読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 苦しいゴルフも後半持ち直しイーブンパー、33位T発進!「ザ・バークレイズ2016」1日目

ゴルフ・PGA 松山英樹 動画 速報 コラム

最終更新:2016年8月27日
PGAプレーオフシリーズ「ザ・バークレイズ2016」初日・第1ラウンドの松山英樹の模様をご紹介!

2戦連続のTOP5フィニッシュを成し遂げ、プレーオフシリーズに臨む松山。好調をキープして、初日から上位を伺いたいところだが、この日は強風の中でのプレーと、ショットの乱れに悩まされる展開となった。

初日の松山は中盤まで、ショット、パット共に精度を欠く苦しい展開も、後半に巻き返し、5バーディ、5ボギー「71」(Par71)通算イーブンパー、首位に5打差の33位Tでホールアウトした!

【スポンサーリンク】


予選ラウンド2日間は、ジャスティン・トーマス、ケビン・キスナーとのペアリングが組まれ、初日はOUTから、現地12:55スタート!

現地は強風が吹き、徐々に強くなっていく難しいコンディションの中でのプレーとなった。

1H430YPar4

316YのティーショットはFW左サイドをキープ。残り118Y。
セカンドショットは、ピン左手前9.6mに2オン。
ここは2パットで、パー発進。

2H389YPar4

ティーショットは僅かにFWを外れ、左ラフへ。残り141Y。
セカンドはグリーンをオーバー。奥のラフへ。残り18Y。
3打目アプローチは、ピン奥2mに着ける。
ここで、短い距離のパーパットを外してしまい、ボギー。

3H230YPar3

ティーショットはピン左手前5.6mに着ける。
微妙な距離のバーディパットは、僅かに外れ、パー。

4H517YPar5

FW中央から、残り215Yのセカンドは、グリーンをオーバーし、ネイティブエリアへ。残り19Y。
3打目アプローチは、ピン奥2.2mに着ける絶妙なリカバリー!
松山、ここはしっかり沈め、初バーディ奪取!

5H478YPar4

気合いの339Yビッグドライブは、FW右サイドをキープ。残り142Y。
セカンドは、ピン右2.8mに着ける絶妙なショット!
しかし、この距離のバーディパットを僅かに外してしまい、パー。

6H408YPar4

左ラフから、残り118Yのセカンドは、グリーン左手前のバンカーへ。残り23Y。
3打目バンカーショットは、ピン手前6.4mに着ける。
微妙な距離のパーパットも僅かに外れ、ボギーとしてしまう。

7H553YPar5

327YロングドライブはFW中央へ。残り201Y。
セカンドは、グリーン左手前のバンカーへ。残り17Y。
3打目バンカーショットは、ピン右4mに着ける。
ここも微妙な距離のパットとなったが、しっかり決め、バウンスバックバーディ奪取!

8H210YPar3

ティーショットは、ピン奥13mに着ける。
ここから2パットで、パー。

9H460YPar4

ティーショットは右のネイティブエリアへ。残り183Y。
セカンドは、グリーン手前のバンカーへ。残り25Y。
3打目バンカーショットは、ピン手前3mに着けるが、パーパットを外し、ボギー。

前半は、2バーディ、3ボギーの通算1オーバー、57位Tでハーフターン。

前半 スコアカード

f:id:h-idayu:20160826043603j:plain

【スポンサーリンク】


10H502YPar4

気合いの316Yビッグドライブは、FW右のバンカーへ。残り189Y。
セカンドはショットは、再びグリーン右手前のバンカーへ。残り15Y。
3打目バンカーショットは、ピン奥1.8mに着けるナイスリカバリー!
しかし、短いパーパットを外してしまい、ボギー。

11H435YPar4

FW右サイドから、残り162Yのセカンドは、ピン奥6.3mに着ける。
長めのバーディパットはカップを1.8mオーバーするが、返しは決め、パー。

12H501YPar4

FW右サイドから、残り182Yのセカンドは、ピン奥3.3mに着ける絶妙なショット!
このバーディパットも決まらず、パー。

13H608YPar5

FW右サイドから、残り334Yのセカンドは、グリーン手前残り102YFWへ。
3打目アプローチは、ピン手前13.1mに3オン。
松山、このロングパットを見事に沈め、バーディ奪取!

今日、3つ目のバーディで、通算1オーバーに!

(動画)13mのバーディパットを見事に決める松山!


(映像:PGA公式HP)

14H161YPar3

ティーショットはショートし、グリーン手前のバンカーへ。残り15Y。
セカンドバンカーショットは、ピン奥1.4mに着け、パーセーブ。

15H478YPar4

気合いの332Yビッグドライブは、右ラフへ。残り143Y。
セカンドは、グリーン右へ大きく外れ、ラフへ。残り16Y。
3打目アプローチはミスショットとなり、3オンならず、依然手前ラフ、残り5.1m地点へ。
4打目もショート気味となり、ここをボギーとしてしまう。

16H490YPar4

FW左サイドから、残り205Yのセカンドは、ピン左1.9mに着ける絶妙なショット!
松山このパットは沈め、バウンスバックバーディ奪取!

このバーディで、再び通算1オーバー、51位Tグループへ!

17H207YPar3

ティーショットは、ピン奥7.4mに着ける。
このパットは僅か30cm外れ、パー。

18H411YPar4

FW左サイドから、残り170Yのセカンドは、ピン奥4.5mに着ける。
微妙な距離のパットだが、見事バーディ締め!

初日の松山は、5バーディ、5ボギーの「71」(Par71)通算イーブンパー。首位に5打差の33位Tでホールアウトした。

ゐ太夫の寸評

会場のベスページステートパーク・ブラックコースは、公園内の名門パブリックコースで、元々風が吹きやすいコース。

初日は刻々と強風が強くなり、別組ではロリー・マキロイがグリーン上でプレースしたボールが強風で動いてしまうほどのコンディションの中でのプレーを強いられた。

加えて、松山本人が大会直前インタビューで話していた通り、調子は下降気味で、ティーショット、アイアンショット、パッティングすべてが悪い状態。

中盤辺りでは一打ごとに、クラブを叩付けようとする仕草を見せ、精神的に引きずってしまった感も否めない。

しかし、13番をロングパットでバーディを獲り、15番はボギーとしたものの、16番、18番でもバーディとし、イーブンパーまで戻しフィニッシュした辺りは、松山のハイレベルなゴルフと底力を垣間見せた。

初日は、短いパットを外す場面が多く見られたが、パッティングの貢献度は1.8と高く、逆に得意のショットの貢献度は-0.7となった。

2日目の松山は、早い時間のスタート(現地8:15)のため、まずはショットの復調を図ると共に、早い内にスコアを伸ばし、3日目以降の上位争いに備えて貰いたい。

(ザ・バークレイズ2016 TV放送・組合せ・ペアリング・ルール・戦績・概要!)
www.idayu.jp
www.idayu.jp
www.idayu.jp

(松山英樹は優勝候補4番手!ザ・バークレイズ2016 パワーランキング)
www.idayu.jp

(松山英樹 今後のスケジュール・出場予定)
www.idayu.jp

(松山英樹 各最新ランキング・プロフィール)
www.idayu.jp
(松山英樹 スイング動画 クラブセッティング)
www.idayu.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。