[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「ウェルズファーゴ選手権2015」初日 高い精度のショットで-3の好スタート!

PGAツアー「ウェルズファーゴ チャンピオンシップ2015」初日、1日目を迎えた松山英樹。

「プレーヤーズ選手権」では、初日首位からティーショット、アイアンショットとショットの精度を著しく欠き、優勝争いに喰い込めない悔しい結果となった。大会前のインタビューでは、そのショットの精度は復調しつつあるとコメントしている。

今大会で、巻き返し今度こそ最終日まで「優勝争い」に残れるか?注目が集まる。

【スポンサーリンク】


「ウェルズファーゴ選手権」初日の松山はニック・テイラー、ローリー・サバティーニとのペアリングで8時40分と早い時間のスタート。

1番418YPAR4

ティーショットは312Yの飛距離、フェアウェイをキープ。
残り121Yのセカンドは2オンに成功。ピン約9.4mを残す。
バーディーパットは惜しくも入らず、パーでのスタート。

2番178YPAR3

ティーショットはピン側約2.1mに着ける、絶妙なショット。
松山はこれを沈め、早くもバーディー奪取。

3番452YPAR4 このまま波に乗っていきたいところ

287Yのドライビングはフェアウェイをキープ。161Yを残す。
セカンドは2オンに成功。ピンまで約5.8mに着ける。
ここもいいタッチでのパッティングもバーディーパットは外れパー。

4番483YPA4

ティーショットは、今日初めてフェアウェイキープならず、右のラフへ。
残り172Yのセカンドはグリーン手前、約19mを残す。
3打目アプローチは約60cmまで寄せ、パーセーブ。

5番570YPAR5

ティーショットは286Yを飛ばし、フェアウェイをキープ。残りは284Y。
セカンドは2オンを狙うも、グリーン右のバンカーへ。残り35Y。
松山はこのリカバリーでピン約90cmに寄せるショットを魅せ、バーディー奪取。

ここまでショット、パットの精度共に高く、トータル-2とする。

6番250YPAR3

ティーショットは1オン。グリーン真ん中へ着け、ピン約8.1m。
ここも惜しいタッチのパットで、バーディーはならず、パー。

7番532YPAR5

293Yのドライブはフェアウェイ左目をキープ。
残り223Yのセカンドは、グリーン奥へ。2オンに成功。
約14.7mのパットはカップをオーバーし、約1.2mを残す。
しかし、返しのパットはしっかり沈めバーディー。

松山、今日既に3つ目のバーディーで、-3とスコアを伸ばす。

8番350YPAR4

238Yのティーショットはフェアウェイ真ん中へ。
残り101Yのセカンドは2オン。ピン手前約5.5mに着ける。
しかし、ここもバーディーパットはカップをオーバーしパー。

9番495YPAR4 前半上がりホール、バーディーで気持ち良くハーフターンしたいところ。

ティーショットはフェアウェイ左目をキープ。
224Yを残したセカンドは、グリーンをオーバー。約12mの地点へ。
3打目アプローチは、カップをオーバーし、ピン約2.4mを残す。
このパーパットを外してしまい、悔しいボギー。


フロントナインを終え、松山は3バーディー1ボギーの-2での折り返し。

ティーショット、アイアンショット共に精度が上がっており、後半も期待出来る状態だ。

10番598YPAR5

295Yのティーショットは、フェアウェイをキープ。残り287Y地点へ。
セカンドは、グリーン左手前のラフへ。約30mを残す。
3打目アプローチは僅かにグリーンに届かず、ピンまで約5.2mを残してしまう。
4打目はショート気味で、ピン約1.5mを残し、パー。

11番426YPAR4

300Yのドライビングはフェアウェイキープ。残り133Yの位置へ。
セカンドは、グリーンほぼ真ん中へ2オン。ピン約4.6mに着ける。
バーディーパットは僅かにカップをオーバーしパー。

12番456YPAR4

293Yを飛ばしたティーショットは、左へ大きく曲げてしまい、ピンチを迎える。
グリーンまでは159Y。セカンドは、グリーン左手前ラフへ。44Yを残す。
3打目アプローチはグリーンオンするも、ピンまで約6.7m。
この微妙な距離のパーパットは惜しく入らず、ボギーを叩いてしまう。

このボギーで、トータル-1と後退してしまう。

13番210YPAR3 嫌な流れを変えたいところ。

ティーショットは、ピン側約3.4mへ着ける素晴らしいショット。
しかし、バーディーパットはカップを1.6m程オーバーしてしまい、返しのパットは沈めパー。

14番345YPAR4 そろそろチャージを掛けたいところ。

ティーショットは、230Yを飛ばしフェアウェイ左目へ。残りは95Y。
セカンドショットは、ピン約3.7mに着ける絶妙なショット。
松山はこのバーディーパットをしっかり沈め、久々のバーディー奪取。

松山、このバーディーで、トータル-2に戻す。これで流れを変えたい。

15番577YPAR5

314Yのビッグドライブは、フェアウェイ左目をキープ。残り248Y。
セカンドは、僅かにグリーン右へ外しラフへ、ピンまで約6.4m。
3打目アプローチはショートし、ピン約1.9mを残す。
しかし、このパットを沈め連続バーディー奪取。

このバーディーで、トータル-3とし、5位タイまで順位を上げる

16番508YPAR4 ここから難易度の高い「グリーンマイル」ホール

291Yの飛距離のティーショットは、フェアウェイバンカーへ打ち込んでしまう。
しかし、残り192Yのセカンドは、2オンに成功しピン約6.4mに着ける。
バーディーパットは僅かにカップをオーバー。返しのパットを決め、パーセーブ。

17番221YPAR3 池越えのショートホール

ティーショットはピン約4mに着け1オン。絶妙なショットを魅せる。
このパットを沈めバーディー奪取。

これでトータル-4までスコアを伸ばし、3位タイまで順位を上げる。

18番493YPAR4 最終上がりのホール。難しいホールだけに気を付けたいところ。

ティーショットは、右のラフへ。残り242Yの位置。
セカンドはグリーン手前、34Yを残す地点へ。
3打目アプローチは、ピン約2.1mに着ける。
しかし、このパーパットはカップを70cm程オーバーし、痛恨のボギー。

初日の松山は、6バーディー3ボギーの「69」トータル-3でホールアウトした。


今日の松山は、フェアウェイキープ率71.43%、パーオン率72.22%とティーショット、アイアンショット共に、非常に正確なショットが目立った。

パットのフィーリングも悪くはないが、少し強めに出てしまうところで、もったいない場面はいくつかあった。

前回、突如乱れたショットの精度を、しっかり上げてスコアを伸ばしてくる辺りは、松山らしい素晴らしい調整能力だ。

やはり、松山英樹の一番の武器は高いショットの精度だ。

まだまだ、プレー中の選手がたくさんいるが、現在暫定で4位タイ。

かなり高いショットの精度と、少し強めには出るが以前調子はいいパッティングで、このままのバランスを維持していけば、今大会こそ「優勝」の2文字が見えてきそうだ。

【初日 総合ダイジェスト映像】


(テレビ中継・放送予定はこちら)
h-idayu.hateblo.jp

(ウェルズファーゴ関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

【スポンサーリンク】



(関連記事)h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

【スポンサーリンク】

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。