読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】F1モナコGP2016 予選 リカルド初PP!メルセデスの連続PP記録ストップ!+FP3

F1・WEC・モータースポーツ 動画 速報 コラム

最終更新:2016年5月30日
2016F1GP第6戦「モナコGP」2日目の公式予選、フリー走行3回目・FP3の模様をご紹介します!

ここに来て、パフォーマンスの高さを魅せ始めたレッドブル。好調のリカルドが予選Q3でトップタイムを叩き出し、初のPPを獲得!メルセデスは連続PP記録を11でストップしています。

前回スペインGPで初優勝を遂げ、注目が集まったフェルスタッペンはクラッシュにより、痛恨のQ1敗退。また、マクラーレンホンダは、バトンはQ2敗退。アロンソがQ3に進出するも10位という結果になりました。

【スポンサーリンク】


【目次】

フリー走行 3回目 FP3

フリー走行3回目 FP3タイム

P Driver Team Time Laps
1 S.ベッテル フェラーリ 1:14.650 25
2 L.ハミルトン メルセデス 1:14.668 24
3 N.ロズベルグ メルセデス 1:14.772 29
4 D.リカルド レッドブル 1:14.807 22
5 M.フェルスタッペン レッドブル 1:15.081 17
6 D.クビアト トロロッソ 1:15.259 23
7 C.サインツ トロロッソ 1:15.324 26
8 S.ペレス F.インディア 1:15.368 21
9 K.ライコネン フェラーリ 1:15.555 22
10 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:15.666 20
11 F.マッサ ウィリアムズ 1:16.068 29
12 F.アロンソ マクラーレン 1:16.257 24
13 J.バトン マクラーレン 1:16.298 23
14 V.ボッタス ウィリアムズ 1:16.347 21
15 E.グティエレス ハース 1:16.406 23
16 K.マグヌッセン ルノー 1:16.412 13
17 R.グロージャン ハース 1:16.527 27
18 F.ナッセ ザウバー 1:16.867 23
19 M.エリクソン ザウバー 1:17.038 32
20 J.パーマー ルノー 1:17.482 17
21 P.ウェーレイン マノー 1:17.595 32
22 R.ハリアント マノー 1:18.180 34

(動画)モンテカルロ・各コーナーの名称と由来

How did Monaco's corners get their names?

(映像:FORMULA 1.com)

モナコGP2016 FP3詳細

モナコGP恒例の華やかなパーティー・イベントデーの金曜日を終えて、再び闘いの場に臨む土曜日。

狭い市街地コースであるモンテカルロでは、予選でのグリッドの重要性が高いことは、言うまでもありません。

その大事な予選に先立って行われた、フリー走行3回目・FP3では、やはりいつも通り、早めにクリアラップを採りに行ったメルセデスの2台が、1-2のタイムを計測。

しかし、木曜日の初日に驚異的な速さを魅せたレッドブルが、ここでもタイムを被せ、リカルドとフェルスタッペンがメルセデス勢を抑え、1-2。

しかし、予選仕様のチェックに入るセッション終盤で、ここまで低パフォーマンスを続けていたフェラーリ・ベッテルが、1:14.650のトップタイムを計測。

このままでは終われないメルセデス・ハミルトンは、セクター2までベッテルを上回るタイムで周回するも、僅か0.018差で届かず2番手。

新モナコマイスターとなりつつあるロズベルグも意地のラップを魅せるも、ベッテルに0.122差の3番手。

終盤は、ハミルトンを始めトラフィックに引っ掛かるマシンや、バーチャルセーフティカーやイエローの連発で、レッドブル・リカルドのタイム更新はなく、序盤の1:14.807のタイムのまま4番手。

フェルスタッペンは、ベッテルのベストラップ直後に計測に入ったものの、スピードに乗るターン2直後のターン3・マセネーをオーバースピード気味で入り、ガードレールにマシンを当ててしまい、ピットインで、タイム更新はならず、5番手。

マクラーレンホンダは、FP3でもパフォーマンスは上がらず、アロンソ12番手、バトンは13番手でセッションを終えています。

(動画)ターン3・マセネーで、マシンを当ててしまうフェルスタッペン

FP3: Verstappen tags the barriers

(映像:FORMULA 1.com)


【スポンサーリンク】



公式予選

Q1

モナコGP 予選Q1タイム

P Driver Team Time Laps
1 S.ベッテル フェラーリ 1:14.610 7
2 L.ハミルトン メルセデス 1:14.826 8
3 N.ロズベルグ メルセデス 1:14.873 8
4 D.リカルド レッドブル 1:14.912 5
5 S.ペレス F.インディア 1:15.328 11
6 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:15.333 11
7 D.クビアト トロロッソ 1:15.384 6
8 R.グロージャン ハース 1:15.465 12
9 C.サインツ トロロッソ 1:15.467 6
10 K.ライコネン フェラーリ 1:15.499 8
11 F.アロンソ マクラーレン 1:15.504 8
12 V.ボッタス ウィリアムズ 1:15.521 10
13 J.バトン マクラーレン 1:15.554 5
14 E.グティエレス ハース 1:15.592 12
15 F.マッサ ウィリアムズ 1:15.710 13
16 K.マグヌッセン ルノー 1:16.253 12
17 M.エリクソン ザウバー 1:16.299 12
18 J.パーマー ルノー 1:16.586 12
19 R.ハリアント マノー 1:17.295 12
20 P.ウェーレイン マノー 1:17.452 12
21 M.フェルスタッペン レッドブル 1:22.467 3
22 F.ナッセ ザウバー No Time 1

(17位以下はQ1敗退)

予選Q1 詳細

2016年のモナコGP予選Q1は、アクシデント連発でのスタート。

ルノー・ナッセが、トンネル内でエンジンブローを起こし、激しく白煙を吹き、ヌーベルシケインのエスケープゾーンに入らず、ターン12・タバココーナー手前でマシンをストップ。

マシンはコース上にあり、このアクシデントで、赤旗中断に。

(動画)激しく白煙を吹き上げるナッセ

Qualifying: Nasr's hopes go up in smoke

(映像リンク先:FORMULA1.com)

セッション再開と共に、ハミルトン、ロズベルグが1-2のタイムを計測し、その後FP3でトップタイムのベッテルが2台を上回る、1:14.610のタイムを出しトップに。

トラフィックを避け、巧くクリアラップを獲りに行ったレッドブル・リカルドは、ロズベルグのタイムを上回れず、4番手タイム。

同僚フェルスタッペンは、プールサイドシケインで、右フロントタイヤをを当ててしまい、アームの1本が折れた状態となり、そのままガードレールに激突しクラッシュ。

スペインGP優勝のフェルスタッペンが、まさかのQ1敗退決定。

ここで、再び赤旗中断。

(動画)僅かなコーナリングミスで、痛恨のQ1敗退のフェルスタッペン

Qualifying: Verstappen crashes out in Q1

(映像リンク先:FORMULA1.com)

Q1では、序盤に好タイムを出していたフォースインディア、ペレス、ヒュルケンベルグが5-6番手。

マクラーレンホンダは、アロンソが11番手、バトンは13番手でQ2進出を決めています。

Q1敗退は、クラッシュを起こしたマッサ、フェルスタッペンに加え、ザウバーのエリクソン、ルノーのパーマー、マノーのハリアント、ウェーレインとなりました。

Q2

予選Q2タイム

P Driver チーム Time Laps
1 N.ロズベルグ メルセデス 1:14.043 8
2 L.ハミルトン メルセデス 1:14.056 7
3 S.ベッテル フェラーリ 1:14.318 8
4 D.リカルド レッドブル 1:14.357 8
5 K.ライコネン フェラーリ 1:14.789 9
6 D.クビアト トロロッソ 1:14.794 9
7 C.サインツ トロロッソ 1:14.805 9
8 S.ペレス F.インディア 1:14.937 9
9 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:14.989 7
10 F.アロンソ マクラーレン 1:15.107 10
11 V.ボッタス ウィリアムズ 1:15.273 5
12 E.グティエレス ハース 1:15.293 10
13 J.バトン マクラーレン 1:15.352 10
14 F.マッサ ウィリアムズ 1:15.385 6
15 R.グロージャン ハース 1:15.571 10
16 K.マグヌッセン ルノー 1:16.058 10

(11位以下はQ2敗退)

予選Q2 詳細

Q2に入り、メルセデス勢は激しいタイム争いとなり、最終的にはロズベルグがハミルトンを上回り、1-2体勢。

Q1トップのベッテルは3番手。

全車が2度目のアタックに出る中、リカルドは、唯一スーパーソフトタイヤで、4番手タイムを計測。

これで、決勝スタートは、ピレリの主張ほど性能が出ないウルトラソフトではなく、スーパーソフトを履くことになり、レッドブルの巧い作戦。

マクラーレン・アロンソは、1:15.107のタイムで10番手となり、Q3進出。

バトンは、1:15.352のタイムで、僅かに及ばず13番手でQ2敗退。

ウィリアムズ、ハースは2台揃っての敗退。ルノー・マグヌッセンも敗退となりました。

Q3

予選Q3 タイム

P Driver チーム Time Laps
1 D.リカルド レッドブル 1:13.622 8
2 N.ロズベルグ メルセデス 1:13.791 8
3 L.ハミルトン メルセデス 1:13.942 6
4 S.ベッテル フェラーリ 1:14.552 8
5 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:14.726 7
6 K.ライコネン フェラーリ 1:14.732 8
7 C.サインツ トロロッソ 1:14.749 8
8 S.ペレス F.インディア 1:14.902 8
9 D.クビアト トロロッソ 1:15.273 8
10 F.アロンソ マクラーレン 1:15.363 8
(動画)リカルド渾身のPPラップ オンボード映像!

Onboard pole position lap - Monaco 2016

(映像リンク先:FORMULA1.com)

予選Q3 詳細

セッション開始直後に一番にコースインしたのは、リカルド。

各車続いて、アウトラップに出る中、ハミルトンはエンジントラブルにより、ピットロードでマシンストップのアクシデント。

好調のレッドブル・リカルドは、1:13.622のトップタイムを計測。

ロズベルグ、ベッテルはこのタイムを上回ることが出来ず、ハミルトンは、セッション終了間際に、何とかアタックに出るも2番手ロズベルグに次ぐ3番手タイム。

予選Q3は、リカルドが自身初のPPをモナコで決め、同時にメルセデスの連続PP記録は11でストップ。

マクラーレン・アロンソは、最終的に10番手まで下がってしまいQ3終了。

リカルドは、前回スペインGPでのチームの不可解なピットイン指令で、フェルスタッペンに先を越されただけに、モナコGPに懸ける渾身のラップとなりました。

また、ギアボックス交換によりフェラーリ・ライコネンは、5グリッド降格処分で、決勝は11番グリッドに。

痛恨のミスでQ1敗退のフェルスタッペンと、エンジンブロートラブルのナッセが最後列の21-22番グリッドスタートとなります。

リカルドは、PPであると共にスーパーソフトでのスタートとなる決勝レース。

ただ、現地天気予報は雨の予報となっており、天候にも左右される可能性が出て来ています。

レッドブルが安定した速さを魅せ始めたことにより、俄然面白みを増してきた2016年シーズンのF1。

決勝レースが雨となれば、マクラーレンの経験豊富な2人の元チャンピオンは腕の魅せ所でもあり、見所の多い決勝となりそうです!

(動画)モナコGP2016 予選ハイライト

Qualifying Highlights - Monaco 2016

(映像リンク先:FORMULA1.com)

(モナコGP2016決勝 ハミルトン今季初優勝!リカルドはピットの凡ミスで失意の2位)
h-idayu.hateblo.jp


(モナコGP2016 タイムスケジュール TV放送 各日結果速報)
h-idayu.hateblo.jp

(モナコGP2016 1日目 FP1・FP2の模様)
h-idayu.hateblo.jp

(スペイン・インシーズン合同テストの模様)
h-idayu.hateblo.jp

(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


F1 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。