読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】F1モナコGP2016決勝 ハミルトン今季初優勝!リカルド再びピットミスで勝利逃す!

F1・WEC・モータースポーツ 動画 速報 コラム

最終更新:2016年5月30日 ハイライト動画追加
2016F1第6戦、伝統の「モナコGP」決勝の模様をご紹介します!2016モナコGPを制したのは、6戦目で今季初優勝となるメルセデス・ハミルトン!マクラーレン・アロンソはホンダF1復帰後ベストタイの5位、バトンは9位でW入賞!

決勝は雨のち晴れの天気で、狭い市街地コースのモンテカルロを攻めるドライバーの技量に加え、タイヤ交換と選択の決断を下すチームの判断力が試される、難しいながらもモナコらしいレース。

様々なドラマが生まれる中、初PPからスタートしたレッドブル・リカルドは、再びピットのミスにより、目の前の勝利を逃す不運に見舞われ、余りにも悔しい2位でレースを終えています。

【スポンサーリンク】


【目次】

モナコG2016P 決勝

モナコGP決勝 結果・タイム

P Driver Team Time Pit
1 L.ハミルトン メルセデス 1:59:29.133 1
2 D.リカルド レッドブル +7.252 2
3 S.ペレス F.インディア +13.825 2
4 S.ベッテル フェラーリ +15.846 2
5 F.アロンソ マクラーレン +1:25.076 2
6 N.ヒュルケンベルグ F.インディア +1:32.999 2
7 N.ロズベルグ メルセデス +1:33.290 2
8 C.サインツ トロロッソ + 1Lap 2
9 J.バトン マクラーレン + 1Lap 2
10 F.マッサ ウィリアムズ + 1Lap 2
11 V.ボッタス ウィリアムズ + 1Lap 3
12 E.グティエレス ハース + 1Lap 2
13 R.グロージャン ハース + 2Laps 2
14 P.ウェーレイン マノー + 2Laps 1
15 R.ハリアント マノー + 4Laps 3
- M.エリクソン ザウバー DNF 4
- F.ナッセ ザウバー DNF 3
- K.マグヌッセン ルノー DNF 5
- M.フェルスタッペン レッドブル DNF 2
- D.クビアト トロロッソ DNF 4
- K.ライコネン フェラーリ DNF 0
- J.パーマー ルノー DNF 0

モナコGP決勝 詳細

2016年のモナコGPは、強い雨が降る中、セーフティカー先導のスタート。もちろん全車、ウェットタイヤでの走行。

これで、予選Q3でスーパーソフトタイヤでPPを獲得し、決勝をスーパーソフトでスタート出来るレッドブル・リカルドのアドバンテージは減少。

徐々に雨脚が弱くなる中、隊列を組みゆっくり走るだけの状態に、何人かのドライバーは無線で「もう走らせろ!レースをさせろ!」苛立ちを見せ始めました。

7周目で、ようやくセーフティカーが入り、バトルが始まるタイミングを巧く読んだリカルドは、直後から2番手ロズベルグ以下を引き離す展開に。

しかし、直後にルノー・パーマーが、メインストレートの横断歩道のラインを通過する際に、トラクションを失いオーバーレブの状態で制御不能で、ガードレールに激しく激突しクラッシュ。

マシンは激しく損傷し、多くのパーツも散らばった状態でストップしたため、バーチャルセーフティカー導入。

(動画)激しいクラッシュでリタイヤのパーマー

Race: Palmer's Monaco weekend ends badly

(映像リンク先:FORMULA1.com)

【スポンサーリンク】



雨は止み、バーチャルセーフティカー導入中に真っ先にタイヤ交換のピットインしたのは、雨のレース展開で天才的な「読み」を持つマクラーレン・バトン。

バトン以外にも、続々とインターミディエートタイヤへの履き替えを選択。

そして、再びバトル再開となった10周目に、フェラーリ・ライコネンがターン6・ローズヘアピンを曲がり切れず、クラッシュし、急にイン側に入ったため、危うく後続のマシンも巻き込まれるアクシデント発生。

ライコネンは、フロントウイングを脱落させ、ひきずったまま、ターン11・ヌーベルシケインのエスケープゾーンまで走行し、リタイヤ。

その後も、リカルドはロズベルグとの差をどんどん広げ、すぐ後ろを走るハミルトンは明らかに速いペースでラップを重ねるも、ロズベルグが蓋をする形で、リカルドを追走出来ず。

ハミルトンの後ろにも3台が付き、2番手から6番手アロンソまでがトラフィック状態に。ここでアロンソもピットインし、インターミディエートに交換。

16周目に、ようやくロズベルグがハミルトンにラインを譲り、ここからハミルトンはファステストを連発。

追われるリカルドも、負けじとファステストを更新。

路面も相当乾いてきた23周目に、リカルドがピットインし、インターミディエートに交換。

その間も暫定トップで、ウェットタイヤで粘るハミルトンに追い付くも、リカルドはオーバーテイク出来ず。

他のマシンがドライタイヤに交換し始める中、31周目にようやくハミルトンはピットインし、ウルトラソフトタイヤに交換。

ハミルトンは、インターミディエートを挟むことなく、ウェットからドライに交換出来た。

これを見たレッドブルは、32周目にリカルドにピットインを指示。

しかし、いざピットインし、タイヤを外すも、交換するタイヤが用意されておらず、慌ててクルーが交換タイヤを持ち運ぶ、大失態が発生。

ここで普通にタイヤ交換をしていれば、十分なアドバンテージを持って、コースイン出来るはずであったリカルドは大幅なタイムロス。

ピットアウトする横を無情にも、ハミルトンに猛スピードで交わされ、リカルドは2位でレース復帰。

スーパーソフトのリカルドはウルトラソフトのハミルトンに追い付き、バトルが始まるも、ここはモナコ。全く抜けない。

リカルドは何度も何度も、仕掛けるが、結局そのままチェッカーが振られ、前戦スペインGPに続いて、チームのミスによりポールトゥウィンを逃してしまいました。

ここまで、同僚ロズベルグの後塵を拝してきたハミルトンは6戦目でようやく今季初優勝。

そして、3位に入ったには、ベッテルとのバトルを見事制したF.インディア・ペレス。ベッテルは4位で表彰台を逃しています。

それぞれのポジションで、激しいバトルが繰り広げられ、ロズベルグとの5番手争いを制したのはアロンソ!ホンダF1復帰後ベストタイ順位となりました!

何かパフォーマンス不足を感じさせたロズベルグは、ファイナルラップ、チェッカー寸前で、ヒュルケンベルグに抜かれてしまい、7位フィッシュ。

8位にはトロロッソ・サインツ、そして9位にはバトンが入り、マクラーレンホンダはW入賞を達成!

前回、スペインGPで「史上最年少優勝」の快挙を成し遂げた、フェルスタッペンは今回のモナコGPではFP3、予選Q1、そして決勝で3度目のクラッシュを演じ、良い所なくレースを終えています。

(動画)2016モナコで3度目クラッシュのフェルスタッペン

Race: Third crash of the weekend for Verstappen

(映像リンク先:FORMULA1.com)


余りにも不運なチームのミスに見舞われたリカルドは、表彰式でも笑顔を見せず「2回トレーラーにひかれた気分だ。今はチームとは話したくない」とし、レッドブルチームのヘルムート・マルコは「完全なヒューマンエラーであり
、検証が必要。ダニエル(リカルド)には、謝ることしか出来ない」と、2戦連続のチームミスを認めています。

(動画)表彰式 歓喜のハミルトン 失意のリカルド

The top three report back after the race

(映像リンク先:FORMULA1.com)

雨の影響で、ドライバーズサーキットの度合いがより増した今年のモナコGP。

随所でバトルが見られ、一瞬でも隙を見せたドライバーは、クラッシュリタイヤ、順位を落としてしまうという、緊張感の高いレース展開となりました。

次戦・カナダGPでは、リカルドの3度目の正直が見られるのか?ようやく勝利を挙げたハミルトンと、凡ミスを犯したロズベルグのポイント差は縮まり、2人の争いはどうなるのか?

そして、マクラーレンホンダは、カナダからアップデートしたホンダPUを導入する予定で、どこまでパフォーマンスを発揮出来るのか?見所の多いGPになりそうです。

(動画)モナコGP2016決勝 ハイライト

Race highlights - Monaco 2016

(映像リンク先:FORMULA1.com)


(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

(F12016シーズン ドライバーズ・コンストラクターズポイント)
h-idayu.hateblo.jp

(モナコGP2016 関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。

ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


F1 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。