[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】石川遼「ジョンディアクラシック2015」最終日 スコア落とし+3でフィニッシュ

PGAツアー「ジョンディア クラシック2015」最終日を迎えた石川遼の模様を実況風速報でお伝えします!

3日目の石川は、荒天で2度の中断とコンディションの悪い中でのプレーという不運もあったが、本人の絶不調さもあり、69位Tまで順位を下げてしまった。このままではポイントも稼げず、来季シード権確保が先延ばしになってしまう。
最終日はかなりチャージを掛けていく必要があるだけに、どういうゴルフをするか?注目が集まる!

【スポンサーリンク】





現在の石川遼のFedExカップランキングは135位と「シード権」を得られる125位以内に入っていない。

そして3日目終了時の69位のままではFedExカップランキングは139位に落ちてしまう。

連戦が続き疲れが溜まるところだが、最終日は相当チャージを掛けて行く必要がある

最終日はハリス・イングリッシュとのペアリングで、現地時間7時15分、2組目のスタートで始まった。

1番395YPAR4

ティーショットは、左のラフへ。残り106Y。
セカンドショットはグリーンを僅かにオーバー。ピンまで約10mを残す。
3打目アプローチで3オンさせカップまであと約50cmに寄せるが、パー発進とする。

2番561YPAR5

322Yのロングドライブはフェアウェイ左サイドをキープ。残り223Y。
セカンドはグリーンに届かず、約12mを残す。
3打目でグリーンオン、ピン約1.8mに着ける。
このバーディーパットはしっかり沈め、バーディー奪取!

今日初バーディーは早めに出て、トータルイーブンパーだが順位は変わらず69位。

3番186YPAR3

ティーショットは僅かにグリーン右へ外れ、残り約4.5m。
セカンドアプローチはピン約50cmに寄せるも、パー

4番454YPAR4

287Yのティーショットは、フェアウェイ左サイドをキープ。残り161Y。
セカンドはグリーンに届かず、ピンまで約11mを残す。
3打目はカップをオーバーし、ここもパーとする。

5番433YPAR4

281Yのドライビングは、フェアウェイ左サイドをキープ。残り153Y。
セカンドは2オンも、ピンまで約10mを残す。
バーディーパットは強めに出てしまい、カップをオーバーし、ここもパー

6番367YPAR4

ティーショットは、フェアウェイ左サイドをキープ。残り110Y。
ここでもセカンドを僅かにグリーンに届かず、約5mの距離を残す。
3打目はカップまで約40cmまで寄せるものの決めきれず、ここもパーとする

7番226YPAR3

ティーショットはミスショットとなり、グリーン左のラフへ打ち込み、残り約7.5mの地点へ。
セカンドアプローチは強めに打ってしまい、カップをオーバー。約3mを残す。
パーパットも僅かに外し、ここで痛恨のボギーを叩く

このボギーでトータル1オーバーに戻し、順位は変わらず69位タイ。

8番428YPAR4

ティーショットは、フェアウェイ左サイドをキープ。残り153Y。
セカンドは2オン、ピンまで約5.8mを残す。
このバーディーパットも僅かにオーバーし、パー

9番503YPAR4 長い距離のパー4

ティーショットはミスショットとなり、大きく右へ曲げラフへ。残り231Y。
セカンドでは今度は左へ大きく曲げてしまうミスショットとなり、ブッシュへ打ち込んでしまう。残り46Y。
3打目アプローチは3オンも、大きめに出てしまい、カップをオーバーし約8.5mの地点。
距離のあるパーパットはカップをオーバー。前半上がりで痛恨のボギーを叩く。


前半の石川は1バーディー、2ボギーで、トータル2オーバーで単独の72位でハーフターン。

下には1打差でハリス・イングリッシュしかいない状態で、このままでは前回と同じブービーとなってしまう。

前半はパーオン率が極端に悪く33%、フェアウェイキープ率は75%あるが、2オンがほとんど出来ず、これではバーディーを狙えない。

後半は順位も上げたいところだが、何かを掴んで次大会に繋がるゴルフを展開したいところだ。



【スポンサーリンク】



10番596YPAR5 後半いいスタートを切りたいところ

296Yのドライビングは、フェアウェイ左サイドをキープ。残りは286Y。
セカンドはレイアップし、グリーン手前93Y地点へ。
3打目でグリーンオンさせ、ピン約4.7mに着ける。
バーディーパットは僅かに強く、後半スタートはパーとする。

11番432YPAR4

ティーショットは大きく右へ曲げ、ミスショットとなり、アンプレアブル。
ドロップしペナルティを受け、3打目はグリーンオンさせるが、グリーン手前でピンまで約16.5地点。
石川はこの長いパットをカップ約60まで寄せるも、ここで痛恨のボギー。

このボギーでトータル3オーバー。順位は変わらず72位タイ。

12番215YPAR3

ティーショットは1オン。ピンまで約8.5m。
長い距離のバーディーパットは、カップをオーバーし、パーとする。

13番424YPAR4

ティーショットはフェアウェイ右サイドをキープ。残り148Y。
セカンドはピン約3mまで寄せるナイスショット。
バーディーパットはカップをオーバーし、パー

14番361YPAR4

288Yのドライビングは右のラフへ。残り36Y。
セカンドアプローチは僅かにグリーン手前で2オンならず、ピンまで約7mを残す。
3打目は60cm程まで寄せるもバーディーならず、パー

15番484YPAR4

291Yのティーショットは、右のラフへ。残り184Y。
セカンドは2オンも、ピンまで約12mを残す。
長い距離のバーディーパットはカップをオーバーし、ここもパー

16番158YPAR3

ティーショットはピン約2mに寄せる絶妙なショットでバーディーチャンス!
しかし石川はこの距離もオーバーしていまい、パー

17番569YPAR5 このパー5は獲っておきたいホール

288Yのドライビングは、フェアウェイ左サイドをキープ。残り241Y。
セカンドはグリーンに届かず、ピンまで約16.5mに位置へ。
3打目アプローチはピン約2.1mまで寄せ、バーディーチャンス!
しかしこのバーディーパットも僅かにカップに嫌われ、このホールもパー。

18番476YPAR4 ここまでパーが続いており、最後はバーディー奪取で上がりたい!

287Yのドライビングは右のラフへ。残り194Y。
セカンドはミスショットか、69Yしか飛ばず。残りは依然126Y。
3打目は3オンも、ピンまで約7mの距離を残す。
石川はこの微妙な距離のパーパットを沈め、パーフィニッシュ。

最終日の石川は、1バーディー、3ボギーの「73」(PAR71)でトータル3オーバーで大会を終えた。

【石川遼 最終日 ダイジェスト映像】


(映像:ゴルフネットワークより)


3オーバーは今日一緒にラウンドしたハリス・イングリッシュと並んで最下位タイ。

前半に比べ、今日全体としてフェアウェイキープ数は下がり、パーオン率は50%までは上がったが、それでも2回に1回。

スクランブリングの数値も上がるには上がったが、パットが絶不調に陥り、暫定のストロークゲインド:パッティング(パットのスコアに対する貢献度)の数値が-1.0で、バーディーチャンスをことごとく外してしまった。

ショットのスコアに対する貢献度、こちらも暫定のストロークゲインド:ティートゥーグリーンは-2.8で、ゴルフの内容からスコアも4日間で一番悪い最終日となってしまった。

これで「全英オープンゴルフ」の出場は無くなったので、次週は裏開催の「バーバソル チャンピオンシップ」に出場予定。

華やかなメジャー大会の裏開催で優勝FedExカップポイントも300ptと少ないが、フィールドの薄い次は必ず上位争い、優勝争いをし、一気に「シード権獲得確実」ラインまで持って行くゴルフを展開してもらいたい。



(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

h-idayu.hateblo.jp

h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

(ゴルフ関連記事)
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。