直木賞にノミネートされる実力者でもあり、柚木氏は151回、152回と連続して直木賞候補に挙がる勢いを感じます。

三島賞と併せて出来うる限り、実際に読ませて頂いて書評・レビューとして、当ブログに掲載する予定でいます。

【スポンサーリンク】



(関連記事)h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。