[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【動画】松山英樹「ザ・メモリアルトーナメント2015」昨年優勝者 メディアデー記者会見映像

2014年、松山英樹がPGAツアー初優勝を遂げた「ザ・メモリアルトーナメント」6月4日からの大会に先駆けて5月22日にメディアデーに松山がディフェンディングチャンピオンとして、記者会見に臨んでいます。

ジャック・ニクラス(ニクラウス)がホストを務め、元々格式の高い大会でしたが、今季から優勝者に与えるシード権が通常の2年から3年に増え、より準メジャー大会の呼称に相応しい大会になります。

前年優勝者、松山英樹のメディアデーの記者会見映像をご紹介します。

【スポンサーリンク】



昨年、ケビン・ナとの熾烈なプレーオフでの闘いの末、手にした栄冠。

ホストを務めるあのジャック・ニクラス(ニクラウス)から直接手渡された優勝トロフィー。

あの栄光と感動からもう1年が経とうとする中、今やPGAでの松山の評価と地位は高く不動のものとなっています。


では、現地5/19に行われた「ザ・メモリアルトーナメント2015」に向けての前年覇者としての松山英樹の記者会見の模様を動画でご覧頂きます。

【松山英樹「メモリアルトーナメント」前年優勝者記者会見vol.1】

youtu.be
(映像:ゴルフネットワーク)

・1年ぶりのミュアフィールド(メモリアルトーナメント会場)に戻ってきた感想は?

松山:ディフェンディングチャンピオンとして、2週間後にここに戻って来られることは凄くうれしいですし、またその時に二連覇出来る様に頑張りたいと思います。

・大会連覇に向けて、プレジテンツカップ、メモリアルトーナメントでのミュアフィールドを経験をどう活かすか?

松山:ディフェンディングチャンピオンとして、廻りのギャラリーの観られ方も変わってくると思いますし、そこでいいプレーをしなきゃいけないというプレッシャーはあると思います。

・ディフェンディングウイナーとして、今大会に臨む気持ちは?

松山:どの試合も初めてディフェンディングチャンピオンとして出る試合なので、凄く緊張していますし、そのために2週間しっかり練習をして、いい状態でここに戻ってこられるように頑張りたいと思います。

・昨年の優勝が日本のファンに与えた意味というものをどう考えているか?

松山:僕が小さい頃、丸山茂樹さんがPGAツアーで優勝して(優勝したのを観て)こっちの世界に来てやりたいなと思ってやってましたんで、僕がこうやって優勝したことによって、今のジュニア達がアメリカツアーを目指してくれたら凄くうれしいなと思います。

【スポンサーリンク】


【松山英樹「メモリアルトーナメント」前年優勝者記者会見vol.2】


(映像:ゴルフネットワーク)

・このコースと相性がよく、得意としている理由は?

松山:相性がいいとかは、まだ2回しか(プレジテンツカップとメモリアルトーナメント)プレーしていないので、分からないんですけど、やはりフェアウェイが少し広くて、セカンドショットで狙っていく精度が大事なところで、僕は凄くここのコースはプレーしやすいなと思います。

・今季7回トップ10入りしながら、まだ2勝目がないことについては?

松山:やっぱり悔しい気持ちが強いですし、1打差(で敗れた)試合が3回もありますし、そこで優勝出来ないということは、まだまだ自分の力が無いということなので、2週間あるので、ここに照準を合わせてしっかりと頑張りたいと思います。

・ジャック・ニクラス(ニクラウス)のコースで勝つ意味について、どう考えているか?

松山:ここで優勝したことによって、凄く自分にも自信がついたので、その後のプレーが自信を持ってプレー出来る様になっているんですけど、この1年勝てていないということで、ちょっと自信が無くなりつつあるので、またここでいいプレーが出来たら自信も回復してくると思うので、頑張りたいと思います。


絶対的な安定感で今季未勝利ながら世界ランキング、FedExランキングでも常に上位にいる松山ですが、やはり欲しいのは「優勝」の二文字。

個人的にはこの「メモリアル」までに1勝を挙げ、より堂々としたディフェンディングチャンピオンとしての松山英樹の登場というシーンを思い描いていたのですが、思い出の地、そして得意のコースで、連覇を達成し、今季初優勝、ツアー2勝目という筋書きも絵になりそうです。

大会期間中は、常に「ディフェンディングチャンピオン松山英樹」という言葉が付いて回ると思いますが、今後もっともっとそういう大会を増やすためにも、まずはここでの連覇で弾みを付け、今季2勝、3勝と勝ち続けて行って貰いたいと期待しています。

(メモリアルトーナメント2015 関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。