読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【TV】伊藤若冲番組情報!Nスペ「若冲天才絵師の謎に迫る」再放送!NHK-BS「若冲いのちのミステリー」!テレ東「美の巨人たち」2週連続特集!

芸術・美術・建築 映画・TV 書評・レビュー コラム

最終更新:2016年9月17日 再放送情報
謎多き孤高天才絵師伊藤若冲。いよいよ東京での大々的な「生誕300年記念若冲展」も始まり、既にNHKスペシャル放送された「若冲 天才絵師の謎に迫る」の再放送を含め、今後も若冲特集番組が目白押しです。

美術ファンにも好評だったNHKスペシャルは5/4(水)午前8時15分~9時04分にNHK総合で再放送されます。(一部地域を除く)そしてNHK-BSでは、BSプレミアム「若冲ミラクルワールド 豪華版」を4月29日(金)22:00~23:00に放送。同じくBSプレミアムで「若冲 いのちのミステリー」を4/30(土)21:00~22:29に放送。テレビ東京「美の巨人たち」では4/30(土)5/7(土)22:00~22:30と二週に渡り「若冲特集」の放送が予定されています。

Nスペ「若冲天才絵師の謎に迫る」では、80年以上も行方不明だった幻とまで言われた「鳳凰と孔雀双幅画」の発見、200年間公開されなかった「天井画」若冲の代表作とも言える宮内庁所有の「動植綵絵」を含め、高精細カメラが天才若冲の驚くべき技法に迫っています。

【スポンサーリンク】


【目次】

f:id:h-idayu:20160917062412j:plain
「仙人掌群鶏図」


伊藤若冲、生誕300年を迎え、東京初の大回顧展「生誕300年記念若冲展」も上野の東京都美術館で4月22日から始まり、盛り上がりを魅せる一方、改めて伊藤若冲の比類なき才能、当時世界でも最先端の技法を駆使した作風にも注目が集まっています。

生誕300年を記念してNHKスペシャル「若冲 天才絵師の謎に迫る」が4月24日に初回放送がなされ、今、世間を騒がせている伊藤若冲って誰?という人から、長年の若冲ファンまで堪能出来る内容で、好評を得ました。

既に、再放送がなされ、今回は再々放送、実に3度目の放送となります。

そして、4月29日(金)4月30日(土)には、別番組、NHK-BSプレミアム「若冲 いのちのミステリー」テレビ東京系列の「美の巨人たち」でも「伊藤若冲」の2週連続の特集が組まれています。

NHK BSプレミアム ザ・プレミアム「若冲ミラクルワールド 豪華版」

NHK-BSプレミアム

放送日:4月29日(金)22時00分~23時00分

【番組内容】嵐のリーダー・大野智さんが、いま話題の天才絵師・伊藤若冲の魅力をとことん探る!4回シリーズで放送した「若冲ミラクルワールド」の名場面を選(よ)りすぐった豪華版!
鮮烈にして超細密! 動物や植物、あらゆる命の姿を信じられないほどの細かさで描いた伊藤若冲。代表作「動植綵絵(どうしょくさいえ)」を始め、その絵には色があふれている。
金を一切使わないのに、黄金に見える不思議。あまりにも鮮やかな赤に隠された意外なねらい。水墨画で見せた黒の超絶技巧。そしてアバンギャルドなカラフル大作の秘密。
驚きの色彩マジックを大野智さんが体感しながら、若冲の技と思いを探っていく。

テレビ東京 「美の巨人たち」

放送日:4月30日(土)22時00分~22時30分 
 
テーマ:伊藤若冲「釈迦三尊像・動植綵絵」

放送日:5月7日(土)22時00分~22時30分

テーマ:伊藤若冲「百犬図」

【番組内容】2週連続「伊藤若冲特集」1回目は『釈迦三尊像』3幅と『動植綵絵』30幅を一挙放送。40歳で家督を譲り、絵の道を進み始めた若冲が京都の名刹・相国寺に寄進するために描いた作品。
『釈迦三尊像』は東福寺が所蔵していた仏画を鮮やかな色彩で模写したもの。その周囲を飾るために身近な生き物を描いたのが『動植綵絵』です。
永久不変の美を追求した絵師が作品に込めた想いに迫ります。

2回目は若冲最晩年の寛政11年(歿年の前年)の作品と言われる59頭もの仔犬を描いた『百犬図』を特集します。

【ナレーション】小林薫(俳優) 蒼井優(女優)

【スポンサーリンク】


NHK BSプレミアム ザ・プレミアム「若冲 いのちのミステリー」(9月17日再放送!)

NHK-BSプレミアム

放送日:4月30日(土)21時00分~22時29分

再放送日:2016年9月17日(土) 午後6時~午後7時30分 NHK-BSプレミアム

【番組内容】江戸の天才絵師・伊藤若冲。この春、生誕300年記念の前代未聞の大規模展覧会が開催されます。 最高傑作「動植綵絵」や代表作が一挙勢ぞろい、圧倒的な魅力は超細密に描いた生き物たちだ。かわいらしい虎、美しい鶏だけでなく、嫌われがちなハサミムシ、ケラなどの小さな虫、さらには、オタマジャクシ、タコ、イカ、ヒラメ、果ては朽ち果てた葉っぱまで。その多彩さたるや、生きとし生けるものすべて、といっても過言ではありません。なぜ、そこまで生き物を描き続けたのか?若冲の絵には、いのちを巡るミステリーがいっぱい!ナビゲーターの女優・貫地谷しほりが、生き物だらけの空前絶後の絵に隠された“いのち”のミステリーの正体に迫ります。
【出演】貫地谷しほり ほか

NHKスペシャル 「若冲 天才絵師の謎に迫る」

NHK総合

再放送日: 5月4日(水)午前08時15分~09時04分 ※広島県域・岡山県域は別番組

【番組内容】80年以上、行方が分からず美術の世界で“幻”とされてきた「鳳凰と孔雀を描いた双幅画」江戸時代「神の手を持つ男」と呼ばれた天才絵師・伊藤若冲の真筆だと鑑定され、修復作業が進められている。
奇しくも今年は、若冲生誕300年の年。江戸美術の傑作と言われ、生命の躍動を描いた「動植綵絵」、そして世界的コレクターの秘蔵作など、世界屈指の作品群が次々と公開される。
NHKでは発見された絵や、全国の若冲の傑作に秘められた謎と魅力を徹底究明。最新の分析で浮かび上がる天才絵師の神技に迫る。
さらに特別な許可を得て、200年間公開されてこなかった“天井画”、劣化を避けるために立ち入り禁止となった“黄金の間”など、秘蔵中の秘蔵の作品を高精細カメラで撮影。超細密な筆致と生命のエネルギーあふれる色彩が織りなす若冲の世界を伝える。

※番組は変更になる場合があります。必ず最新の番組表を参照ください。

【スポンサーリンク】


ゐ太夫コラム

伊藤若冲は、一時国内での評価が低かった時代もあり、海外での評価が逆輸入される形で、再評価、再注目を浴びました。

孤高の天才と言われる様に、謎の多い絵師ながら、現代のデジタルアーツにも通じる手法、そして徹底した写実を追求し、色彩の濃淡を微妙につけることで、見事に立体感、陰影を作り出す技法は、世界の美術界では約100年後に「新印象派」が使い始めており、この先進性も若冲の世界的評価の高さの要因となっています。

殆ど独学で、ここまで登りつめ、当時の日本美術界では異端とされた若冲は『千載具眼の徒を竢つ』(自分の作品を評価してくれる人が現れるまで千年待つ)という言葉を残し、この世を去りました。

今年は若冲生誕300年、日本が誇る超絶技巧の技と、江戸中期に生きた孤高の天才の謎に触れ「千載具眼の徒」になれる絶好の機会がやってきました。

伊藤若冲 生誕300年記念展覧会情報・出版物紹介

h-idayu.hateblo.jp

小説『若冲』書評記事

h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。