[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】ドルトムント香川、終了間際に決勝ゴール!ブンデス15節vsヴォルフスブルク戦

ブンデスリーガ第15節、ヴォルフスブルク戦で途中出場のドルトムント・香川真司が試合終了直前に劇的な決勝ゴールを決め、2-1でチームは勝利!

同日、バイエルンは今季初敗戦を喫しており、香川の決勝ゴールにより、首位・バイエルンとの勝点差は5に縮まった!

【スポンサーリンク】





現地12月5日、2位のドルトムントはチャンピオンズ・リーグにも出場中の強豪、リーグ3位のヴォルフスブルクとのアウェーの戦い。

ドルトムントは、フンメルスとソクラティスを怪我で欠き、スボティッチとベンダーをセンターバックで起用。

香川は、今季リーグ戦初のベンチスタートとなった。

前半

アウェーのドルトムントは、3位の強豪、ヴォルフスブルクに対し、試合開始直後から猛攻を掛ける。

開始5分の間に、ギュンドアンのフリーキックと、コーナーキックからベンダーが合わせたシュートが立て続けにクロスバーを叩いた。

ドルトムントは決定機を活かしきれず、ホーム・ヴォルフスブルクに流れを引き寄せられそうになるが、32分にムヒタリアンが相手DFからボールを奪い、パスを受けたロイスがゴールを決め先制。1-0

喜びもつかの間、この直後の35分にコーナーからヴォルフスブルク・ナウドのヘディングシュートを放ち、キーパーは追い付けず、万事休すかと思われたが、ゴール前のムヒタリアンが見事クリアでピンチを救った。


【スポンサーリンク】



ブンデスリーガ15節 ドルトムントvsヴォルフスブルク ハイライト映像・動画

Wolfsburg 1-2 Dortmund

(ballball.comの動画ページにリンクしています)

後半

ハーフタイムを挟んでも、ペースはヴォルフスブルクが握り、続けてシュートを打たれる。

55分、トゥヘルはギュンドアンに代わり香川をピッチに入れる。

直後の59分に香川は強烈なロングシュートを放つが、これはキーパーがキャッチ。

3位以下は大混戦で、ホームで是が非でも勝ちたいヴォルフスブルクは、この後、再び猛攻を仕掛け、約10分間で4本のシュート。

ドルトムント守備の隙を突かれボールを奪われ、連携不足で相手を自陣バイタルエリアでフリーにしてしまう等、守り切れない雰囲気が漂う。

すかさず、トゥヘルは82分に、オーバメヤン、カストロを下げパク・チュホとホフマンを投入。

しかし、90分。ドルトムント・ピシュチェクがペナルティエリア内でシュールレを倒し、PKを献上。

これを、ロドリゲスが決め1-1の同点とされてしまう。1-1

しかし3分と表示されたアディショナルタイムのラスト1分の間に、中央やや右からのクロスをムヒタリアンがワンタッチで折り返し、ゴール前に飛び込んだ香川がワンタッチで流し込み、ゴール!

試合終了間際ギリギリの香川の決勝点により2-1でドルトムントは勝利。



貴重な勝点3を加え、この日、今季初黒星を喫しているバイエルンとの勝点差を5に縮めた。

これで香川は今季公式戦8得点目。ブンデスリーガでは4得点目となった。

ヴォルフスブルクのホーム連続無敗記録は29で途絶えたが、2位と3位のチーム同士らしい試合となった。

メディアの評価

「ビルト」は、チームトップタイの2点。

地元メディア「ルールナハリヒテン」はチーム3番目評価の2.5点。

「WAZ」は「劇的ゴール」以前の動きが良くないとし、3.0点としている。


(香川、途中出場も1アシストで、メディア大絶賛!ブンデスリーガ第16節フランクフルト戦)
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。