[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】マクラーレンは不運でQ3進出ならず!F1中国GP2016予選+FP3

2016F1GP第3戦「中国GP」2日目。公式予選とその前に行われたフリー走行・FP3の模様をご紹介します!

中国GP公式予選は、波乱の展開となり、パワーユニットトラブルでアタック出来なかったメルセデス・ハミルトンは決勝で最後尾からのスタートが決まりました。

また今季初PPはロズベルグ。そしてフロントロー2番手には、レッドブル・リカルドが入りました。またマクラーレンホンダ勢は、赤旗中断の不運でQ2敗退となってしまいました。

【スポンサーリンク】


【目次】

フリー走行 3回目 FP3

フリー走行3回目 FP3タイム

P Driver Team Time Laps
1 S.ベッテル フェラーリ 1:57.351 3
2 V.ボッタス ウィリアムズ 1:58.061 7
3 S.ペレス Fインディア 1:58.689 4
4 C.サインツ トロロッソ 1:58.800 9
5 E.グティエレス ハース 1:59.526 7
6 J.パーマー ルノー 1:59.677 7
7 K.マグヌッセン ルノー 1:59.761 9
8 P.ウェーレイン マノー 1:59.964 8
9 M.フェルスタッペン トロロッソ 2:00.150 6
10 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 2:00.158 4
11 F.ナッセ ザウバー 2:00.197 8
12 K.ライコネン フェラーリ 2:00.812 5
13 F.マッサ ウィリアムズ 2:02.438 4
14 R.ハリアント マノー 2:02.732 5
15 J.バトン マクラーレン No Time 3
16 F.アロンソ マクラーレン No Time 3
17 R.グロージャン ハース No Time 4
18 D.クビアト レッドブル No Time 4
19 N.ロズベルグ メルセデス No Time 2
20 D.リカルド レッドブル No Time 3
21 L.ハミルトン メルセデス No Time 2
22 M.エリクソン ザウバー No Time 1

(映像)大雨の中でのFP3

The best action from a wet final practice in China

(映像:Formula1.com公式HP)

予選に先立って行われたフリー走行3回目、FP3は生憎の雨が降りしきる中スタート。

コース上が川の様になる中、各チーム、ドライバーは、ピット待機の様子見モード。

雨が弱まってきたセッション開始20分辺りから、ちらほらコースインをするチームも出始め、ドライバーから路面状況の報告を受ける確認ラップのみで再びピットイン。

開始30分を経過し、タイムアタックを開始するチームが出てくるも、依然ウェットタイヤで、この時点ではフェラーリ・ライコネンが2:00.812でトップタイム。

雨脚が弱まってきた残り15分には、インターミディエートを履いたフェラーリ・ベッテルが1:57.351を計測し「雨に強いベッテル」がFP3のトップタイムでFP3は終了。

2番手は、1:58.061のウィリアムズ・ボッタス、3番手に1:58.689を計測したフォースインディア・ペレスが続きました。

また、メルセデス、マクラーレン、レッドブルはチーム2台ともが、計測ラップに入らず、FP3を終えています。

【スポンサーリンク】


予選

昨年までと同じフォーマットで行われることになった、中国GP公式予選。

今回は、チーム内での明暗、赤旗中断による不運等、様々なドラマが生まれました。

Q1

予選 Q1 タイム

P Driver Team Time Laps
1 S.ベッテル フェラーリ 1:37.001 4
2 K.ライコネン フェラーリ 1:37.347 4
3 V.ボッタス ウィリアムズ 1:37.537 4
4 J.バトン マクラーレン 1:37.593 7
5 C.サインツ トロロッソ 1:37.656 5
6 N.ロズベルグ メルセデス 1:37.669 7
7 D.リカルド レッドブル 1:37.672 3
8 D.クビアト レッドブル 1:37.719 4
9 F.マッサ ウィリアムズ 1:38.016 5
10 S.ペレス Fインディア 1:38.096 5
11 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1:38.165 6
12 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:38.181 5
13 M.エリクソン ザウバー 1:38.321 7
14 R.グロージャン ハース 1:38.425 9
15 F.アロンソ マクラーレン 1:38.451 7
16 F.ナッセ ザウバー 1:38.654 7
17 K.マグヌッセン ルノー 1:38.673 9
18 E.グティエレス ハース 1:38.770 9
19 J.パーマー ルノー 1:39.528 9
20 R.ハリアント マノー 1:40.264 9
21 P.ウェーレイン マノー No Time 2
22 L.ハミルトン メルセデス No Time 3

(17位以降はQ1敗退)

(映像)水溜まり+段差に乗りスピンしてしまうマノー・ウェーレイン

Qualifying: Early off for Wehrlein prompts red flags

(映像:Formula1.com公式HP)

雨の上がった予選Q1は、開始直後のマノー・ウェーレインのメインストレートでのスピン、クラッシュにより、長い赤旗中断。

路面は所々ウェットな状態で、ウェーレインは、ストレート立ち上がりのバンプの水溜まりに加え、僅かに路面に段差があり、一瞬車体が浮き上がってしまう状態で、マシン制御不能に。

その後の水捌け作業をするコースマーシャルの作業の遅さと、メインストレートに屋根上に架かる2つの建物から雨だれが起きる設計の悪さという上海国際サーキットの問題が露呈する形となりました。

また、水捌け処理後のトラックが、最終ターン16のコーナー脇に止まったまま、予選が再開され、バトンが無線でトラックをどかした方がいいとコメントするシーンもあり、主催者側の安全面への意識も今後の課題となりそうです。

およそ30分後のセッション再開直後にコースインした、マクラーレンホンダの2台が1-2体勢をしばらく維持。

残り10分辺りから、上位チームがタイムを塗り替え、終了間際にフェラーリ・ベッテルが1:37.001のタイムでトップ。0.346秒差で同僚ライコネンが付け、フェラーリが1-2。

3番手にはウィリアムズ・ボッタスが入り、次いで4番手に1:37.593でマクラーレンホンダ・バトンが速さを魅せました。

アロンソは15番手で、マクラーレンホンダ2台は揃ってQ2進出を決定。

なお、パワーユニットトラブルで、計測タイムに入れなかったメルセデス・ハミルトンはQ1落ちとなっています。

Q2

予選Q2タイム

P Driver Team Time Laps
1 K.ライコネン フェラーリ 1:36.118 3
2 S.ベッテル フェラーリ 1:36.183 3
3 N.ロズベルグ メルセデス 1:36.240 3
4 D.リカルド レッドブル 1:36.815 4
5 V.ボッタス ウィリアムズ 1:36.831 3
6 D.クビアト レッドブル 1:36.948 4
7 S.ペレス Fインディア 1:37.149 4
8 C.サインツ トロロッソ 1:37.204 4
9 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:37.265 4
10 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1:37.333 4
11 F.マッサ ウィリアムズ 1:37.347 4
12 F.アロンソ マクラーレン 1:38.826 4
13 J.バトン マクラーレン 1:39.093 4
14 R.グロージャン ハース 1:39.830 4
15 M.エリクソン ザウバー 1:40.742 4
16 F.ナッセ ザウバー 1:42.430 4

マクラーレンホンダの2台は最初のアタックをユーズドタイヤで周回。

ライコネンが1:36.118のトップタイム、次いでベッテル、ロズベルグと続き、12-13番手まで下がったマクラーレンホンダ勢は終了間際にニュータイヤでコースイン。

これからアタックに入り、揃ってQ3進出は確実と思われていた矢先、フォースインディア・ヒュルケンベルグのマシンがターン10手前で、フロントタイヤが脱落しストップ。

そのまま赤旗中断セッション終了となり、マクラーレンホンダ勢はアタックラップに入れず、何とも不運なQ2敗退が決定。

フォースインディアとヒュルケンベルグには、ホイール装着ミスにより3グリッド降格処分が下っています。

(映像)フォースインディア・ヒュルケンベルグ、フロントタイヤ脱落で赤旗中断

Qualifying: Wheels come off Hulkenberg's challenge

(映像:Formula1.com公式HP)

Q3

予選 Q3 タイム

P Driver Team Time Laps
1 N.ロズベルグ メルセデス 1:35.402 6
2 D.リカルド レッドブル 1:35.917 6
3 K.ライコネン フェラーリ 1:35.972 6
4 S.ベッテル フェラーリ 1:36.246 3
5 V.ボッタス ウィリアムズ 1:36.296 6
6 D.クビアト レッドブル 1:36.399 6
7 S.ペレス Fインディア 1:36.865 6
8 C.サインツ トロロッソ 1:36.881 6
9 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:37.194 6
10 N.ヒュルケンベルグ Fインディア No Time 0

Q3では、ロズベルグが1:35.402のタイムを叩き出し今季初のポールポジションを獲得。

ハミルトンがQ1敗退で不在の中、2番手に入ったのは、1:35.917の好タイムを出したレッドブル・リカルドがフロントローを獲得。

ここまで好タイムを連発していたライコネンは、最後にミスが出るも1:35.972と1分35秒台のタイムで、3番手。

ベッテルは1アタックのみで4番手タイムとなっています。

(映像)PPを決めたラップのロズベルグのオンボードカメラ

Onboard pole position lap - China 2016

ゐ太夫の寸評

決勝グリッドは、ロズベルグ→リカルドのフロントロー。次いで、後ろにはフェラーリの2台が並びます。

10番手のヒュルケンベルグは3グリッド降格処分で、13番手となり、マクラーレンホンダ勢は1ずつ繰り上がり、アロンソ11番手、12番手バトン。

元々、ギアボックス交換で5グリッド降格が決まっていたハミルトンは、Q1でノータイムのため、最後尾からのスタートとなります。

フロントローにハミルトンがいない、シングルクラッチの決勝スタートがどうなるのか?

そして、そのハミルトンは最後尾からどう猛追するのか?

予選Q2で悔しい思いをしたマクラーレンホンダのアロンソとバトンも、今度こそダブル入賞に燃える、注目度の高い決勝レースは、17日(日)日本時間15時にスタートします!

(中国GP2016 各日速報 TV放送 レーススケジュール)
h-idayu.hateblo.jp
(中国GP2016 FP1FP2速報)
h-idayu.hateblo.jp
(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


F1 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。