[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【動画】松山は3位Tで2週連続優勝争いへ!石川はスコア伸ばすも15位T「CIMBクラシック2016」2日目 全体ハイライト

最終更新:2016年10月22日
CIMBクラシック2016 2日目・2ラウンドの松山英樹、石川遼のプレーの模様、コメント、全体ハイライト・リーダーボードをご紹介します!

2日目はCIMB恒例のバーディ合戦となり、昨季覇者のJ.トーマスが通算-14まで伸ばし首位。松山英樹はボギー無しの「64」通算-11までスコアを伸ばし、首位に2打差の3位Tで2週連続優勝争いに入ります!

一方の石川遼は、ショットが乱れ、この日は「68」通算-7。スコアを伸ばすも周囲はもっと伸ばしており、15位T。明日以降のチャージで上位フィニッシュを狙います!

【スポンサーリンク】


【目次】

CIMBクラシック2016 2日目

2日目・2Rリーダーボード

順位 通算 プレーヤー 合計 1R 2R
1 -14 J.トーマス 130 64 66
2 -12 A.ラヒリ 132 66 66
3 -11 R.ノックス 133 70 63
3 -11 J.ハーン 133 69 64
3 -11 松山英樹 133 69 64
6 -10 M.リーシュマン 134 69 65
6 -10 D.ファサワー 134 64 70
8 -8 B.スティール 136 67 69
8 -8 K.ブラッドリー 136 64 72
8 -8 Z.ブレア 136 70 66
8 -8 キム・シウー 136 70 66
8 -8 R.ムーア 136 71 65
8 -8 S.ピアシー 136 68 68
8 -8 R.カブレラベロー 136 69 67
15 -7 C.ハウエルIII 137 68 69
15 -7 P.ケーシー 137 65 72
15 -7 石川遼 137 69 68
19 -6 K.キスナー 138 68 70
24 -5 A.スコット 139 70 69
24 -5 K.ナ 139 70 69
34 -4 I.ポールター 140 71 69
40 -3 P.リード 141 68 73

(動画)CIMBクラシック2016 2日目 全体ハイライト


(映像:PGA YouTube公式アカウント)

PGAツアー開催コース(Par72)の「難易度の低いランキング」で、3番目に入る「TPCクアラルンプール」

そのため、例年バーディ合戦が繰り広げられ、20アンダー前後が優勝スコアとなるため、出遅れ禁物でもあるCIMBクラシック。

2日目は、まさにバーディラッシュの応酬となり、ディフェンディングチャンピオンのジャスティン・トーマスが「66」通算14アンダーまで伸ばし単独首位!

アジアンツアー、インドのホープ、アニルバン・ラヒリが初日から「66」「66」と安定して高いスコアを出し、通算12アンダーの単独2位。

そして、我らが松山英樹は、初日、ダボもあり出遅れ気味の「69」からこの日はイーグルも記録し、1イーグル6バーディ(ボギー無し)「64」首位と3打差通算11アンダーの3位Tグループまでジャンプアップしています。

同じく3位Tには、ラッセル・ノックスとジェームズ・ハーンが並ぶ展開。

石川遼は、6バーディ、2ボギーの「68」通算7アンダーのスコアも、15位Tとなっています。

また、日本オープンで、松山、石川と予選ラウンドを廻るも予選カットとなってしまったアダム・スコットは、パットの不調が続き、通算6アンダーの24位Tに入っています。

【スポンサーリンク】


石川遼 2日目のプレー

スコアカード

f:id:h-idayu:20161021180028p:plain
f:id:h-idayu:20161021180040p:plain

公傷制度・メディカルエクステンションを受けてのツアー復帰となっている石川遼は、シード確定のため、残り399ポイントのFedExポイントが必要とされています。

そのため、復帰初戦から上位フィッシュし、早い段階で条件をクリアしたいところです。

その大事な復帰緒戦の2日目。

石川のショットは依然安定せず苦しい展開が続く中、フロントナインは4バーディとスコアを伸ばしてハーフターン。

バックナインに入った直後の10番Par5では、ティーショットが大きく右に曲がり、10番と隣の9番の間の大きな池へ向かい、誰もが池ポチャと思ったボールは、何と隣の9番ホール、ラフまで飛ぶ珍プレー。

2打目はさっきまで廻っていた9番から打ち、10番のFWに出す形。約180Yを残した3打目は、ピン左約5mに3オン。バーディパットは決まらずも、まさかのパーセーブで難を逃れました。

この後もショットは、かなり不安定なままで、12番のセカンドショットはグリーンのある右方向ではなく、左方向へ大きく曲げ、ここはボギー。

13番は再びティーショットを左へ大きく曲げ、林へ。このホールもティーショットが祟り、2連続ボギー。

14番は、セカンドをベタピン約1mに着け、バウンスバック。続く15番Par3はピン手前約2mに着ける絶妙なショットを魅せ、連続バーディ。

結局、6バーディ、2ボギーの「68」通算7アンダーの15位で2日目を終えています。

明日、3日目はムービングデーで、更なるスコアの伸ばし合いが予想され、ビッグスコアが期待されます!

石川遼 ホールアウト後のコメント

(2日目を終えて?)
「ショットのフィーリングがバラバラな感じ」

(10番ではラッキーなティーショットでパーセーブ)
「本当に大きい(パー)ですね。設計した人もビックリだと思います…。さすがにあれより池を広く取ることは考えていなかったと思う」

(ショットに苦心している様だが)
「切り替えしのポイント、スイングがバラバラ。そこがスコアに直結した」「芯に当たるショットは増えている。でも、ところどころ良い感じには見えるけれど、1球でも打ちたくないショットが2球、3球と出るのが良くないところ。1日ゼロか1回までにしなくちゃいけない」

(3日目以降に向けて)
「いまもまだ、どうなったらいい感触になるかなと考え中。あしたも少しでも良くしたい」

(引用:GDO 黒字カッコ内:著者編集)

松山英樹 2日目

プレー詳細記事

www.idayu.jp

松山英樹 ホールアウト後のコメント

(ショットは上がってきた様に見えるが?)
「きのうは25点だったら、きょうは45点くらい」「まだ“自信”がないところでマイナス55点」

(スタートから4ホール連続でチャンスを作ったが、バーディ奪取は3番のみだった)
「流れが良いのか悪いのか…」

(この日は進行が遅れ気味だったため、同組のアーニー・エルスと話し込む機会が多かった)
以下エルスとの会話
「ワールドカップでは誰と組むんだ?」「リョウ(石川遼)とはプレジデンツカップで一緒にプレーしたよ」「君はきっとメジャーを勝てる」

(エルスとよく話していたが?)
「ああいう“大きな人”になりたいなと…カラダじゃなくて。雰囲気もそうですけど。ああいう人になれるように頑張りたい」

(引用:GDO 黒字カッコ内:著者編集)

(CIMBクラシック 3日目 松山序盤3連続バーディ等で単独首位快走も、中盤以降停滞し通算14アンダー、4位T!)
www.idayu.jp



(松山・石川出場!「CIMBクラシック2016」TV放送予定・組合せ・速報・動画・大会概要!)
www.idayu.jp
(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(PGA 2017 新シーズン ツアースケジュール・日程)
www.idayu.jp
(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp



※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。