読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】F1オーストラリアGP フリー走行1回目・2回目ともマクラーレン2台揃ってトップ10!

いよいよ始まった2016F1オーストラリアGP1日目フリー走行。午前のFP1、午後のFP2とも、強い雨が降ったり止んだり、場所によっては晴れていたりという状況。

難しいコンディションの中で、両セッションで、トップタイムを叩き出したのは、やはりメルセデス・ハミルトンでした。

そして、今季期待のマクラーレン・ホンダも、FP1、FP2共にアロンソ、バトンが2台揃って、トップ10入りを果たしています!

【スポンサーリンク】


午前 フリー走行 1回目 FP1

フリー走行1回目 FP1タイム

P Driver チーム Time Laps
1 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:29.725 14
2 D.クビアト レッドブル 1:30.146 14
3 D.リカルド レッドブル 1:30.875 13
4 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1:31.325 8
5 M.フェルスタッペン トロ・ロッソ 1:31.720 14
6 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:31.814 11
7 F.アロンソ マクラーレン・ホンダ 1:33.060 11
8 J.バトン マクラーレン・ホンダ 1:33.129 16
9 S.ペレス フォース・インディア 1:33.370 6
10 K.マグヌッセン ルノー 1:34.060 13
11 V.ボッタス ウィリアムズ 1:34.550 6
12 F.マッサ ウィリアムズ 1:34.679 6
13 F.ナスル ザウバー 1:34.796 7
14 J.パーマー ルノー 1:35.477 12
15 M.エリクソン ザウバー 1:37.956 6
16 P.ウェーレイン マノー 1:40.401 6
17 K.ライコネン フェラーリ 1:40.754 10
18 E.グティエレス ハース 1:41.780 8
19 R.ハリアント マノー 1:43.372 7
20 R.グロージャン ハース 1:43.443 6
21 S.ベッテル フェラーリ No Time 8
22 C.サインツ トロ・ロッソ No Time 3

フリー走行1回目は、開始前に止んだかと思われた雨が、再び降りだし、場所によってドライ、ウェットと路面状況の差があり、また時折り雨脚が強まり、視界が悪くなるコンディションの中での走行。

開幕戦の初っ端から、マシンを壊したくないチーム、本番は雨の予報ではないため、本気で走ることをためらうチーム、テスト不足から少しでも走っておきたいチームと、それぞれの思惑が交錯。

そんな中、14周を走り、唯一1分30秒を切る1m29.725のタイムを計測したメルセデス・ハミルトンが1番手。

2、3番手はクビアト、リカルドのレッドブル勢、テストで速さを魅せていたフォースインディア・ヒュルケンベルグとトロロッソ・フェルスタッペンが4番手、5番手。

ニコ・ロズベルグは、コンディションの違いもあり、ハミルトンと約2秒差の1m31.814sのタイムで、6番手。

そして、マクラーレン・ホンダのアロンソ、バトンが、タイムは1分33秒台ながら、7番手、8番手と続き、2台揃ってトップ10に入りました。

映像:ホンダPU開発スタッフの奮闘

【スポンサーリンク】


午後 フリー走行 2回目 FP2

フリー走行2回目 FP2タイム

P Driver チーム Time Laps
1 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:38.841 7
2 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1:39.308 8
3 K.ライコネン フェラーリ 1:39.486 7
4 D.リカルド レッドブル 1:39.535 9
5 C.サインツ トロ・ロッソ 1:39.694 16
6 F.アロンソ マクラーレン・ホンダ 1:39.895 16
7 J.バトン マクラーレン・ホンダ 1:40.008 13
8 S.ベッテル フェラーリ 1:40.761 7
9 S.ペレス フォース・インディア 1:41.256 8
10 D.クビアト レッドブル 1:42.411 10
11 E.グティエレス ハース 1:42.891 10
12 P.ウェーレイン マノー 1:43.401 25
13 R.グロージャン ハース 1:43.731 8
14 R.ハリアント マノー 1:44.304 22
15 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:47.356 4
16 K.マグヌッセン ルノー No Time 2
17 J.パーマー ルノー No Time 5
18 F.マッサ ウィリアムズ No Time 2
19 V.ボッタス ウィリアムズ No Time 2
20 M.エリクソン ザウバー No Time -
21 F.ナスル ザウバー No Time -
22 M.フェルスタッペン トロ・ロッソ No Time -


午後のセッションも、天候は良くならず、FP2開始からしばらくどのチームもピットアウトせず。

マシンがコースインしないので、アルバートパークの水鳥達は、サーキットで羽根休め。

時間をおいて、一番にコースインしたのは、FP1で好調だった地元レッドブル・リカルド。

ただ、序盤トップタイムを叩き出したのは、マクラーレン・ホンダ・アロンソで、1m41.694sのラップタイムで、クビアト、サインツ、ロズベルグを従える一幕も。

その後、フェラーリ・ライコネンが、1m39.486sでトップに立ち、徐々に1分40秒台を切るマシンが増えだした。

メルセデス・ロズベルグはアタックに入ったラップのセクター2でスピン、そのままウォールに激突し、ウイング廻りを破損し、マシンを降りる。

(映像リンク ロズベルグ スピンクラッシュ)

FP2: Rosberg prangs the barriers, loses front wing

(画像 ロズベルグ クラッシュ)


結局、FP2のトップタイムもFP1同様、メルセデス・ハミルトンが1m38.841sを計測。

そして、雨の中でもセッティングのために積極的に周回を重ねたマクラーレン・ホンダは、アロンソ、バトン共FP1から1つずつ順位を上げ、6番手、7番手へ!

デプロイの懸念が払拭され、安定感を増したホンダPUですが、ストレートエンドで、なぜかパワーを失う傾向が出ているという話もある様です。

2番手は、フォースインディア・ヒュルケンベルグ、3番手フェラーリ・ライコネンと続く。

ルノー、ウィリアムズ、ザウバーは、計測ラップに入らず、ノータイム。

トロロッソ・サインツJr.は16周を走行し、5番手タイムを計測するも、フェルスタッペンは姿を見せず、何かのトラブルか、チームの指示で走らなかったのかは不明です。

オーストラリアGP1日目は、フリー走行2回とも悪天候の中で行われたため、実際の勢力図が見えてこない状況です。

ただ、参考タイムとして見ていても、上位から下位チームのタイム差は昨季より縮まってきており、今年はより多くのバトルが見られそうです。

明日は予選前のFP3と、新レギュレーションで、大注目の予選が行われます。

1台ずつのノックアウト方式の予選が、果たして上手く機能するのか?何より見ていて楽しめるものなのか?

チーム関係者、ドライバー、メディア、そしてファンの注目が集まります。

(オーストラリアGP2016 TV放送、概要、タイムスケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。