読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】マクラーレンは僅差でQ3進出ならず!F1ロシアGP2016予選+FP3

F1・WEC・モータースポーツ 動画 速報 コラム

更新:2016年5月2日
2016F1GP第4戦「ロシアGP」2日目。公式予選とその前に行われたフリー走行・FP3の模様をご紹介します!

ロシアGP公式予選は、中国GPに続き波乱の展開となり、パワーユニットトラブルでQ3をアタック出来なかったメルセデス・ハミルトンは決勝で10番手スタートが決まりました。

またPPはロズベルグ。そしてフロントロー2番手には、ベッテルの降格により、ウィリアムズ・ボッタス。僅差でQ3進出を逃したマクラーレンホンダ勢は、決勝でのW入賞を狙います!

【スポンサーリンク】


【目次】

フリー走行 3回目 FP3

フリー走行3回目 FP3タイム

P Driver Team Time Laps
1 L.ハミルトン メルセデス 1:36.403 17
2 N.ロズベルグ メルセデス 1:36.471 22
3 S.ベッテル フェラーリ 1:37.007 28
4 K.ライコネン フェラーリ 1:37.727 14
5 F.マッサ ウィリアムズ 1:37.918 16
6 V.ボッタス ウィリアムズ 1:37.985 16
7 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:38.133 22
8 J.バトン マクラーレン 1:38.260 14
9 C.サインツ トロロッソ 1:38.465 25
10 S.ペレス F.インディア 1:38.542 18
11 D.リカルド レッドブル 1:38.622 23
12 F.アロンソ マクラーレン 1:38.633 12
13 D.クビアト レッドブル 1:39.047 15
14 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:39.162 16
15 E.グティエレス ハース 1:39.230 18
16 K.マグヌッセン ルノー 1:39.238 16
17 R.グロージャン ハース 1:39.239 15
18 J.パーマー ルノー 1:39.589 19
19 R.ハリアント マノー 1:39.599 19
20 P.ウェーレイン マノー 1:39.663 18
21 M.エリクソン ザウバー 1:39.740 23
22 F.ナッセ ザウバー 1:39.898 19

公式予選に先立って行われたFP3。

ここまで天候に恵まれているソチは、この日もドライコンディション。

FP3もメルセデスの2台のみ1分36秒台のタイムを出し、ハミルトンが1:36.403でトップ。ロズベルグは1:36.471の僅差で2番手タイム。

フェラーリ・ベッテルは、36秒台には100分の8秒足りず、1:37.007の3番手。

次いで、4番手にライコネン、5、6番手はウィリアムズ・マッサとボッタスが入り、ここまでが1分37秒台。

ウィリアムズは着実に速さを増し、安定感も出てきています。

7番手はフェルスタッペン、8番手に1:38.260のラップを刻んだジェンソン・バトンが入り、この後の予選Q3進出に期待を持たせるタイム。

アロンソも12番手ながら1:38.633と、中位チームは僅差の混戦模様で、公式予選に臨みます。

【スポンサーリンク】


公式予選

昨年までと同じフォーマットで行われることになった、中国GP公式予選。

今回は、チーム内での明暗、赤旗中断による不運等、様々なドラマが生まれました。

Q1

予選 Q1 タイム

P Driver Team Time Laps
1 L.ハミルトン メルセデス 1:36.006 7
2 N.ロズベルグ メルセデス 1:36.119 7
3 S.ベッテル フェラーリ 1:36.555 6
4 K.ライコネン フェラーリ 1:36.976 5
5 V.ボッタス ウィリアムズ 1:37.746 6
6 F.マッサ ウィリアムズ 1:37.753 5
7 C.サインツ トロロッソ 1:37.784 7
8 F.アロンソ マクラーレン 1:37.971 6
9 S.ペレス F.インディア 1:38.006 8
10 D.リカルド レッドブル 1:38.091 6
11 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:38.123 7
12 D.クビアト レッドブル 1:38.265 6
13 J.バトン マクラーレン 1:38.332 6
14 R.グロージャン ハース 1:38.383 9
15 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:38.562 9
16 E.グティエレス ハース 1:38.678 10
17 K.マグヌッセン ルノー 1:38.914 10
18 J.パーマー ルノー 1:39.009 9
19 F.ナッセ ザウバー 1:39.018 10
20 P.ウェーレイン マノー 1:39.399 10
21 R.ハリアント マノー 1:39.463 10
22 M.エリクソン ザウバー 1:39.519 10

(17位以降はQ1敗退)

ロシアGPは、雨に祟られることはないものの、ここまで気温が低い状態が続き、予選も路面温度30℃でスタート。

トップは1:36.006のタイムを計測したハミルトン。次いでロズベルグ、ベッテル、ライコネンと続き、ここまでが1分36秒台。

5-6番手にはウィリアムズのボッタス、マッサが入り、8番手にアロンソ、バトンは13番手でQ2進出を決めました。

Q1敗退はルーノー、ザウバー、マノーの、それぞれ2台ずつとなっています。

Q2

予選Q2タイム

P Driver Team Time Laps
1 N.ロズベルグ メルセデス 1:35.337 4
2 L.ハミルトン メルセデス 1:35.820 6
3 S.ベッテル フェラーリ 1:36.623 3
4 K.ライコネン フェラーリ 1:36.741 4
5 V.ボッタス ウィリアムズ 1:37.140 4
6 F.マッサ ウィリアムズ 1:37.230 4
7 S.ペレス F.インディア 1:37.282 6
8 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:37.510 8
9 D.リカルド レッドブル 1:37.569 8
10 D.クビアト レッドブル 1:37.606 9
11 C.サインツ トロロッソ 1:37.652 7
12 J.バトン マクラーレン 1:37.701 8
13 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1:37.771 8
14 F.アロンソ マクラーレン 1:37.807 8
15 R.グロージャン ハース 1:38.055 7
16 E.グティエレス ハース 1:38.115 8

(11番手以降はQ2敗退)

(映像)ロシアGP2016 予選ハイライト

Qualifying highlights - Russia 2016

(映像:Formula1.com公式HP)

Q2ではトップタイムはロズベルグでハミルトンは2番手。

次いで、フェラーズ勢、ウィリアムズ勢と6番手までは、変わらず盤石の上位陣。

Q1で8番手タイムのアロンソ、FP2、FP3で好タイムを出していたバトンのマクラーレンホンダ2台のQ3進出に期待が懸かったものの、バトンは10番手クビアトに約0.1秒足りず12番手、アロンソも約0.2秒足りず14番手で、ノックアウトとなってしまいました。

Q3

予選 Q3 タイム

P Driver Team Time Laps
1 N.ロズベルグ メルセデス 1:35.417 5
2 S.ベッテル フェラーリ 1:36.123 7
3 V.ボッタス ウィリアムズ 1:36.536 7
4 K.ライコネン フェラーリ 1:36.663 8
5 F.マッサ ウィリアムズ 1:37.016 7
6 D.リカルド レッドブル 1:37.125 8
7 S.ペレス F.インディア 1:37.212 6
8 D.クビアト レッドブル 1:37.459 7
9 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:37.583 5
10 L.ハミルトン メルセデス No Time 0

Q2セッションで、アタック中にパワーユニットのMGU-Hトラブルで、パワーを失うトラブルに見舞われていたハミルトンは、Q3を走れず。

前回、中国GPでのQ1落ちに続く、予選でのトラブルになってしまいました。

ここで、唯一の1分35秒台を出したロズベルグが、2戦連続ポールポジションを獲得。

2番手には、1:36.123のベッテル。そして3番手争いは1:36.663のライコネンに対し、1:36.536のタイムでウィリアムズ・ボッタスが上回り3番手獲得。ライコネンは4番手。

予選Q2セッションでは、ラストアタックでギリギリ10番手に入った地元ロシアのクビアトは、8番手タイムで、ソチ・オートドロームを沸かせました。

(映像)PPを決めたラップのロズベルグのオンボードカメラ

Onboard pole position lap - Russia 2016

ゐ太夫の寸評

またもやハミルトンにトラブルが発生し、決勝は10番グリッド。ここからどう巻き返すか?

ハミルトンのモチベーションが落ちているという一部報道もあるだけに、注目の決勝レースとなります。

そして、フェラーリ・ベッテルは、ギアボックス交換で5グリッド降格処分が決まっているため、フロントローは、ロズベルグとボッタスが並びます。

後列3番手にライコネンとマッサ。

メルセデスは、シングルクラッチスタートとなってから、ここまで余りスタートが良くないだけに、ウィリアムズの2台とライコネン辺りまでは、1コーナーでトップに立つチャンスもありそうです。

7番手スタートのベッテルは、10番手のハミルトンと合わせ、スタートで何台交わせるか?に注目。

12番手、14番手スタートとなったバトン、アロンソも、空力アップを施されたマシンで、2台入賞の期待が懸かります!

注目の決勝レースは、日本時間5月1日21時にスタートします!

(ロシアGP2016 各日速報 TV放送 レーススケジュール)
h-idayu.hateblo.jp
(ロシアGP2016決勝 ロズベルグ4連勝!マクラーレンはW入賞!)
h-idayu.hateblo.jp
(ロシアGP2016 FP1FP2速報)
h-idayu.hateblo.jp
(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


F1 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。