読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】岩田寛 「AT&Tペブルビーチプロアマ2016」全ラウンド、最終日TV放送、組合せ!

最終更新:2016年2月15日 最終日 岩田コメント追加
岩田寛出場PGAツアー「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ2016」全ラウンドの模様と岩田のコメント、最終日のテレビ中継、組合せ・ペアリング・スタート時刻も合せてお伝えします。

石川遼が故障で欠場する中、岩田寛はここまで初日「66」で12位T、2日目も「66」で首位Tまで順位を上げ、3日目は「69」の単独2位とし、最終日は、2打差で今大会通算4勝を誇るあのミケルソンとのペアリングで、優勝争いを繰り広げ「72」通算-14の4位Tで大会を終えました。

また、10位以内に入ったため、次戦「ノーザントラストオープン」にも出場出来、次戦後の優先出場権リシャッフルに向け、断然優位に立てる展開となってきました!

【スポンサーリンク】


【目次】




「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」は、予選3日間を「ペブルビーチゴルフリンクス」「スパイグラスヒルGC」「モントレーペニンシュラCC」の3コースをそれぞれラウンドし、最終日の決勝ラウンドは「ペブルビーチ」を使用。

また、通常のプロのストロークプレーと並行して、プロ1人とアマチュア1人がペアを組み、チーム対抗戦も行われる変則大会となっています。

石川遼が故障で欠場する中、そして東北福祉大の後輩、松山英樹が、ツアー2勝目を挙げる中、前述した通り優勝すれば文句無しでシード獲得、トップ10フィニッシュで、次戦「ノーザントラストオープン」の出場権を獲得出来るだけに、岩田にとって、重要な意味を持つ大会となります。

1日目・第1ラウンド モントレーペニンシュラCC

初日・スコアカード

f:id:h-idayu:20160214054627p:plain
f:id:h-idayu:20160214055444p:plain

前半、INスタートの10番PAR5で幸先良くバーディー奪取。続く2番でも伸ばして連続バーディー。

15番をボギーとするも、16番でバウンスバックバーディー奪取!2アンダーでハーフターン。

後半1番、2番を連続バーディーとし、4番ではボギーも6番、7番とこの日3度目の2連続バーディーでスコアを伸ばし、ホールアウト。

7バーディー、2ボギー「66」(PAR71)通算5アンダー、首位と3打差の12位Tで好スタートを切りました。

初日スタッツ

フェアウェイキープ率 92.31% (12/13)
パーオン率 77.78% (14/18)
PUTTS PER GIR 1.714

PUTTS PER GIR=パーオンした場合の平均パット数

この日はショットの安定感が抜群で、正確性重視の抑え気味なティーショットは、フェアウェイを1度しか外さない高い精度。スタート10番もイーグルチャンスに着けるも、3mのパットを外してしまった末のバーディー。

「スコアに対するショットの貢献度」「スコアに対するパットの貢献度」は、ペブルビーチGLでしか計測しないため、分からないのが残念なくらいの素晴らしい内容でした。

初日 ホールアウト後のコメント

(ショットが好調)「先々週よりは良くなったが、まだ不安はある。もうちょっとという感じ」

(パットに関しては?)「1番、2番はラッキーで、前半はあまり入ってる感じはしなかったが、後半はタッチがあってくれた」

(2日目に向けて)「練ランで楽しみは終わったので、まあ普通に回るだけですね」あとは「風次第」

(引用:ゴルフネットワーク GDO カッコ内著者編集)

初日 ハイライト映像


(映像:PGA公式HP)

2日目・第2ラウンド ペブルビーチ GL

2日目・スコアカード

f:id:h-idayu:20160214054713p:plain
f:id:h-idayu:20160214054736p:plain

2日目はOUTスタートの2番、4番でバーディー奪取。迎えた6番PAR5ではセカンドをピンそば3mに着け、イーグル奪取!更に7番、9番バーディーとし、前半だけでボギー無しの6アンダー、通算11アンダーでハーフターン。

後半は10番をバーディーも、11番、14番でボギー。16番でバーディー奪取も少し勢いは停滞。

この日は1イーグル6バーディー、2ボギーで、2日連続の「66」(PAR72)で、通算11アンダーでカン・スンホンと並び首位タイでホールアウト。

2日目スタッツ

フェアウェイキープ率 57.14% (8/14)
パーオン率 55.56% (10/18)
ショットの貢献度 2.082
パットの貢献度 4.918
PUTTS PER GIR 1.300

この日は、FWキープ率、パーオン率共に50%強とショットの精度は落ちるも、それをパッティングでカバーし「スコアに対するショットの貢献度」も2.082と高いのですが「パットの貢献度」の4.918という驚異的な数字が、ショットを補って余りあるものにしています。

初日はショットが良く、2日目はパッティングでカバーするという、非常に良い流れにも、持ち込めています。

2日目 ホールアウト後のコメント

「ショットの調子は全然良くなくて、ずっと不安のままやっていた。ノリでやった感じです」「情けないのと、我慢できたっていうのと両方です」「パットはタッチが合っていた」

(引用:GDO ゴルフネットワーク)

2日目 ハイライト映像


(映像:PGA公式HP)

【スポンサーリンク】


3日目・第3ラウンド スパイグラスヒルGC

3日目スコアカード

f:id:h-idayu:20160214074328p:plain
f:id:h-idayu:20160214074340p:plain


この日は、INスタート難易度の高い10番で、いきなりバンカーに入れてしまい、ボギー発進。しかし11番ですぐにバウンスバック。そして、14番PAR5、15番PAR3で連続バーディーとし、17番も獲り、まさにバーディーラッシュ。

前半は、フェアウェイキープ率も良く、ショットは安定し、2位に2打差をつけ、単独首位でハーフターン。

しかし、難しいホールが続く後半OUTに入ると、1番PAR5でショットの乱れからボギー。3番PAR3でバーディーとするも、続く4番でセカンドをネイティブエリアに打ち込んでしまい、ボギー。

難易度が低めで獲りたい17番PAR5は、ティーショットをフェアウェイバンカーに入れてしまい、ボギー。8番ではバーディーを取り返すも、後半はイーブン。

3日目は、6バーディー、3ボギー「69」(PAR72)通算14アンダーでホールアウトとなりました。(ホールアウト直後は2位)

3日目スタッツ

フェアウェイキープ率 71.43% (10/14)
パーオン率 55.56% (10/18)
PUTTS PER GIR 1.400

この日は、前半好調でティーショットを持ち直し、ボギーを叩いた後は、4バーディーで、単独首位に立つも、難易度の高い後半は、セカンド・アイアンショットが精彩を欠き、猛追してきたフィル・ミケルソンにかわされてしまいました。

濃霧で視界が悪かったことも影響したかもしれないですが、明日の最終日・決勝ラウンドまでに、弱冠の修正が必要になってきそうです。

試合前に肩の痛みを訴えていたことが、ショットに影響を与えているかもしれず、懸念材料でもあります。

松山に次ぐ、2週連続日本人選手優勝の快挙と、自身の今後のシード権のためにも、注目と期待の懸かる最終日となりそうです!

3日目 ホールアウト後のコメント

「また、ショットが(悪い)癖が出てきたというか…。難しい」(パッティングも)「後半はタッチが合わなかった」

(堂々の優勝争いだが)「ずっとショットのことを考えているので…」「あとは覚えたての英語を使いたくて、キャディとずっと使っていた」

(最終日に向けて)「ミケルソンは左利きだから、どっちに立てばいいかな…」

(引用:ゴルフネットワーク)

3日目 岩田寛 ハイライト映像


(映像:PGA公式HP)

最終日・第4ラウンド ペブルビーチGL

(速報動画 詳細版)
h-idayu.hateblo.jp

最終日 ホールアウト後のコメント

(4位Tという結果について)「悔しいというか、情けない。自分のヘタさ加減にあきれています」

(一時首位Tもあと一歩)「ショットがひどいので、しのぐことしかできなかった。12番から一度もパーオンできなかった」「当たらないんです」

(12番、14番のバンカーからのリカバリーは観衆も沸いた)「バンカーショットは、唯一やったといえるショット」

(テーラーが1打差首位で先にホールアウト 追う体勢も16番でボギー)「気持ちを切り替えて攻めようと思った」「今の調子じゃこんなもん」

(賞金3480万獲得、各ランキングも急上昇)「そういうんじゃないんですよね」「あーあ、なんのご褒美もないなあって思っていたんです。それで終わってアテストしていたら『来週出られるよ』って聞いて。そのことを忘れていました。嬉しかったのはそれだけです」

(その次戦ノーザントラストに向けて)「練習します。いつまでも調子が悪いって言っていられないので…」

(引用:GDO ()カッコ内著者編集)

最終日 TV中継・放送予定

日程 放送日 放送時間
最終日 2月14日(日) 2月15日(月) 午前6:00-午前6:49 102ch 午前6:49-(午前7:50) ※生放送
最終日 2月14日(日) 2月15日(月) 午後5:00-午後6:50 録画放送

※生放送は延長の可能性有り

※番組は変更される場合があります。必ず最新の番組表をご確認ください。

最終日 組合せ・ペアリング・スタート時刻

現地スタート プレーヤー 日本時間 2/15
#1 9:17 C.リービー/J.デイ 02:17
#1 9:28 R.カストロ/J.ブリクスト 02:28
#10 9:28 J.スピース/ダスティン・ジョンソン 02:39
#1 9:39 F.ヤコブソン/カン・スン 02:39
#1 9:50 P.ミケルソン/岩田寛 02:50

(岩田寛 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 最新情報、プロフィール、各大会速報、コメント、ランキング等まとめ)
h-idayu.hateblo.jp


(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp


h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。