読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 2日目は我慢のゴルフで「70」通算3アンダー!「ドイツバンク選手権2016」

最終更新:2016年9月5日
プレーオフシリーズ第2戦「ドイツバンクチャンピオンシップ2016」2日目・2ラウンドの松山英樹の模様をご紹介!

初日はショットの精度が上がるも、結果チャンスパットを外し、2日目を通算2アンダーからスタートする松山。ショットの精度を維持したまま、フィーリングが合いだしたパットで、スコアを伸ばせるか?に注目が集まった。

2日目の松山は、序盤に連続ボギーはあったものの我慢のゴルフに徹し、3バーディ、2ボギーの「70」(Par71)の通算3アンダー、46位Tでホールアウトした!

【スポンサーリンク】



2日目も初日と同じく、ディフェンディングチャンピオン、リッキー・ファウラーとウィリアム・マクガートとのペアリングで、INから、現地8:51と早い時間帯のスタート。

10H 425YPar4

FW左から、残り144Yのセカンドは、ピン左奥4.8mに着ける。
微妙な距離のバーディパットは外れ、パー発進!

11H 231YPar3

ティーショットは、ピン右4.7mに着ける。
10番とほぼ同じ微妙な距離のバーディパットは、僅かに外れ、パー。

12H 461YPar4

FW左サイドから、ピン左5.1mに2オン。
3連続でほぼ同じ微妙な距離のバーディパットは外し、90cmのパーパットも外してしまい、ボギーとしてしまう。

13H 451YPar4

ここはセカンドショットを、グリーン右手前のバンカーへ。残り13Y。
3打目バンカーショットは、ピン奥3mに着ける。
ここもパーパットを外してしまい、痛恨の連続ボギーを叩いてしまう。

短いパットが決まらない連続ボギーで、通算イーブンパーに戻す。

14H 495YPar4

このホールは2オンも、ピンまで23mと距離があり、2パットでパー。

15H 421YPar4

FW右サイドからのセカンドは、ピン左4.3mに着ける。
ここもバーディパットは外し、パー。

16H 187YPar3

ティーショットは、1オンならず、グリーン右ラフへ。残り8Y。
セカンドアプローチは、ピンそば60cmまで寄せ、ナイスパーセーブ!

17H 412YPar4

FW左サイドから、残り136Yのセカンドは、グリーン手前側のエッジへ。残り6m。
3打目はカップをオーバーするが、返しを沈め、パーセーブ。

18H 530YPar5

難易度18位ホール

276Yのティーショットは、左サイドファーストカットへ。残り269Y。
セカンドはレイアップし、残り103Y地点へ。
3打目アプローチは、ピン手前5mに着ける!
松山、残り5mの微妙な距離のパットを沈め、前半上がりで初バーディ奪取!

前半は、1バーディ、2ボギー。通算1アンダー、45位Tでハーフターンとなった。

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20160904001005j:plain

【スポンサーリンク】


1H365YPar4

左FWから、残り125Yのセカンドは、ピン右4.9mに着ける。
バーディパットは僅かに外れ、パー。

2H542YPar5

FW右サイドから、残り244Yのセカンドはレイアップし、池越えグリーン手前のFWへ。残り96Y。
3打目池越えアプローチは、ピン手前3.4mに着けるスーパーショット!
松山、このパットを沈め、価値あるバーディ奪取!

このバーディで、通算2アンダーに戻し、39位Tへ!

3H208YPar3

ティーショットは、ピン右奥8mに着ける。
長めのバーディパットは外れ、パー。

4H353YPar4

1オンも狙えるミドル

今日も1オン狙いのティーショットだが、グリーン左のバンカーとの部分のラフへ。
非常に打ちにくい2打目はチョロになってしまい、4mほど近付くも、依然ラフ。
3打目はピン左2.3mに着け、ここは大叩きのピンチをナイスパーセーブ!

5H466YPar4

FWほぼ中央から、残り187Yのセカンドは、ピン右4.7mに着ける。
微妙な距離のバーディパットは外れ、パー。

6H465YPar4

ここはセカンドを寄せきれず、グリーン右手前側のエッジへ。残り13m。
3打目はカップまで1.1mに寄せ、パー。

7H600YPar5

FW左サイドから残り297Yのセカンドは、レイアップ。残り62Y地点FWへ。
3打目アプローチは、ピンそば1mに着けるスーパーショット!
松山、ここは沈め、3個目のバーディ奪取!

このバーディで、通算3アンダー、29位Tグループへ!

8H213YPar3

ティーショットは、グリーン左のバンカーへ。残り14Y。
セカンドバンカーショットは、ピン手前1.5mまで寄せ、パーセーブ。

9H472YPar4

FW右サイドから、残り192Yのセカンドは、グリーン奥へ僅かにこぼれ、残り7.7m。
3打目は僅か30cm外れ、バーディはならず、タップインパーでフィニッシュ。

2日目の松山は、3バーディ、2ボギーの「70」(Par71)の通算3アンダー、46位Tでホールアウトした!

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20160904023056j:plain

ゐ太夫の寸評

スタート2ホールで、ほぼ同じ微妙な距離のバーディパットを外し、12番では90cm、13番では3mのパーパットを外しての連続ボギー。

ここから初日は精度が高かったショットもグリーンを外す場面が増えだし、苦しい展開。

パーオン率は、初日の94.44%(17/18)→55.56%(10/18)と急降下。

ショットの貢献度(SG:TEE TO GREEN)は-0.079と、これも初日の3.171から急落した。

ティーショットでは、フェアウェイキープ率は78.57%(11/14)とスタッツでは上がったものの、初日の方が良かった印象だ。

パッティングに関しても、おそらく松山本人も昨日の方がいい感触があったはずだ。

何度か崩れそうな場面があったが、特に後半は、パーセーブで凌ぐ我慢のゴルフに徹することが出来た。

明日の3日目ムービングデーでスコアを伸ばし、全米プロ→ウィンダム選手権と連続のTOP5フィニッシュを決めていた頃の、強い松山のゴルフに期待したい!

(松山英樹「ドイツバンク選手権」3日目 2度の連続バーディで「67」通算7アンダー!最終日上位争いへ!)
www.idayu.jp

(ドイツバンク選手権2016 TV放送・組合せ・ペアリング・ルール・戦績・概要)
www.idayu.jp
www.idayu.jp
www.idayu.jp

(松山英樹 今後のスケジュール・出場予定)
www.idayu.jp
www.idayu.jp

(石川遼関連記事)
www.idayu.jp
www.idayu.jp

(松山英樹 各最新ランキング・プロフィール)
www.idayu.jp
(松山英樹 スイング動画 クラブセッティング)
www.idayu.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。