[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】ブンデス日本人対決!ドルト香川vsマインツ武藤!ドルトムント4試合ぶり勝利!

代表ウィーク明けのブンデスリーガは、第9節。ここ4試合勝利の無いドルトムントは、マインツとの対戦。共に調子を落としているチーム同士、そして日本代表、香川真司と武藤嘉紀の初日本人対決と注目の一戦となった。

特にドルトムントは、バイエルンとの首位対決で大敗し、チームの勢いを図る意味でも、重要な試合だ。

【スポンサーリンク】





前回、当ゐ太夫のぶろぐで、香川真司とドルトムントを扱った、第5節レバークーゼン戦3-0の勝利から、チームは6節vsホッフェンハイム1-1、7節vsSVダルムシュタット2-2と引き分け。

ミッドウィーク開催のEL、PAOK戦でも1-1で分け、ハードスケジュールの中、3日後の大一番、バイエルン戦では精彩を欠き1-5で大敗。

今回の代表戦ウィークでの中断が吉と出るか凶と出るか?リーガ再開のマインツ戦は重要な試金石の位置付けだ。

トゥヘル監督は、試合数日前の会見で、代表戦で合流が香川らのコンディションを心配していた。

トゥヘル会見映像


第9節 ボルシア・ドルトムント スタメン

位置 背番号 選手名
GK 38 ロマン・ブルキ
DF 15 マッツ・フメルス
DF 25 ソクラティス・パパスタソプーロス
DF 28 マティアス・ギンター
MF 3 パク・チュホ
MF 8 イルカイ・ギュンドアン
MF 10 ヘンリク・ムヒタルヤン
MF 11 マルコ・ロイス
MF 23 香川真司
MF 33 ユリアン・ヴァイグル
FW 17 ピエール・エメリク・オーバメヤン

FSVマインツ05 スタメン

位置 背番号 選手名
GK 1 ロリス・カリウス
DF 7 ピエール・ベングトソン
DF 16 ステファン・ベル
DF 26 ニコ・ブンガート
MF 6 ダニー・ラツァ
MF 10 ユヌス・マリ
MF 14 ユリアン・バウムガルトリンガー
MF 18 ダニエル・ブロンシンスキ
MF 32 パブロ・デ・ブラシス
FW 9 武藤嘉紀
FW 17 ハイロ


トーマス・トゥヘルにとって、2009年から5年間指揮を執ったマインツは古巣。

ドルトムントの監督としてマインツのホーム、コファス・アレーナでの凱旋試合となった。


キックオフ直後は両者攻め合いが続き、前半5分には左からのクロスに巧く飛び出しボレーを打つが、GKブルキにセーブされる。

しばらくマインツがペースを握り、守備でボールを奪ってからの速攻を何本も仕掛け、ドルトムントのバイタルエリアまで攻め込む場面もあったが、得点はならず。

前半18分、逆にドルト、ムヒタリアンが高い位置からマインツのDFからのパスをカット。

ムヒタリアンからのパスを香川は巧くスルーし、右サイドを上がるオーバメヤンに繋ぎ、左サイドから詰めていたロイスがシュートを決め「ファンスティック4」が機能し、先制!

ボールを奪ってから攻撃に転じるスピードと、まさに流れる様な4人の動き、香川はボールには直接触れていないが、ドルトムントらしいパスワークで先制出来たことは大きい。

【スポンサーリンク】


ブンデスリーガ 9節 マインツ-ドルトムント ダイジェスト映像

www.goal.com



後半に入り、直後の2分にはペナルティエリアで、オーバメヤンが倒されPKを得る。

しかしロイスはPKを失敗し、ドルトムントに不安がよぎる。

流れは前半序盤同様マインツの時間帯になり、ボール支配率では上回る。

14分には、再び武藤がパスを受け、シュートを打つが、前半と同じ様な内容で、またもやキーパーに阻まれる。

18分には今度は香川が、ギンターからパスを貰い、飛び出した相手GKの頭を越す浮かせたシュートを放つも、ボールは枠の外へ。決定機を逃した。

依然ボール支配を続けるマインツだが、得点には至らず。

逆に後半37分、再びマインツのDFに香川とプレスを掛け、パスミスをカットしたオーバメヤンが左サイドから、中央へ走り込むムヒタリアンへパス。ムヒタリアンは、余裕を持ってGKをかわし追加点を得た。

結局、試合はこのまま2-0でドルトムントが4試合ぶりに勝ち点3を挙げた!



この試合で改めて香川真司の自身の役割の認識度と、活き活きしたプレーに日本代表での香川と比べるべくもない大きな差を感じた。

日本代表と香川については、稿を改めて書く予定だが、香川の動く範囲の自由度とその広さ、他の選手の活かし方、高い位置でのプレス、攻守の切り替えの速さ等々、挙げればキリがないほど、ドルトムントでは香川の良いところが出ており、翻って代表では香川は上手く機能しないことが多い。

この辺りは、ハリルホジッチが本田を中心にするのか?香川を中心にするのか?曖昧な状況で試合をしている現状も影響していると考えられる。

ドルトムントでは、ファンタスティック4のスピード感溢れる連携に助けられている面もあり、あのスピード感を日本代表に求めるのは酷な話だが、ドルトムントでの香川を見てしまうと、代表での活かし様はないものか?考えさせられるのだ。

そして、マインツに移籍した武藤も得点出来ず苦しんでいるが、パスの受け方とパスを受ける際の相手DFの交わし方、ボールを持ってからの突破力等、全体的に力強くなっており、いい意味での強引さも出ている。

香川も武藤も決定機を外し、地元マスコミの評価は低いが、スピード感のある攻撃をする両チームで、しっかり機能しており、代表戦での疲れを余り感じさせないプレーであった。

ドルトムントは4試合ぶりに勝利し、再びチームと香川はバイエルンを追走する体勢に入るために、負けられないゲームが続く。

マインツは、浮上のきっかけとはならなかったが、再三に渡りドルトムントを脅かした速攻は、今後勝利に結びついてくるはずだ。

そこで、必要なのは武藤のゴール。岡崎とは違ったタイプのFWとして、武藤もマインツでゴール量産体勢に入って貰いたい!

(ブンデス11節 マインツ・武藤はハットトリック達成!)
h-idayu.hateblo.jp
(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。