[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報】石川遼「メモリアルトーナメント2015」2日目 スコア伸びず無念の予選落ち!

PGAツアー「ザ・メモリアルトーナメント2015」2日目を迎えた石川遼。初日はショットの精度に欠き、周囲がスコアを伸ばす展開の中、出遅れて流れを持ってくることが出来なかった。

2日目の石川は、ティーショット・アイアンショットの精度は上がり4バーディーを獲るも、大事なところでの取りこぼし、痛恨のダブルボギーも出て、順位を伸ばすことは出来なかった。

結局、4バーディー、3ボギー1ダブルボギーの「73」(PAR72)でラウンドし、トータル4オーバー。首位とは15打差の101位タイで、無念の予選落ちとなった。

【スポンサーリンク】



ディフェンディングチャンピオン松山英樹が脚光を浴びる中、来季のシード権を確定させるために必死の闘いに挑む石川遼。

「メモリアルトーナメント」初日は新コンビを組む佐藤キャディーとの初戦でもあり、好スタートを切りたかったが、出だしにつまずき、ティーショット、アイアンショットの精度が上がらないまま、3オーバーでフィニッシュ。

2日目は何とか予選カットラインを通過し、少しでも上位でフィニッシュし、ランキングを上げたいところだ。

この日は、INから13時38分(現地時間)のスタートで幕を開けた。

10番471YPAR4、11番567YPAR5はパーセーブでスタート。

12番184YPAR3

ティーショットは1オン、ピン約7.3mに着ける。
石川はこの長いパットを決め、バーディー奪取。

このバーディーで、トータル2オーバー。いい波に乗ってスコアを伸ばしたい。

13番455YPAR4

ティーショットは右ラフへ。残り169Y。
セカンドはグリーンを外し、ピン約23mを残す。
3打目でグリーンに乗せ、ピン約1.9mに寄せるもパーパットを外し、痛恨のボギー。

バーディー直後のボギーで、スタート時のトータル3オーバーに戻してしまう。

14番363YPAR4はパーセーブ。

15番529YPAR5

ティーショットは右のラフへ。残り252Y。
セカンドで2オンさせるが、ピン約25mを残す。
3打目のパットはピン約2.1mまで寄せ、
次のバーディーパットはしっかり沈め、バーディー奪取。

これで再び、トータル2オーバーに戻す。

16番201YPAR3はパーセーブ。

この時点の予選カットラインはイーブンパー。早めに安全圏に入っておきたい。

17番478YPAR4

296Yのティーショットは、右へ大きく曲げラフへ。
セカンドはレイアップし、123Yを残す。
3打目はグリーンを僅かに外れ、ピン約4.6mを残す。
4打目はミスでショートし、グリーンに乗せるも、約2.8mを残してしまう。
ボギーパットは強めに打ってしまい、このホール痛恨のダブルボギー。

これで、トータル4オーバーとなり、この時点で99位タイグループへ順位を落とす

18番484YPAR4はパーセーブ。


前半は2バーディー、1ボギー1ダブルボギーでハーフターン。


前半は難しいバックナインで、2個のバーディーを獲っており、17番のダブルボギーがかなり手痛いミスとなってしまった。

ショットの精度は昨日より上がっており、フロントナインで何とか巻き返したい。
 

1番470YPAR4、2番455YPAR4はパーセーブ。

3番401YPAR4

ティーショットは272Yを飛ばし、フェアウェイ右サイドへ。残り134Y。
セカンドはピン側約90cmに着けるスーパーショット。
バーディーパットはしっかり決めバーディー奪取。

このバーディーで、トータル3オーバーだが、95位タイグループ。このままチャージを掛けたいところ。

4番200YPAR3、5番527YPAR5はパーセーブ。

カットラインは1アンダーになり、あと4ストローク必要になる。5番PAR5は4打目約3mのバーディーパットを外しており、拾っておきたかったロングホールだ。 

6番447YPAR4もパーセーブ。

【スポンサーリンク】


7番563YPAR5

3オンし、ピン約4.6mに着けるもバーディーならずパー。

8番185YPAR3

ティーショットは、グリーンを囲むバンカーより手前に落ちるミスショット。
ラフから残り約70mのセカンドはグリーン奥へ乗せ、残り約8.6m。
しかし、このパーパットは外れ、ボギーとしてしまう。

ここに来ての痛恨のボギーで、トータル4オーバーに戻してしまう。

9番412YPAR4 最終ホール。何とかいい形で上がりたい。

ティーショットは、フェアウェイ左目をキープ。残り115Y。
セカンドはピン約1.8mに着ける絶妙なショット。
石川はこのバーディーパットを沈め、バーディーフィニッシュ。

2日目の石川は、4バーディー、3ボギー1ダブルボギーの「73」(PAR72)でラウンドし、トータル4オーバー。首位とは15打差の101位タイで、無念の予選落ちとなった。


ティーショット、アイアンショットと共に初日より精度が上がり、終わってみれば4バーディー。

ただ、スコアを伸ばすのに決めたい場面でのパッティングを外し、グリーン廻りの深いラフにてこずる場面も見られ、順位を伸ばすことが出来なかった。

何より17番のダブルボギーは、もったいない。

このままでは、来季シード権の確定にも時間を要しそうで、一発の強さは出る様になってきたが、爆発力に加え、大崩れしないゴルフ、安定感がまだ課題と言えそうだ。

石川は月曜日から「全米オープン」出場権を賭けたアメリカでの予選会に出場する予定。

今回の悔しさをバネに、早めに現地入りし修正点を見直し、晴れて「USオープン」の出場権を勝ち獲ってもらいたい。

(関連記事)h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。