読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】岩田寛 最終日4位T!「AT&Tペブルビーチプロアマ2016」

PGAツアー「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ2016」最終日。初優勝の期待が懸かった岩田寛は、4位Tでフィニッシュ!

最終日を2打差の単独2位で迎え、初優勝に加え、前週の松山に続く、2週連続日本人選手優勝も懸かったラウンドだが、3バーディー、3ボギーの「72」で、トータル14アンダー、4位Tで大会を終えることとなった。

【スポンサーリンク】




今大会、絶好調の岩田寛。3日間それぞれ違うコースを、いずれもアンダーパーで廻り、最終日をフィル・ミケルソンとのペアリングで最終組でラウンドする栄誉を得た。

自身初優勝と史上初2週連続日本人選手優勝も懸かる最終日の闘いは、現地9時50分にスタートした!

1番381YPAR4

右ラフからの残り148Yのセカンドショットは、ピン奥4.3mに着ける。
このバーディーパットはカップを僅かにオーバーし、パー発進

2番502YPAR5

左ラフから、残り233Yのセカンドは、グリーンをオーバー。残り12.5m。
ラフからの3打目アプローチは、かなりオーバーし、残り15.6m。
4打目パッティングで、残り1mまで寄せ、パーセーブ

3番390YPAR4

フェアウェイから残り94Yのセカンドは、ピン左奥8mへ。
ここは2パットで、パー

4番331YPAR4

フェアウェイ右からのセカンドは、グリーン手前のバンカーへ。残り10m。
3打目バンカーショットは、ピン1.8mまで寄せるも、このパーパットを外し、手痛いボギー。

このボギーで、トータル13アンダーに後退。同組ミケルソンもボギーで、2打差変わらず、2位T。

5番188YPAR3

ティーショットは、僅かにグリーンをオーバー。ラフから残り4.7m。
2打目は僅かに外れ、パー

6番513YPAR5

難易度18位だけに拾いたいホール!

フェアウェイ真ん中から、残り234Yセカンドは、ここもグリーンオーバー。残り7.9m。
3打目アプローチは、ピン手前1m弱まで寄せ、待望の今日初バーディー奪取!

このバーディーで再びトータル14アンダー、単独3位へ!

7番106YPAR3

ティーショットは、ピン右手前5.3mに着ける。
微妙な距離のバーディーパットだが、岩田、これをしっかり沈め、連続バーディー奪取!

岩田らしい見事な連続バーディーで、トータル15アンダー!これでブリクスト、ミケルソンと並び首位T!

約5mのバーディーパットを決め、見事連続バーディー奪取!映像


(映像:PGA公式HP)

8番418YPAR4

221Yティーショットは、左のラフへ。残り215Y。
セカンドは、ピン右3.8mへ着ける絶妙なショット!
このバーディーパットは僅かに届かず、パー

9番466YPAR4

前半上がり、気合いの320Yドライングは、右のファーストカットへ。残り159Y。
セカンドはピン右10mに着ける。
長いバーディーパットは、1m弱届かず、パー

前半は、2バーディー、1ボギー、トータル15アンダー。首位に1打差の単独3位でハーフターンとなった。

前半 スコアカード

f:id:h-idayu:20160215055001p:plain

前半序盤はショットが安定せず、我慢のゴルフとなり、ティーショットは安定せず、フェアウェイキープ率は42.86% (3/7)

パーオン率は高く77.78% (7/9)で、6番、7番の連続バーディーで勢い付いてきた!

サンデーバックナイン、岩田らしい爆発力に期待が懸かる!

【スポンサーリンク】


10番446YPAR4

フェアウェイから、残り142Yのセカンドは、ピン左4mに着ける。
しかし、このチャンスは外してしまい、パー

11番380YPAR4

ティーショットは、フェアウェイほぼ真ん中へ。残り126Y。
セカンドは、ピン奥からスピンを掛け、あと少しでチップインの素晴らしいショット!残り1.5m!
このパットはしっかり沈め、後半初バーディー奪取!

このバーディーで、トータル16アンダー!ここでミケルソンはボギーのため、岩田とブリクストが並び首位T。

絶妙なショットからバーディー奪取!映像


(映像:PGA公式HP)

12番202YPAR3

ティーショットは、グリーン左手前のバンカーに打ち込む。残り18m。
バンカーショットは、ピンそば1mに寄せるナイスリカバリーで、パーセーブ。

13番399YPAR4

フェアウェイ右サイドから残り136Yのセカンドは、グリーン左エッジ付近へ。残り10m。
3打目はピンそば1.4mまで寄せ、パー

ここでV.テイラーが通算17アンダーまで伸ばし、単独首位。岩田とミケルソンは通算16アンダー、2位Tで追う態勢。

14番573YPAR5

フェアウェイから残り344Yのセカンドは、左ラフへ。依然114Yを残す。
3打目アプローチは、グリーン左手前のバンカーへ。残り11m。
4打目バンカーショットは、ピンそば40cm程に着ける素晴らしいリカバリーで、パーセーブ

15番397YPAR4

フェアウェイほぼ真ん中からのセカンドは、グリーン手前。残り22m。
3打目アプローチは、あと少しでチップインの絶妙な寄せを魅せ、パー

ここで首位のテイラーは、通算17アンダーのままでホールアウト。

16番403YPAR4

首位テイラーとは1打差。優しいホールではないが、早めに17アンダーで並んでおきたい!

266Yのティーショットは、フェアウェイほぼ真ん中へ。残り135Y。
セカンドはグリーン右手前の深めのラフへ。ライは良くない。残り7m。
難しい3打目アプローチは、カップをオーバーし、2.7mを残す。
微妙な距離のパーパットは、僅かに外れ、ここに来ての痛恨のボギー

このボギーで、トータル15アンダー、首位との差を2ストロークに広げてしまった。

17番178YPAR3

前週の松山も、ここから奇跡的なプレーでプレーオフに持ち込んだ。狙うは連続バーディー!

ティーショットは、グリーン左手前のバンカーへ。残り12m。
バンカーショットは、ピンそば1.5mに寄せ、パー

18番543YPAR5


259Yのティーショットは、フェアウェイ右サイドも、2オン狙いなら目の前の木が邪魔な位置。残り268Y。
FWで低く出し、ランで2オンを狙うも、グリーンには届かず。残り35Y。
3打目アプローチもグリーン手前の花道へ。残り15m。ここで岩田の優勝の目は無くなった。
4打目は低いアプローチでスピンを掛け、ピンそば1.4mへ。
しかし、このパーパットを外してしまい、ボギーフィニッシュ


最終日の岩田は、3バーディー、3ボギーの「72」(PAR72)トータル14アンダーの4位Tでホールアウトした。

後半 スコアカード

f:id:h-idayu:20160215082756p:plain

ゐ太夫の寸評

大会が始まるまでは、肩の痛みで出場を危ぶまれたとは思えない4日間だった。

4日間、アマチュアも同伴する変則競技方式の中、最終日、最終組で優勝争いまで持って行った辺りは、素晴らしい。

結果、快挙達成はならずも、FedExカップランキングは141位→72位へジャンプアップ。

ここまで、不調が続いたが、いい流れになってきており、トップ10フィニッシュも果たし、次週の「ノーザントラストオープン」の出場権を得ることも出来た。

「ノーザントラスト」後に、入れ替えシード権のシャッフルがあるため、今後出場出来る大会が増えることも大きい。

次戦「ノーザントラストオープン」は、2勝目を果たしたばかりの後輩・松山も出場。

マキロイもいよいよ顔を連ね、フィールドは一気に厚くなるが、好調キープで、優先出場権と来季のためにも、FedExカップポイントを稼ぎたいところだ。

(次戦 岩田出場予定「ノーザントラストオープン」概要・TV放送予定)
h-idayu.hateblo.jp

(岩田寛 大躍進!世界ランキング他各ランキング 2/15更新)
h-idayu.hateblo.jp

(岩田寛 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。