[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 前半快調も後半スコア崩し+1 75T!「全英オープンゴルフ2016」初日

最終更新:2016年7月16日
松山英樹、今季メジャー3戦目「第145回全英オープン2016」1日目・1ラウンドの模様をご紹介。

ここまでショットの不安でスランプに陥りかけた松山。ブリヂストン招待で復調気配を魅せたものの、その真価が問われる重要な全英オープン初日。マキロイとバッバ・ワトソンとのペアリングは主催者側の期待の表れでもある。

注目の松山の全英初日は、前半バーディを先行させ、快調なゴルフも、短いパットを外しスコアを伸ばしきれず、後半に入り3ボギー。第1ラウンドは、3バーディ4ボギーの「72」(Par71)通算1オーバー、75位Tでホールアウトした。

【スポンサーリンク】



松山英樹の1R、2Rは、ロリー・マキロイとバッバ・ワトソンとの目玉ペアリング。

バッバとは、ブリヂストン招待でも2日間を共にラウンドしたばかり。

復活の真価の問われる初日・1Rは、飛ばし屋2人との組合せとなったが、自分のゴルフに徹したい!

1H367YPar4

330Yのビッグドライブは、グリーン手前残り35YFW地点まで運ぶ。
セカンドアプローチは、ピン手前1.5mに着け、幸先良くバーディ発進!

2H390YPar4

FW中央からのセカンドは、グリーン左のポットバンカーへ。
ピンが近く難しいバンカーショットだが、ピン奥1.5mに着けるリカバリーで、ナイスパーセーブ!

3H377YPar4

FW左サイドから残り155Yのセカンドは、ピン奥7mへ。
長めのバーディパットは僅かに外れ、パー。

4H555YPar5

FW左サイドから、残り280Yのセカンドをアイアンで打ち、ピン手前8mに見事2オン!
イーグルパットは外すも、タップインバーディ奪取!

5H209YPar3

ティーショットは、グリーン左奥エッジへこぼれる。
13.7mのバーディパットは、2mを残し、このパーパットも外してしまい、手痛いボギー。

6H601YPar5

セカンドをグリーン左のポットバンカーへ。
2番に続く、深いバンカーショットは、ピンそば1mに着けるナイスリカバリー。
しかし、この短いバーディパットを外してしまい、パー。

7H401YPar4

FW中央から残り157Yのセカンドは、ピン左3mに着ける。
松山、このバーディパットも外してしまい、パー。

8H123YPar3

全英オープンで一番距離の短いPar3名物ホール!

ティーショットは、ピン手前8mに着ける。
ここは2パットを要し、パー。

9H422YPar4

FWセンターから残り175Yのセカンドは、ピン奥2.5mへ。
松山、ここはしっかり沈め、前半折り返しでバーディ奪取!

前半の松山は、3バーディ1ボギーの2アンダー、10位前後でハーフターン。

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20160715033136j:plain

【スポンサーリンク】


10H451YPar4

ティーショットはFW右をキープするも、残り190Yセカンドはグリーン右斜面下へ。
3打目アプローチは、ピン手前4mへ。ここから2パットを要し、後半はボギースタート。

11H482YPar4

難易度1位ホール!

FW右サイドから残り190Yのセカンドは、ピン奥3mへ。
しかしバーディパットは外れ、パー。

12H430YPar4

FW右サイドから残り140Yのセカンドは、ピン手前7mに着ける。
上って下るバーディパットは外れ、パー。

13H473YPar4

FW真ん中から残り170Yのセカンドは、グリーン奥へオーバー。残り10Y。
ロブショット気味に打った3打目はピン奥3mへ。
このパーパットを外し、ボギーとしてしまう。

14H178YPar3

ティーショットはピン右5mに着ける。
このバーディパットも外れ、パー。

15H 499YPar4

ティーショットはFW左のバンカーへ。
2打目はFWに出し、残り190Yの3打目はピン左5mに着ける。
松山、このパットは沈め、ナイスパーセーブ!

16H 554YPar5

ティーショットはクリーク手前へレイアップ。
残り290Yのセカンドは、グリーン手前のポットバンカーへ。依然35Yを残す。
バンカーショット好調の松山は、ここでもピン手前6mに着け、バーディならずも、パーセーブ!

17H 220YPar3

ティーショットは、大きく左へ引っ掛け気味になり、ブッシュへ。
残り30Yのセカンドは、グリーン逆側へこぼれ、残り10Y。
3打目アプローチは、ピンまで2mに寄せ、1パットのボギーとしてしまう。

後半バーディ無しで、ここでついに1オーバーとなる。

18H 458YPar4

FW右サイドから残り170Yのセカンドは、ピン奥6mに着ける。
長めのバーディパットは、カップに蹴られ、今日一日を象徴する様なシーンとなり、パーフィニッシュ。

初日の松山は、3バーディ4ボギーの「72」(Par71)通算1オーバー、75位Tでホールアウトした!

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20160715041700j:plain

松山他、全英オープン動画リンク

動画|TheOpen~全英オープン 2016~【日本公式サイト】

(リンク先:全英オープン 日本公式サイト)

ゐ太夫の寸評

ショットの不調が続いていた松山。

ブリヂストン招待の最終日に改善されたものの、不安の残る「全英」初日。

そのショットは、フェアウェイキープ率92.9%(13/14)、パーオン率72.2%(13/18)で、全体の2位T、23位Tといずれも高い数値を残した。

ただ、前半から1m~3mのチャンスパットを外しており、パッティングに不安を抱えたまま臨んだ10番では、残り4mを2パットでボギーと、パットが足を引っ張ってしまった。

前半は抜群の精度のショットを連発していたが、後半に入ると前半ほどは寄らなくなり、パッティングでカバー出来ないだけに、3ボギー。

ショットの不安が無くなったことは、プラス材料だが、明日以降会場の「ロイヤルトゥルーン」の風が強くなることも予想され、パッティングの修正が急務であることは間違いない。

もうひとつのプラス材料は、名物のポットバンカーからのリカバリーがかなり冴えていること。

アゴぎりぎりまで寄ってしまう怖さはあるが、グリーンオーバーし、深いラフやブッシュからのショットよりも、信頼性は高く、明日以降も武器になりそうだ。

現在の順位では、予選カットの可能性もあり、まずは安全圏。そこから上位を追いかけたい!

(全英オープン2016 TV放送・組合せ・スタート時間・各日速報・賞金・コース・概要)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 全米に続き「全英」も無念の予選落ち!2日目速報)
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。