[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【動画】香川真司 3アシストでアウグスブルグに圧勝!アシストランキング3位に!メディアは最高評価!

最終更新:2015年10月27日 アシストランキング順位を訂正

ブンデスリーガ第10節、アウグスブルグ戦。ドルトムント・香川真司は3アシスト、4ゴールに絡む大活躍を魅せ、5-1の圧勝に貢献。ブンデスリーガ公式アシストランキングではリーガ3位に立った!メディアも香川のプレーに対し、軒並み最高点の評価で絶賛した。

22日(木)にはヨーロッパリーグで、FKガバラに3-1で完勝したばかりのドルトムント。中2日の強行日程をものともせず、降格圏内のアウグスブルグを終始圧倒し、首位バイエルンとの勝点差7を死守した。

【スポンサーリンク】




※訂正:香川真司のブンデスリーガ公式アシストランキングをトップと、お伝えしていましたが、アシスト数は「5」とカウントされ、今節、アシスト数「6」で首位に2名いるため、香川の順位は3位となっています。

第10節 ドルトムント アウグスブルグ戦 スタメン

Pos No 選手名 交代
GK 38 ロマン・ブルキ -
DF 15 マッツ・フメルス -
DF 25 ソクラティス・パパスタソプーロス -
DF 28 マティアス・ギンター -
DF 29 マルセル・シュメルツァー -
MF 6 スヴェン・ベンダー 後半31分 MFユリアン・ヴァイグル
MF 8 イルカイ・ギュンドアン -
MF 11 マルコ・ロイス 後半37分 FWアドリアン・ラモス
MF 23 香川真司 -
MF 27 ゴンサロ・カストロ 後半31分 MFアドナン・ヤヌザイ
FW 17 ピエール・エメリク・オーバメヤン -


ドルトムントは「ファンタスティック・フォー」の一画、太もも違和感のムヒタリアン、ヴァイグルが欠場。

しかし、相手は降格圏内のアウグスブルグで、舐めて掛かっていい訳ではないが、ウィークデーにはELをこなす上位チームにとっては、選手の体調管理も重要だ。


試合は序盤からドルトムントがボールを支配。

ドルトムントのゴールショーは前半18分、ギンター→カストロ→ギュンドアンでパスを繋ぎ合い、最後はオーバメヤンのゴールから始まった。

21分には香川が左サイドで相手DFを交わし、ゴールラインぎりぎりからの低いクロスにロイスが合わせ、2-0。

33分には、ギンターからパスを受け相手のバイタルまで持ち込んだ香川からのヒールパスを再びロイスが受け、これを決め3-0。

ハイレベルな香川のヒールパスと、ロイスとの見事なコンビネーションが生んだゴールだった。

前半は3-0でドルトムントがアウグスブルグを圧倒し、後半へ。

【スポンサーリンク】


第10節 ドルトムント アウグスブルグ戦 ハイライト映像

香川3アシストの活躍 オーバメヤン3発などでドルトムントが5-1の大勝 - Goal.com


後半開始直後の49分には、アウグスブルグのクロスに、ボバディージャが合わせ、失点を許し、1-3。

57分には、ギンターからのクロスに、フリーになった香川が合わせるもシュートはバーの上を越え、ゴールならず。

後半に入り、強行日程の疲れもあってか、少しずつ連携が上手く繋がらなくなり、ボールキープも出来なくなる。

ここで、すかさずトゥヘルが75分に、ベンダー、カストロ⇔ヤヌザイ、ヴァイグルと一気に2人交代。

更に82分に、ロイスを下げラモスを投入。

トゥヘルの思惑通り、流れの変わったドルトムントは、85分に香川がから左サイド、ラモスへラモスのシュート気味のボールにオーバメヤンがゴール前で押し込み、4-1。

91分には、ゴール前でパスを受けた香川が相手DF4人を引きつけ、フリーになった左サイドのオーバメヤンに優しいパスを出し、オーバメヤンは2試合連続ハットトリックとなるゴールで、5-1。


香川はフル出場。4得点に絡み、3アシストの大活躍で、チームの5-1の圧勝劇の立役者となった。

香川に対するメディアの評価

ドイツ紙『ビルト』最高評価の「1」「偉大なロイス&香川ショー」
地元紙『ルール・ナハリヒテン』最高評価「1」
『WAZ』「1.5」 「上質のパフォーマンス。フィールド上のあらゆる場所で、アウクスブルクには防ぎようのない仕事をこなした」


これで香川真司のアシスト数は通算5アシストとなり、ブンデスリーガ公式アシストランキングでも3位となった。

第10節 ブンデスリーガ公式アシストランキング

順位 アシスト数 プレーヤー チーム
1 6 ダグラス・コスタ バイエルン・ミュンヘン
1 6 ラファエル ボルシア・メンヘングラードバッハ
3 5 香川真司 ボルシア・ドルトムント
4 4 マティアス・ギンター ボルシア・ドルトムント
5 3 ピエール・エメリク・オーバメヤン ボルシア・ドルトムント
5 3 ヘンリク・ムヒタルヤン ボルシア・ドルトムント
5 3 清武弘嗣 ハノーファー

※以下 3アシスト他8名

現在、絶好調の香川。あとは自身のシュートの確実性を上げていくことが重要だ。

今回の試合でもフリーの状態からシュートをふかしてしまうシーンがあり、好機を活かせなかった。

再三チャンスを作る香川は、自ずといい位置に絡むため、パスだけではなく香川自身がゴールを決めていけば、より選択肢は増え、チームの勝利に繋がる。

首位バイエルンとの勝点差7を縮めていくには、より多くの確実性をもった引き出しが必要だ。

(香川真司 12節シャルケとのダービーマッチで7ゴール目!)
h-idayu.hateblo.jp

香川真司 公式戦6ゴール目!ドイツカップ DFBポカール vsパーダーボルン戦・動画

h-idayu.hateblo.jp

(ブンデス11節 マインツ・武藤はハットトリック達成!)
h-idayu.hateblo.jp

香川真司 2016カレンダー 壁掛け A2

香川真司 2016カレンダー 壁掛け A2

(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。