[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】マクラーレン7番手タイムも充実の内容!「ハロ」とは?2016第2回F1バルセロナテスト3日目!

2016年第2回目のF1バルセロナ合同テスト3日目。マクラーレン・アロンソは7番手タイムを計測しています!

アロンソは午前のセッションで、今回のテスト初のスーパーソフトタイヤでアタックをするも、後半は敢えて車重を重くし、レースシミュレーションに入る充実のテスト3日目となりました。

3日目の最速タイムは、フェラーリ・ライコネンが1m22.765sを出し、1回2回テストを通じてのファステスト。最多周回はトロロッソ・フェルスタッペンが159周を走破しています!

【スポンサーリンク】


【目次】




第2回バルセロナテスト3日目

午前セッション

いよいよ、バルセロナ合同テストも3日目。

この日は、2017年から導入予定のドライバー頭部保護システム「ハロ」をフェラーリ・ライコネンが搭載し、テストドライブ。

ライコネンは「視界に問題はない」とするものの、このパーツだけで、6キロの重量があり、今後、耐久性を維持したまま、一層の軽量化を図る必要はありそうです。

(画像)「ハロ」を装着したフェラーリ・ライコネン

これは、本当に視界に問題がないと言えるのか!?

(画像)「ハロ」パーツ単体


昨日、2日目のドライブを担当したジェンソン・バトンは「ここ14ヶ月でホンダに最大の進歩を感じた」と頼もしいコメントを残し、エリック・ブーリエも「我々が求めているサイズゼロコンセプトへ進化したPU」であることを認めています。

ERSの問題がほぼ解決され、残り2日間は、より実戦に向けた細かい詰めの作業が期待されます。

この日のマクラーレン・ホンダ、テスト担当はフェルナンド・アロンソ。

マクラーレン・ホンダは、3日目にして初めて、スーパーソフトタイヤを履き、アロンソは1m24.870sをマークし、57周を走行。

当初はトップタイムや2番手タイムを出していたものの6番手で、午前セッションを終えています。

午前セッショントップは、ウルトラソフトを履いたフェラーリ・ライコネンが、1m22.785sのタイムで、41周を走行。

同じくウルトラソフトを履いた、2台、フォースインディア・ヒュルケンベルグは1m23.251sで2番手(49周)トロロッソ・フェルスタッペンは、1m23.382sで3番手(59周)

ミディアムタイヤで、ロングランに徹し81周走行のメルセデス・ロズベルグは、1m24.126sで4番手。

5番手には、ザウバー・ナッセが周回数は37周と少ないものの、1m24.768sのラップタイムを計測しています。

(映像)トップを快走するフェラーリ・ライコネン

午前セッション タイム

P Driver Team Time Tire Rap
1 K.ライコネン フェラーリ 1'22''785 US 41
2 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1'23''251 US 49
3 M.フェルスタッペン トロロッソ 1'23''382 US 59
4 N.ロズベルグ メルセデス 1'24''126 M 81
5 F.ナッセ ザウバー 1'24''768 S 37
6 F.アロンソ マクラーレン 1'24''870 SS 57
7 D.クビアト レッドブル 1'25''141 S 62
8 F.マッサ ウィリアムズ 1'25''420 M 46
9 J.パーマー ルノー 1'27''182 M 26
10 R.グロージャン ハース 1'28''110 M 59
11 P.ウェーレイン マノー 1'28''476 M 19
12 E.グティエレス ハース No time 1


【スポンサーリンク】


午後セッション

午後セッションもフェラーリ・ライコネンはタイムを更新し、1m22.765sでトップタイム。136周を走破。

このタイムは、バルセロナテスト1回目の2日目に同じくフェラーリ・ベッテルが出した1m22.810sを0.045秒更新し、バルセロナ合同テスト全体を通じてのファステストとなりました!

そして、ウィリアムズ・マッサがソフトタイヤで、1m23.193sのラップタイムで順位を上げ2番手へ。119周走行。

第1回目テストで、速さを魅せていたフォースインディアは、午前と変わらずのタイムで、3番手。137周。

トロロッソ・フェルスタッペンもタイム更新はなく、相変わらず充実した走りで159周を周回し、4番手。

この周回数は、メルセデスのロズベルグ、ハミルトンの合計144周を上回るものとなりました!

マクラーレン・ホンダ・アロンソは、レースシミュレーションテストに入り、燃料を多く積み、重い車重でのロングランに入り、タイムの更新は無しも、118周を走行しています。

第2回テストで、ずっとターボチャージャーのトラブルに悩まされていたハースは、ようやく問題解決となった様で、78周を走行しました。

明日はテスト最終日。各チーム、開幕戦オーストラリアGPに向けた最後の調整に入ります!

(映像)ロズベルグとグロージャンは既に本番モード?


(映像)氷上ウインターテスト?をするマッサ


3日目 総合タイム・周回

P Driver Team Time Gap Rap
1 K.ライコネン フェラーリ 1m22.765s - 136
2 F.マッサ ウィリアムズ 1m23.193s 0.428s 119
3 N.ヒュルケンベルグ Fインディア 1m23.251s 0.486s 137
4 M.フェルスタッペン トロ・ロッソ 1m23.382s 0.617s 159
5 N.ロズベルグ メルセデス 1m24.126s 1.361s 81
6 F.ナッセ ザウバー 1m24.760s 1.995s 116
7 F.アロンソ マクラーレン 1m24.870s 2.105s 118
8 P.ウェーレイン マノー 1m24.913s 2.148s 48
9 D.クビアト レッドブル 1m25.141s 2.376s 121
10 J.パーマー ルノー 1m26.224s 3.459s 98
11 L.ハミルトン メルセデス 1m26.488s 3.723s 63
12 R.グロージャン ハース 1m27.196s 4.431s 78


h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。