読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】F1バーレーンGP2016フリー走行1回目・2回目 バトンは3番手タイム!!

最終更新:2016年4月3日 予選結果速報追加
2016F1GP第2戦「バーレーンGP」1日目。フリー走行1回目・FP1、2回目・FP2の模様をご紹介します!

パワーも必要とされるバーレーンインターナショナルサーキットで、マクラーレン・バトンがFP2で3番手タイムを叩き出しています!

開幕戦で大クラッシュ事故のマクラーレン・アロンソは、ドクターストップで、急遽サードドライバーのストフェル・バンドーンが代役を務めまることになりました。

【スポンサーリンク】


【目次】


今年から日本のスーパーフォーミュラー参戦が決まり、岡山でテスト走行中だった昨年のGP2チャンピオン、ストフェル・バンドーン。

フェルナンド・アロンソの肺と肋骨に問題があるというレース前の診断で、ドクターストップが掛かり、急遽テスト中のバンドーンは、岡山からバーレーンへ。

アロンソは回復状況によっては、第3戦中国GPの欠場の可能性もあるようです。

フリー走行 1回目 FP1

(映像)バーレーンインターナショナルサーキット バードビュー

A bird's-eye view of the Bahrain International Circuit

(映像:FORMULA 1 公式HP)

フリー走行1回目 FP1タイム

P Driver Team Time Laps
1 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:32.294 24
2 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:32.799 24
3 K.ライコネン フェラーリ 1:34.128 16
4 D.リカルド レッドブル 1:34.461 27
5 D.クビアト レッドブル 1:34.541 30
6 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1:34.601 28
7 C.サインツ トロロッソ 1:34.793 21
8 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:34.860 19
9 R.グロージャン ハース 1:35.000 18
10 F.マッサ ウィリアムズ 1:35.006 19
11 S.ベッテル フェラーリ 1:35.073 14
12 V.ボッタス ウィリアムズ 1:35.174 21
13 E.グティエレス ハース 1:35.309 19
14 J.バトン マクラーレン 1:35.440 28
15 K.マグヌッセン ルノー 1:35.490 27
16 M.エリクソン ザウバー 1:35.728 30
17 P.ウェーレイン マノー 1:36.371 26
18 S.バンドーン マクラーレン 1:36.392 25
19 F.ナッセ ザウバー 1:36.719 24
20 J.パーマー ルノー 1:36.939 28
21 A.セリス Fインディア 1:37.287 23
22 R.ハリアント マノー 1:37.714 27

現地時間14時から始まったフリー走行1回目・FP1。

開幕メルボルンで安定した速さを見せたメルセデスはバーレーンでも変わらぬ速さを見せ、ロズベルグ、ハミルトンのワンツー。

オーストラリアで3位表彰台のベッテルは、メルセデスの牙城を崩したいところですが、最初のアタックはドリンクチューブのトラブルで、一旦ピットへ。

開幕戦は不運続きだったライコネンは、ハミルトンに1.834s差の3番手。

4、5番手にレッドブル・リカルド、クビアト。6番手はフォースインディア・ヒュルケンベルグ、7、8番手にトロロッソ勢サインツとフェルスタッペンが入りました。

マクラーレン・ホンダはバトンが14番手、アロンソの代役のバンドーンは18番手でFP1を終えました。

また、フェラーリ・ベッテルは、最初のタイムアタックで、ドリンクチューブのトラブルで、ピットイン。

再びコースインした後は、ミディアムタイヤでの走行となり、11番手タイムとなっています。

【スポンサーリンク】


フリー走行 2回目 FP2

フリー走行2回目 FP2タイム

P Driver Team Time Laps
1 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:31.001 38
2 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:31.242 32
3 J.バトン マクラーレン 1:32.281 32
4 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:32.406 31
5 K.ライコネン フェラーリ 1:32.452 38
6 S.ベッテル フェラーリ 1:32.650 26
7 D.クビアト レッドブル 1:32.703 34
8 V.ボッタス ウィリアムズ 1:32.792 39
9 D.リカルド レッドブル 1:32.870 23
10 F.マッサ ウィリアムズ 1:32.873 36
11 S.バンドーン マクラーレン 1:32.999 30
12 E.グティエレス ハース 1:33.129 31
13 C.サインツ トロロッソ 1:33.177 36
14 R.グロージャン ハース 1:33.384 23
15 S.ペレス Fインディア 1:33.406 35
16 K.マグヌッセン ルノー 1:33.447 34
17 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1:33.570 37
18 J.パーマー ルノー 1:33.640 35
19 P.ウェーレイン マノー 1:33.953 21
20 M.エリクソン ザウバー 1:34.224 31
21 F.ナッセ ザウバー 1:34.477 34
22 R.ハリアント マノー 1:34.562 33

予選、決勝と同時刻のFP2ナイトセッション。

メルセデス・ロズベルグとハミルトンが1分31位秒台で早々に1-2タイムを計測。

そんな中、マクラーレン・バトンが、ホンダPUには厳しいと思われていたバーレーンで、FP2中盤にスーパーソフトで、1:32.281の3番手タイムを計測!

トップのロズベルグとは1.280秒差はあるものの、バーレーンでも十分に戦える可能性を魅せてくれました。

4番手にトロロッソ・フェルスタッペン、5番手6番手はフェラーリ・ライコネンとベッテル。

次いで7番手にレッドブル・クビアト、8番手ウィリアムズ・リカルド、9番手にレッドブル・リカルド、10番手にウィリアムズ・マッサと続き、11番手にマクラーレンホンダ・バンドーンが入っています。

FP1では、序盤にドリンクチューブトラブルが発生したフェラーリ・ベッテルは、FP2終盤に左リアホイールのナットの緩みというトラブルに見舞われ、マシンはコース脇にストップ。

(映像)マシンをストップさせるフェラーリ・ベッテル

FP2: Vettel loses drive, Grosjean damages front wing

(映像:FORMULA 1 公式HP)

(映像)バーレーンGP2016 初日ダイジェスト

Speed and sparks from the opening day in Sakhir

(映像:FORMULA 1 公式HP)

両方とも、お粗末なトラブルだけに、メルセデスを猛追するベッテルにとって、チーム体勢に不満が残る一日となってしまいました。

一方、マクラーレン・ホンダは、バトンが3番手タイムを計測。フリー走行とはいえ、パワーも要求されるバーレーンで、好タイムを出せたことは、明日の予選、決勝に希望を持たせる内容となりました。

(画像)F1デビュー戦のマクラーレンホンダ・バンドーン

(バーレーンGP2016 予選結果速報)
h-idayu.hateblo.jp

(バーレーンGP2016 FP3 結果速報)
h-idayu.hateblo.jp

(バーレーンGP2016 TV放送・各セッション結果・タイムスケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


F1 ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。