読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】F1ロシアGP2016決勝 再び大波乱のレースはロズベルグが4連勝!マクラーレンはW入賞!

F1・WEC・モータースポーツ 動画 速報 コラム

2016F1第4戦「ロシアGP」決勝の模様をご紹介します!

中国GPに続き、またもやスタート直後のターン1~ターン2で、多重クラッシュがあり、一時大混乱となったレースを制したのは、メルセデスのニコ・ロズベルグ!開幕4連勝、昨季から連勝も7に伸ばしています!

そしてマシンの空力面で改良を施してきたマクラーレンホンダはアロンソが6位、バトンが10位に入り今季初のW入賞を果たしました!

【スポンサーリンク】


【目次】

ロシアGP 決勝

ロシアGP決勝 結果・タイム

P Driver Team Time Pit
1 N.ロズベルグ メルセデス 1:32:41.997 1
2 L.ハミルトン メルセデス +25.022 1
3 K.ライコネン フェラーリ +31.998 1
4 V.ボッタス ウィリアムズ +50.217 1
5 F.マッサ ウィリアムズ +1:14.427 2
6 F.アロンソ マクラーレン + 1Lap 1
7 K.マグヌッセン ルノー + 1Lap 1
8 R.グロージャン ハース + 1Lap 1
9 S.ペレス F.インディア + 1Lap 2
10 J.バトン マクラーレン + 1Lap 1
11 D.リカルド レッドブル + 1Lap 2
12 C.サインツ トロロッソ + 1Lap 1
13 J.パーマー ルノー + 1Lap 1
14 M.エリクソン ザウバー + 1Lap 2
15 D.クビアト レッドブル + 1Lap 2
16 F.ナッセ ザウバー + 1Lap 1
17 E.グティエレス ハース + 1Lap 2
18 P.ウェーレイン マノー + 2Laps 2
- M.フェルスタッペン トロロッソ リタイア 1
- R.ハリアント マノー リタイア 1
- S.ベッテル フェラーリ リタイア 0
- N.ヒュルケンベルグ F.インディア リタイア 0

2016年ロシアGP決勝は、ギアボックス交換で5グリッド降格で7番手スタートのベッテルと、予選Q3でPUトラブルにより走行出来ず10番手スタートのハミルトンの2台に注目が集まりました。

そんな中、前回、中国GPでスタート直後、クビアトの強引な割り込みによりフェラーズ同士で接触、クラッシュとなってしまい激怒したベッテル。

その後、一応の和解を見たものの、今回のロシアGPでは、あろうことかそのクビアトがスタート直後のターン1とターン2で2度もベッテルに追突し、ベッテルはスピンを喫しウォールにクラッシュしストップ。

まさかの0周リタイアとなり、クビアトには10秒ストップのレースペナルティが下され、加えてペナルティポイント3が加算され、累積ポイントで次戦出場停止の処分となりそうです。

そして、ターン1では、後方でも接触があり、Fインディア・ヒュルケンベルグとマノー・ハリアントが1周目にリタイア。

この接触では、ハース・グティエレスにドライブスルーペナルティが下されました。

(映像)スタート直後、クビアトがベッテルに2度も追突!後方は多重クラッシュ!

Race: Vettel crashes out in dramatic Sochi start

(映像:Formula1.com公式HP)

【スポンサーリンク】


(映像)ロシアGP 決勝ハイライト

Race highlights - Russia 2016

(映像:Formula1.com公式HP)

この大混乱で、レースはセーフティーカーが入り、即座にピットインしタイヤ交換を行ったフェラーリ・ライコネンが、ウィリアムズ・ボッタスをアンダーカットし、3番手に浮上。

10番手スタートとなったハミルトンは、一連の混乱に巻き込まれず、4番手まで浮上。

一方、セーフティーカー導入により、アドバンテージが無くなった同僚ロズベルグは、リスタート後は再び2位以下を突き放し、トップ独走態勢。

ロズベルグはMGU-Kに、トラブルを抱えながらもそのままポールトゥウインで、開幕4連勝を達成。

ハミルトンには水漏れのトラブルが発生するも、最終的にライコネンを交わし、2位でチェッカーフラッグを受け、メルセデスの1-2フィニッシュ。

3番手にベッテルのリタイアによりフェラーリ1台のみとなったライコネンが入り、意地を魅せ、表彰台を死守。

ウィリアムズは、予選まで安定した速さを魅せるも、チームの作戦ミスもあり、ボッタスが4位、マッサが5位で表彰台を逃しました。

そして、スタート直後の混乱を巧く回避しジャンプアップしたマクラーレン・アロンソは、空力アップしたマシンで、6番手フィニッシュ。

同僚バトンも10位に入り、マクラーレンホンダは、今季W入賞で、9ポイントを加算しています。

マクラーレンホンダはここまで、サードドライバーのバンドーンが挙げた1ポイントのみであっただけに、レギュラードライバー2人揃っての入賞は、大きな意味を持ちます。

中国GPから、不安の影を見せ始めたメルセデスのPUの信頼性、そしてフェラーリも開幕からPUにトラブルを抱えており、今後、ホンダPUの信頼性がアップすれば、より上位を狙える可能性が出て来ました。

ロズベルクは、開幕4連勝で100ポイントの大台に乗せる一方、トラブル続きのハミルトンは57ポイントで、4戦目にして43ポイントもの大差が付き、今後のハミルトンとメルセデスの動向が気になります。

また、強引なターンイン、カットインが目立つ最近のレースで、各ドライバーのモラルの問題はもちろん、アロンソの大クラッシュがあったばかりだけに、安全性についても論議を呼びそうです。

(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

(F12016シーズン ドライバーズ・コンストラクターズポイント)
h-idayu.hateblo.jp

(ロシアGP2016関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。

ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


F1 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。