[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

石川・岩田 初日組合せ・スタート時間、直前コメント「ゴルフ日本シリーズJTカップ2015」

石川遼、岩田寛出場「ゴルフ日本シリーズJTカップ2015」初日、1日目の全選手組合せ・ペアリング・スタート時間、大会直前コメントをお伝えします。

前日練習までの出場選手達のコメントから今年の「よみうりカントリークラブ」はラフが深く、グリーンが速く、かなり難しい様子。

「カシオワールドオープン」で突如、ショット、パット共に調子が崩れた石川にとっては、不安を抱えながらも初のメジャー制覇に挑みます!

【スポンサーリンク】





ゴルフ日本シリーズJTカップ2015 初日・1日目組合せ・ペアリング

スタート プレーヤー
1 10:00 1H 呉 阿順/M・ヘンドリー/稲森 佑貴
2 10:10 1H 近藤 共弘/H・W・リュー/宮本 勝昌
3 10:20 1H 今平 周吾/永野 竜太郎/石川 遼
4 10:30 1H 手嶋 多一/B・ケネディ/P・マークセン
5 10:40 1H 小田 孔明/武藤 俊憲/A・ブランド
6 10:50 1H 片岡 大育/金 亨成/岩田 寛
7 11:00 1H 宋 永漢/I・J・ジャン/李 京勲
8 11:10 1H 松村 道央/小平 智/黄 重坤
9 11:20 1H 谷原 秀人/片山 晋呉/藤本 佳則
10 11:30 1H 池田 勇太/宮里 優作/金 庚泰

※梁津萬の故障欠場により、稲森佑貴が繰り上がり出場となります。

昨季、今大会3度目の優勝を果たし、ディフェンディングチャンピオンとして臨む宮本勝昌は、近藤共弘とH・W・リューのペアリング。

前週の雪辱を期し、メジャー初優勝を遂げたい石川は、今平周吾、永野竜太郎組。

久しぶりの国内ツアー復帰で、PGAツアーでの浮上のきっかけを作りたい岩田寛は、片岡大育、金亨成とのラウンド。

そして最終組は、賞金王キム・キョンテ、2位の宮里優作、3位の池田勇太の3人となります。


※テレビ中継・放送予定はこちら
h-idayu.hateblo.jp

【スポンサーリンク】


石川遼 大会直前コメント

(大会制覇に向けて、現在の調子、コースの印象について)「今の状態ではちょっとダメ…」「グリーンが例年より速い。グリーンスピードが速いとカップを狙えるエリアが狭くなる。球をどこに載せるのか、アイアンの技術が大事になる」

(前週のショット悪化について)「自分のショットを信じ切れず、手応えを感じられていなかった。そのほんのちょっとの部分がOBに出た」「勝つために足りなかったのはショット。今週、それを改善すれば勝てると思うけど、今はその手応えを模索中」

「(先週は)4日間のうち、3日間は内容的にイマイチだったけど途中まで首位にいられた。それは逆に自信になった」

(前週悔しい2位で臨む今大会)「今週こそは!という気持ち」

(引用:GDO カッコ部分、著者編集)

岩田寛 大会直前コメント

(現在の調子について)「何か・・・何かが良くないんです」「アメリカに行く前から何だかしっくり来ていなかった」

(大会に向けて)「今週は何かきっかけをつかめたらいいです」

(引用:JGTO 公式HPより カッコ部分著者編集)

前年優勝 宮本勝昌 大会直前コメント

(コースの印象)「今までで一番グリーンが難しいんじゃないかな。ラフも長いし、いつものラフからフェアウェイに帰ってくる作戦は通じない」「ロースコアというか、ビックスコアにはならないんじゃないかな」

(カシオワールドは腰を痛め棄権)「金土日は、クラブを握らずまるまる休養しました。月曜あたりは少し腰の辺りがぴりぴりしたけど、昨日からはもう大丈夫でしたね」

(同じチーム芹沢の兄弟子で、宮本と同じく3勝を挙げている藤田寛之は10年連続出場で記録が途絶え、今大会は出場なし)「4勝目を目指すのは、僕が先にいけますね」

(大会に向けて)「この大会に出場できることが何よりも嬉しい」「自分が楽しみたい感じがある」

(引用:JGTO 公式HPより カッコ部分著者編集)



大会初日、12月3日(木)の現地の天気は、昼頃まで雨の予報となっています。

寒い中での雨。余りコンディション良くない中でのプレーとなりそうです。

高速グリーンは、ショットでは止まる様になりますが、パッティングの微調整が必要。

深いラフは、水を含んでいるため、どれだけフェアウェイキープ率を上げられるか?

ティーショットの飛距離も落ちることが予想され、全体的なコースマネジメント力が試される1日となりそうです。

石川は「カシオワールド」でのティーショットの不調が尾を引けば、難しいゴルフを強いられそうな反面、前週序盤のパッティングの調子が戻れば、上位フィニッシュ、メジャー初制覇の可能性も上がります。

岩田に関しては、PGAツアーデビューから調子が上がってこない状態が続いているため、久しぶりの国内ツアーで、上昇のきっかけを掴みたいところです。

石川も岩田も、来年の海外メジャー出場権のために、世界ランキングのポイントも稼ぎたいところでもあります。

PGAの舞台を踏んでいる2人にとって、むしろ深いラフは追い風になるはずで、ラフからのショットは2人の見せ場とも言えます。

そして、今回、藤田寛之は出場出来ませんでしたが、チーム芹沢の2人は、今大会を得意としており、ディフェンディングチャンピオン宮本勝昌には、兄貴分不在の中、自身の連覇と大会4勝目を懸けての戦いとなります。

国内ツアー最終戦、選ばれし30人の選手が、メジャー大会「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で、どういうゴルフを魅せてくれるか?注目が集まります。

(初日の石川、岩田の模様、順位表、2日目の組合せ・スタート時間)
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp
(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp
(岩田寛 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp
(PGA 2015-16 ツアースケジュール・日程)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。