[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「プレーヤーズ選手権2015」3日目 スコア伸びず通算-3でホールアウト!

「ザ・プレーヤーズ チャンピオンシップ2015」3日目を迎えた松山英樹。今日はバッバ・ワトソンとのペアリングで、ムービングデーをラウンド。

初日は自身初の首位スタートを切ったものの、2日目は今度はPGAツアー自身初となるバーディー無しのラウンドで、通算-3と順位を落とした。果たして3日目の巻き返しはなるか?

3日目の松山は、3バーディー、3ボギーの「72」トータル-3とスコアを伸ばせず、首位と7打差の40位タイでホールアウトした。

【スポンサーリンク】



初日の首位スタートから一転、2日目はティーショット、アイアンショット、パッティングが噛み合わず、ボギーにならないためのゴルフを余儀なくされフラストレーションが溜まる展開であった松山。

この短い時間で、ショットのブレは改善されたのか?

首位のケビン・ナでも-8と余りスコアが伸びていないので、巻き返すチャンスはある。

バッバ・ワトソンとのペアリングとなったムービングデーの松山の3日目が始まる。

1番423YPAR4

松山のティーショットは295Yを飛ばし、フェアウェイ真ん中をキープ。
残り130Yのセカンドはピン側約1.8mに寄せる絶妙なショット。
このパットはきっちり沈めバーディースタート。

松山スタートホールを幸先良くバーディー発進で、トータル-4とし、この時点で15位タイへ。

2番532YPAR5

松山、ティーショットはミスショットになり130Yの飛距離で、残り392Yを残してしまう。
2打目は池の手前まで213Yの飛距離で、まだ180Yを残す。
3打目で3オンし、ピン手前約6mに着ける。微妙な距離だが、バーディーパットは決めたい。
しかし、このバーディーパットは入らず、パー。

3番177YPAR3

ティーショットは1オン、ピン左奥、約5.8mに着ける。
しかし、このバーディーパットも入らず、パー。

4番384YPAR4 まずはショットを安定させたいところ。

ティーショットはフェアウェイ右のバンカーへ。136Yを残す。
今日のピンの位置はグリーン手前。セカンドは2オンも、ピン奥約8.5mを残す。
バーディーパットは入らず、ここもパー。

相変わらずティーショットが安定しない松山。一緒に回るバッバ・ワトソンがかなり飛ばしているだけに、影響されない様気を付けたい。

5番471YPAR4 同組バッバ・ワトソンは3連続バーディー中で-6の3位タイ。ワトソンのいい流れには松山も乗っていきたい。

ティーショットは左へブレ、残り216Yラフへ。
セカンドはグリーンに届かず、左ラフへ。残り41Yを残す。ピンチ。
3打目はグリーンに乗せるも、ピン残り約4.9mを残す。
パーパットは、ピンをオーバーしてしまい、痛恨のボギー。

ティーショットが安定しないまま、このボギーでトータル-3に戻してしまい、この時点で47位タイまで順位を落とす。

6番393YPAR4

ティーショットはフェアウェイキープ。
残り132Yのセカンドは2オン。ピンまで約3.7mまで寄せる。
しかし、このバーディーパットも惜しくも決めきれず、パー。

7番442YPAR4 苦しい展開が続くが何とか1つでも取り返していきたい。

ティーショットはフェアウェイ左目をキープ。残り167Yの地点。
セカンドは、グリーン手前にショートしピンまで10mを残す。
3打目は3オンするものの、カップをオーバーしピン約1.8mを残す。
返しのパーパットが外れ、痛恨のボギーを叩く。

アイアンショットで寄せきれず、パッティングのタッチも悪く、今日2個目のボギーで、トータル-2までスコアを落とし、この時点で52位タイ。

8番237YPAR3

ティーショットは1オン。ピンやや奥、約5.4mに着ける。
このバーディーパットも入らず、このホールパー。

9番583YPAR5 前半上がりホール、バーディーでスコアを取り戻したい。

311Yのロングドライブはフェアウェイをキープ。
260Yを残したセカンドはグリーン手前バンカー寄りのラフへ。
ピンまで約9.8mの3打目は、ピンをかなりオーバーし、約6mを残す。
このパットバーディーパットも外れ、このホールはパー。


前半を終え、ここまで1バーディー2ボギー

ティーショットもアイアンショットも精度を欠く中、よくこのスコアで持ち堪えているという見方も出来るかもしれない。

バックナインでどこまで修正出来るか?


10番424YPAR4

ティーショットはフェアウェイ左目をキープ。
セカンドは2オン、ピンまで約4.9mの位置。
この微妙な距離のバーディーパットを沈め、今日2個目のバーディー奪取。

後半スタートホールをバーディーとし、トータル-3に戻し、この時点で41位タイ。

11番558YPAR5

ティーショットは290Yを飛ばし、フェアウェイ左目をキープ。残り239Y。
セカンドはグリーン僅か左へ、ピン約11mを残す。
3打目でグリーンオンし、ピン約3.7m。
このバーディーパットは僅かに外れパー。

12番358YPAR4

ティーショットはフェアウェイをキープ
残り97Yのセカンドは、ピン側約1.5mに寄せるナイスショット。
しかし、このバーディーパットも外れパー。

徐々にショットの精度が上がってきたものの、パットのフィーリングが合わない。

13番181YPAR3

松山のティーショットはグリーン奥へ。ピンまで約14mに着ける。
このパットはカップをオーバーし、パー。

14番481YPAR4

284Yの飛距離のティーショットは、右のラフへ。残り204Y。
セカンドはグリーンサイドバンカーへ。
ピンまで約17mのバンカーショットはピン約1.8mまで寄せ、パーセーブ。

バーディーが獲れない苦しい展開が続く。

15番449YPAR4

ティーショットは291Yの飛距離でフェアウェイ左目をキープ。ピンまで残り143Yの地点。
松山のセカンドは2オン。ピン約10.6m。
ここもバーディーパットは惜しいパットとなり、このホールもパー。

16番523YPAR5

294Yのティーショットはフェアウェイをキープ。216Yを残す。
2打目はグリーンをオーバーし、ピンまで約6.4m。
3打目はあわやチップインイーグルの惜しい1打となり、バーディーパットを沈め、バーディー奪取。

惜しい場面が続いていたが、やっとバーディーが獲れ、トータル-4

17番137YPAR3 グリーンが池の真ん中に位置する名物ホール

ティーショットは1オンでピン側約2.4mに寄せる絶妙なショット。

しかし、このバーディーパットを僅かに外し、惜しいパー。

18番462YPAR4 上がりのホールで少しでも詰めておきたい。

ティーショットはフェアウェイ右を僅かに外し、ファーストカットへ。残り211Y。
セカンドは2オンに成功。ピンまで約16.5mの地点。
バーディーパットはショートし、残り約2.5mを残す。
しかし、このパーパットが僅かにカップを外れ、痛恨のボギー。

3日目の松山は、3バーディー、3ボギーの「72」トータル-3とスコアを伸ばせず、首位と7打差の40位タイでホールアウトした。


この日は2日目よりは、ティーショット、アイアンショットとも精度を増したが、まだいつもの松山らしくない状態で推移。

ピンに寄せても、微妙な距離のパットを外す等、上手く噛み合わない展開が続いた。

3バーディーは獲ったものの、ボギーも3つ叩いており、最終日にどこまで修正出来るか?

上位がそこまでスコアを伸ばしておらず、首位とは7打差。決して追いつけないスコアではない。

これまで苦しいシーズンを送っていた石川遼も上位におり、第5のメジャー「ザ・プレーヤーズ選手権」での2人の優勝争い共演も観たいところだ。

明日の最終日は、何とか松山らしい安定したショットで、少しでもスコアを縮めていきたいところだ。

(動画はアップされ次第、掲載します)

(松山英樹 最終日の速報記事はこちら)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 3日目の速報記事はこちら)
h-idayu.hateblo.jp

【スポンサーリンク】



(プレーヤーズ選手権関連記事はこちら)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。