読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 初戦1ダウンで敗れる波乱!「WGC-デルマッチプレー2016」1日目

最終更新:2016年3月24日 動画追加
「WGC-デルマッチプレー2016」初日、予選1ラウンドの松山英樹の模様をお伝えします!

予選グループステージ、初戦の相手は世界ランク52位の、ラファ・カブレラ・ベロ。グループステージの3人では一番ランキングが低く、絶対に落とせない対戦。

しかし、松山は前半序盤からリードを許し、後半3連続を含む4ホールを取り、オールスクエアまで戻すも、17番を獲られ、ベロの1アップ、松山の1ダウンで、松山は初戦を落としてしまった。

【スポンサーリンク】


「オースティンCC」の特色はフロントナインは、アンジュレーションに富んだ丘陵地をラウンドし、バックナインは、コロラド川、オースティン湖の自然と活かしたクリーク、池を配したフラットなホールが続き、全く違うコースをラウンドする様なコースで、戦略性が求められる。

ラファ・カブレラ・ベロは、ショットでスコアを稼ぎ、パットは余り得意ではなく松山と似たタイプだけに、面白い勝負になりそうだ。

1番393YPAR4


スタートホールは、松山、ベロともに、2オン2パットのハーブ。

2番446YPAR4

松山はセカンドでグリーンを外してしまうが、ベロはピン9mに2オン。

松山は3打目アプローチを、ピン3.4mに着けるも、パーパットを外し、ボギー。

ベロは、2オン2パットのパー。

ここで、ベロの1UPリード。

3番440YPAR4

セカンドは松山がピン5.5m、ベロが5.8mとほぼ同じ距離に着ける。

バーディパットは互いに僅かに外し、パーでハーブ。

4番165YPAR3

松山のティーショットは、ピン右1.6mに着けるスーパーショット!

ベロも負けじと、ピンまで2.3mに着け、バーディパットを沈め、バーディ奪取。

松山は1.6mのバーディパットを外してしまい、パーで、ベロが2UPのリード。

5番370YPAR4

松山はティーショットを左に曲げ、ラフからのセカンドは2オン出来ず、3打目でピン3.8mに着ける。

ベロはセカンドショットをピン1.5mに着けるも、バーディパットを外し、パー。

松山はパーパットを沈め、3オン1パットのパーでピンチを凌ぎ、このホールはハーブ。

6番597YPAR5

ここは互いに2オン2パットのバーディで、ハーブ。

7番198YPAR3

松山は1オン。ベロはグリーンを外し、2オン。

しかし松山は距離を残し、2パットでパー。

ベロは、セカンドを1.8mまで寄せ、パーセーブで、ハーブ。

8番486YPAR4

ここは互いにセカンドでグリーンを外すが、3打目アプローチで、互いに10~20cmに寄せる絶妙なショットを魅せ、パーでハーブ

9番476YPAR4

松山はFWから、残り186Yのセカンドをグリーン左崖下に打ち込んでしまい、痛恨のウォーターハザードで、ボギー。

ベロは2オン2パットのパーで、松山の3ダウンでハーフターンとなった。

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20160324074918p:plain


【スポンサーリンク】


10番393YPAR4

ベロはセカンドをグリーン左ラフへ打ち込み、3打目はショート。結局4オン1パットでボギー。

松山はラフからのセカンドを、ピン手前5.7mに着け、2パットでパー。

後半スタートホールを松山が取り、松山の2ダウンとする!

11番192YPAR3

松山のティーショットは1オンも、ピンまで13mを残し、2パットでパー。

ベロはピン1.5mに着けるベタピンショットを魅せ、バーディ奪取で。

再びベロの3アップとなる。

12番573YPAR5

松山のティーショットは風にも乗り、何と367Yのビッグドライブ。しかしセカンドはグリーンを外し、3オン2パットのパー。

ベロは、セカンドアプローチを逆側の池に入れてしまい、ウォーターハザードで、ボギー。

ここで松山が取り返し、再び松山の2ダウンとする!

13番317YPAR4

松山のセカンドは、ピンそば1.4mに着ける絶妙なショットで、バーディ奪取!

ベロはセカンドを寄せきれず、パー。

松山が2ホール連取し、松山の1ダウンまで縮める!

14番509YPAR4

松山のセカンドは、ピン4.9mに着ける。微妙な距離のバーディパットは僅かに外れるもパー。

ベロは、2オン出来ず、3オン2パットでボギー。

これで松山の3ホール連取となり、AS、オールスクエアとなった!

15番440YPAR4

ここは互いに2オン2パットでハーブ。

16番570YPAR5

このホールは、互いに3打目をベタピンショットとし、両者バーディで、ハーブ。

17番145YPAR3

松山のティーショットはグリーン右ラフへ外れ、セカンドはピン2.6mに着けパーセーブ。

ベロはピン右のエッジ5.3mに着け、これを沈め、バーディ奪取。

ここで、松山は再びリードを許し、松山の1ダウンとしてしまう。

18番363YPAR4

松山のセカンドショットは、グリーン奥に打ち込んでしまい、3打目アプローチはあと僅かでチップインも外れ、パー。

ベロは、2オン2パットのパー。

最終ホールを分けたため、ベロの1アップで、ベロが勝利!松山は初戦を僅差で落としてしまい、痛い1敗を喫した。

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20160324091617p:plain

松山英樹 初日ハイライト映像


(映像:ゴルフネットワーク)

ゐ太夫の寸評

この日の松山のフェアウェイキープ率は50%(7/14)パーオン率は61.11%(11/18)と、ショットの精度は低迷。

ミスショット、トラブルショットでスコアを落とし、チャンスに着けた短いパッティングを外すシーンも何度かあり、普段以上にショットが決まらない中、パットも噛み合わない厳しい展開。

対戦相手のベロもミスをしているものの、松山も何度かお付き合いしてしまい、AS(オールスクエア)に戻すのが精一杯の内容。

ショックの大きい、まさかの格下相手の敗戦となってしまった。

同グループの強敵、ケビン・キスナーは2&1で、ソレン・ケルドセンに勝利。そして明日は、キスナーとベロの1勝同士の対戦。

明日、松山がケルドセンと引き分けでも決勝進出は厳しく、マッチプレーで初戦を獲れなかったことは、本当に痛い。

加えて、このまま敗退してしまうと、1週間のオープンウィークを挟んで「マスターズ」に臨むため、実戦での修正が出来ないまま、心理的にも、もやもやを抱えて臨むことになってしまう。

元来スロースターターの松山にとって、初体験のコースで、初日から飛ばして行くことは、なかなか難しい点もあり、この性向はマッチプレーには不利な点でもある。

この辺りが、マッチプレーの怖さで、醍醐味でもあるが、明日は絶対に負けられないラウンドだ!

(松山英樹 2日目は4&2で勝利!速報動画)
h-idayu.hateblo.jp

(WGC-デルマッチプレー2016 TV放送、結果速報、ルール、組合せ、概要)
h-idayu.hateblo.jp

デル株式会社

(マスターズ 出場資格・歴史・歴代優勝者・記録・概要)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(PGA 2016 ツアースケジュール・日程)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(岩田寛 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(国内女子ゴルフはこちら)
www.golfdayu.net

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。