[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】石川遼「ジョンディアクラシック2015」3日目 悪天候の中大乱調で69位まで順位落とす!

PGAツアー「ジョンディア クラシック2015」3日目を迎えた石川遼の模様を実況風速報でお伝えします!

2日目の昨日は3ストローク伸ばし42位Tまで順位を上げたが、本人も言う通り「もっとスコアを伸ばせた」内容でもあった。易しいコースだけにムービングデーの3日目は熾烈なロースコア合戦が予想される。

3日目の石川は荒天の影響もあり、3バーディー、4ボギー1ダブルボギー1トリプルボギーの「77」(PAR71)で、トータル1オーバー、首位と18打差の69位タイまで順位を落としてしまった。


3日目のスタート時間は、現地時間9時12分の予定だったが、荒天のため石川のスタート約15分前から中断

雨でグリーンは重くなっており、今日はアイアンショットがどこまでピンに寄せられるか?
また、コンディションが悪い中、我慢のゴルフが出来るか?がキーとなりそうだ。

結局、スタートは1時間遅らせることになり10時12分にティム・ウイルキンソンとのペアリングで、3日目のスタートとなった。

1番395YPAR4

279Yのティーショットは、フェアウェイ左サイドをキープ。残り118Y。
セカンドショットは2オンさせ、ピン約6mに着ける。
バーディーパットは強めに打ってしまい、カップをオーバー。
返しのパーパットは沈め、パーセーブ

2番561YPAR5

295Yのドライビングはフェアウェイ左サイドをキープ。残り275Y。
セカンドは169Yの飛距離で、グリーン手前110Y地点へ。
3打目でグリーンオンさせ、ピン約6mに着ける。
バーディーパットはカップをオーバーし、ピン約1.2mを残す。
返しのパーパットも強めに出てしまい、ここで痛恨のボギーとしてしまう。

このボギーでトータル4アンダー、60位タイまで順位を落とす。

3番186YPAR3

ティーショットはグリーン左奥へ外すミスショットで、ピンまで約25mを残す。
セカンドアプローチでピン約3.5mまで寄せ、このパットを沈めパーセーブ

4番454YPAR4

ティーショットはミスショットとなり、右のラフへ。残り173Y。

痛恨のダブルボギーで、トータル2アンダー、66位まで順位を落としてしまった

5番433YPAR4

ティーショットは、フェアウェイ右サイドをキープ。残り149Y。
セカンドは2オン。ピン約5.3mに着ける。
バーディーパットはタッチは合っていたが、僅か数センチでカップインならず、パー

ここで再び、荒天により中断に入る。

2時間弱の中断を経て、再開となる。

6番367YPAR4

ティーショットは、フェアウェイ左サイドをキープ。残り159Y。
セカンドはグリーン右手前のバンカーへ。残り約22m。
リカバリーショットは、ピン約1.9mに着ける。
しかし、パーパットは強めに出てしまい、再開後いきなりボギー

このボギーで、トータル1アンダーとする

7番226YPAR3、8番428YPAR4はパーセーブ。

9番503YPAR4 長い距離のパー4

271Yのティーショットは左ラフへ。残り221Y。
直接グリーンを狙えず、セカンドは131Yの飛距離で、残り93Y地点へ。
3打目でグリーンオンさせ、ピン約3mに着ける。
しかしパーパットは僅かに短く、ボギーとしてしまう。

前半の石川はノーバーディー、3ボギー1ダブルボギーのイーブンパーでハーフターン。

天候不良でスタートが遅れ、いきなり3ストローク落としたところで、再び長い中断で完全にペースを崩してしまった。

ただこのままズルズル崩れることは出来ず、後半は巻き返しを図りたい。



【スポンサーリンク】



10番596YPAR5 後半いいスタートを切りたいところ

303Yのドライビングは、フェアウェイ右サイドをキープ。残り297Y。
セカンドはレイアップで、グリーン手前残り96Y地点まで持っていく。
3打目はあわやチップインイーグルの絶妙なショットで、ベタピン約40cmに着ける。
バーディーパットはしっかり沈め、今日初めてのバーディー奪取!

今日初のバーディーで、トータル1アンダーに戻す。

11番432YPAR4

290Yのティーショットは大きく曲がり、左のブッシュへ。
2打目はアンプレアブルで、ドロップ。
サードショットは出すだけになり52Yを飛ばし、残り128Y。
4打目は、グリーン右手前のバンカーへ打ち込み、残り約9m。
バンカーショットは、グリーンオンならず、約5mを残す。
6打目アプローチはピンそば50cmに寄せるも入らず、何と痛恨のトリプルボギーを叩いてしまう

バーディースタート直後のまさかのトリプルボギーで、トータル2オーバーまで一気にスコアを落としてしまった。

ここから何とか立て直しを図りたい!

12番~14番はパーセーブ。

15番484YPAR4

280Yのドライビングは、左のラフへ。残り217Y。
セカンドは2オン。ピン約6mに着ける。
石川はこの微妙な距離のバーディーパットを沈め、バーディー奪取!

このバーディーでトータル1オーバーに戻す。

16番158YPAR3

ティーショットは、グリーン手前のバンカーへ。残り約18m。
バンカーショットはグリーンオン、ピン約2mに着ける。
しかしパーパットを強めに打ってしまい、ボギーとしてしまう

これで再びトータル2オーバーに戻す。

17番569YPAR5 このパー5は獲っておきたいホール

304Yのドライビングは、フェアウェイ左サイドをキープ。残り252Y。
セカンドはグリーン手前、約20m地点へ。
3打目アプローチはショートしピン約7.5mに着ける。
この長めのバーディーパットを見事に沈め、バーディー奪取!

このバーディーで、再びトータル1オーバーに戻す。

18番476YPAR4はパーセーブでフィニッシュ。

3日目の石川は3バーディー、4ボギー1ダブルボギー1トリプルボギーの「77」(PAR71)で、トータル1オーバー、首位と18打差の69位タイまで順位を落とした。


【石川遼 3日目ハイライト映像】


(引用:ゴルフネットワーク)


3日目はスタート直前になって1時間の中断と、5番を終えて再び2時間弱の中断、そして悪いコンディションという悪条件でのプレーとなった。

しかし前後の組でスタートしながらスコアを伸ばしている選手もおり、徐々にコンディションが良くなる中、3日目の石川の調子の悪さも目立つ形となった。

依然ショットは安定せずフェアウェイキープ率、パーオン率ともに50%前後とほぼ2回に1回ペース。

ここまで良かったパッティングも奮わず大きくスコアを落とす要因となった。

このままでは前回大会と同じ展開になってしまい、明日の最終日はかなりスコアを伸ばさないとポイントが稼げず、シード権確保が遅れてしまうので奮起が必要だ。

(石川遼 最終日の速報記事)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 最終日スタート時間 3日目コメント・全体ハイライト記事)
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


(ゴルフ関連記事一覧)
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。