[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 最終日はショット乱れ24位Tフィニッシュ!「BMW選手権2016」

プレーオフシリーズ第3戦「BMWチャンピオンシップ2016」4日目・第4ラウンドの松山英樹の模様をご紹介!

最終日を9位Tで迎える松山。既に30人のみのプレーオフ最終戦「ツアー選手権」出場権は獲得しているが、少しでも上位で、出来れば最終戦優勝でそのまま年間王者となれる5位以上まで入りたいところだ!

最終日の松山は、3日目の好調なショットを維持出来ず、後半にダボも叩き、3バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「74」初のオーバーパーとし、通算6アンダー、24位Tでホールアウト。FedExカップランキングは17位で最終戦に臨むことになった。

【スポンサーリンク】


最終日は、1ウェイ2サムでのプレーとなり、松山英樹はラッセル・ノックスとのペアリングで、現地13:00にスタートした!

1H 358YPar4

FW左サイドから、残り122Yのセカンドは、ピン手前3.9mに着ける。
このバーディパットは外れ、パー発進。

2H 442YPar4

セカンドショットを寄せきれず、2オン2パットのパー。

3H 205YPar3

ティーショットは、ピン左側のグリーンエッジへ。残り3.6m。
2打目はカップを僅かにオーバーし、パー。

4H 483YPar4

左ラフから、残り204Yのセカンドは、グリーン左奥のバンカーへ。残り11Y。
3打目バンカーショットは、グリーン手前の傾斜に当ててしまい、エッジで止まる。残り5.5m。
パーパットは僅かに外してしまい、ボギー。

5H 621YPar5

レイアップし、3打目でピン右6.4mに着けるも、2パットでパー。

6H 201YPar3

ティーショットは、ピン奥グリーンエッジへ。残り8.2m。
ここも2パットでパー。

7H 454YPar4

FW右サイドから、残り154Yのセカンドは、グリーン手前の傾斜から戻され、花道へ。残り22Y。
3打目アプローチも危うく傾斜に当てそうになるが、何とか3オン。ピン手前5.4m。
パーパットは僅かに外れ、ボギー。

8H 456YPar4

FW右サイドから、残り156Yのセカンドは、ピン手前7mに着ける。
長めのバーディパットはカップを1.2mオーバーし、返しのパーパットも外れ、痛恨の連続ボギー。

2オン、3パットで、手痛い連続ボギーとし、通算5アンダーまでスコアを落とす。

9H 530YPar5

FW左サイドのバンカーから、残り231Yのセカンドは、グリーン手前残り70YFWへ。
3打目アプローチは、グリーン左手前のバンカーへ。残り18Y。
4打目バンカーショットは、強めに出るもピンに当たり、そのままカップインし、初バーディ奪取!

(動画)松山 9番 4打目バンカーショットはそのままチップインし、バーディ奪取!


(映像:PGA公式HP)

前半は1バーディ、3ボギー、通算6アンダーの25位Tでハーフターン。

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20160912062516j:plain

【スポンサーリンク】


10H 445YPar4

FW左サイドから、残り164Yのセカンドは、ピン手前7.5mに着ける。
松山、長めのバーディパットを沈め、連続バーディ奪取!

11H 595YPar5

左サイドFWから、残り280Yのセカンドは、ピン左16.7mに見事に2オン!
長いイーグルパットは、カップを2.7mオーバーするが、返しのパットを決め、3連続バーディ奪取!

見事な3連続バーディで、通算8アンダーとスタート時まで戻し、16位Tへ!

12H 424YPar4

ここはセカンドを寄せきれず、2オン2パットのパー。

13H 194YPar3

ティーショットはピン奥4mに着けるも、バーディパットは決まらず、パー。

14H 497YPar4

セカンドショットはピン左奥グリーンエッジへ。
残り7.4mと距離があり、ここもパー。

15H 523YPar5

セカンドショットはグリーン右のラフへ。残り32Y。
3打目アプローチは、グリーン反対側のFWまで打ち込み、21Yを残す。
4打目アプローチは、ピン奥2mに着けるが、ここから3パットを叩いてしまい、痛恨のダブルボギー。

4オン、3パットのダボで、通算6アンダー、25位Tまで順位を落とす。

難しい16番から18番は、いずれも寄せきれずパーでフィニッシュ。

最終日の松山は、3バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「74」通算6アンダー、24位Tでホールアウトした。

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20160912064226j:plain

ゐ太夫の寸評

3日目の精度の高いショットを維持出来ず、苦しい最終日となった。

フェアウェイキープ率は、78.57%(11/14)だが、パーオン率は、50.00%(9/18)で4日間で一番低い数値。

ショットの貢献度(SG:TEE TO GREEN)は-0.566とマイナス圏で、ここまでショットをフォロー出来ていたパッティングでも貢献度は、-2.517と4日間で最低値。

前半からボギー先行で苦しい展開から、9番のチップインをきっかけに3連続バーディでスコアを戻したが、再びショット、パットとも噛み合わない状態で順位を落とした。

ただ、4日間トータルで考えると、パッティングでスコアメイク出来るなったことは、大きな収穫で、背中の張りや度重なるサスペンデッドがあったことを考えると、よく善戦した大会だった。

3年連続の出場となるプレーオフ最終戦「ツアー選手権」は、中1週を空けての開催。

ここまで4連戦と体を酷使してきたが、このオープンウィークはコンディションを整え、最終戦での上位争い、優勝争いに期待したい!

(松山英樹 今後のスケジュール・出場予定)
www.idayu.jp

(BMW選手権2016 TV放送・組合せ・ペアリング・ルール・戦績・概要!)
www.idayu.jp

(石川遼関連記事)
www.idayu.jp
www.idayu.jp

(松山英樹 各最新ランキング・プロフィール)
www.idayu.jp
(松山英樹 スイング動画 クラブセッティング)
www.idayu.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。