読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】マクラーレン再びトラブルで3周のみ!2016第1回F1バルセロナテスト4日目!

2016年F1第1回バルセロナ合同テストは最終日を迎え、3日目トラブルで満足に走れなかったマクラーレン・ホンダが、今日は冷却系のトラブルで3周のみと、大きな不安を残し、1回目の合同テストを終えることになりました。

最終日の最速タイムは、フェラーリ・ライコネンの1m23.477s。最多周回はルノー・マグヌッセンの153周、チーム合計ではメルセデスが185周を走破しています。

【スポンサーリンク】


【目次】




第1回バルセロナテスト4日目

午前セッション


3日目をトラブルで満足に走れなかったマクラーレン・ホンダはアロンソが乗った最終日も、冷却系のトラブルで、最初の3周のみで、ピットに引き上げ、対応に追われた。計測ラップは無し。

3日目午前は同じくトラブルで、計測ラップ無しも、午後に速さを魅せたフェラーリ・ライコネンは午前セッションで58周を走行。

ライコネンは、ウルトラソフトタイヤで1m23.477sの最速タイムをマーク。

2番手には、ソフトを履いたルノー・マグヌッセンが、67周を走り、1m25.263sのタイム。

フェルスタッペン、ダニール・クビアトはミディアムで、それぞれ75周、57周を走行し、3番手、4番手タイム。

一方、余りのマシンとPUの安定性、耐久性の高さで、とてつもないロングランが出来てしまい、ドライバーが体を痛めるため、急遽午前・午後交代制を採用したメルセデスは、新型ノーズを装着しテスト。

ハミルトンは、タイムこそ1m26.295sで6番手も、午前だけで99周を走行しており、今季もここまで安定性は群を抜いています。

映像:ピットレーンで余裕を見せるハミルトン

映像:早くもクビアトとバトル?のライコネン

午前セッション タイム

Pos Driver Team Time Lap
1 Raikkonen Ferrari 1'23''477 58
2 Magnussen Renault 1'25''263 67
3 Verstappen Toro Rosso 1'25''393 75
4 Kvyat Red Bull 1'25''900 57
5 Nasr Sauber 1'26''053 50
6 Hamilton Mercedes 1'26''295 99
7 Celis Force India 1'26''875 36
8 Wehrlein Manor 1'28''266 43
9 Massa Williams 1'28''684 33
10 Gutierrez Haas 1'29''088 26
11 Alonso McLaren No time 3
映像:ロズベルグ走行スローモーション


【スポンサーリンク】


午後セッション

映像:1回目テスト終了!スローモーション



午後は、ライコネンは余り周回を重ねられず、レッドブル・クビアトが、1m24.293sのタイムと最終日合計96周を走り2番手。

そして、今回のテストで、ピットでも話題になっているフォースインディアは今日も75周を走り1m24.840sのタイムで3番手。

逆にテストでのタイムはある程度いいものの、またもや赤旗中断の原因となったルノーは、信頼性に疑問符がつきます。

トロロッソは当初、不安視されていたよりも、多くの周回数を重ね、2回目のテストまでのデータ蓄積は十分に出来た模様。

それにしてもメルセデスの周回数は、最終日も185周と1台だけ超ハイスピード耐久レースをしているかの様です。

そして、マクラーレン・ホンダ・アロンソは結局、午後も走れず、初日にバトンが「デプロイメントに飛躍的な改善が見られ、別箇所のテストに入れる」とコメントし、2日目はアロンソが「PUが格段の進化を遂げていることに、疑う余地がない」と評価した矢先に、3日目は51周、最終日は3周のみと、大きな不安を抱えることになりました。

昨季の様な致命的なトラブルでないとしても、ただでさえテスト日程が短縮されている中で、この時期にロングランが出来ないことは、かなりの痛手と成りかねません。

次回、2回目の合同テストまで、余り時間も無く、トラブル箇所の解決は急務で、今回のテスト走行でのデータのフィードバック作業と並行して、2回目のテストに向け、4日間を通じてロングランが出来る信頼性の改善と、ラップタイムの短縮等の性能面の向上が求められます。

4日目 総合タイム

Pos Driver Team Time Lap
1 Raikkonen Ferrari 1'23''477 80
2 Kvyat Red Bull 1'24''293 96
3 Celis Force India 1'24''840 75
4 Magnussen Renault 1'25''263 153
5 Verstappen Toro Rosso 1'25''393 110
6 Nasr Sauber 1'26''053 121
7 Rosberg Mercedes 1'26''187 86
8 Hamilton Mercedes 1'26''295 99
9 Massa Williams 1'26''483 54
10 Gutierrez Haas 1'27''802 89
11 Wehrlein Manor 1'28''266 51
12 Alonso McLaren No time 3

h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。