読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 逆転優勝は逃すも日本人最高位!単独5位!年間王者はマキロイ!「ツアー選手権2016」最終日

ゴルフ・PGA 松山英樹 動画 速報 コラム

PGAプレーオフシリーズ最終戦「ツアーチャンピオンシップ2016」4日目・4ラウンドの松山英樹の模様をご紹介!

3日目を終え、首位と3打差まで迫ってきた松山。最終日は大逆転年間王者獲得へ、期待が高まった!

しかし、この日は元々悪かったショットが4日間で最悪な状態。それでもパーセーブし続け、後半早々の連続バーディで首位に肉薄するが、失速。最終日は、4バーディ1ボギー1ダブルボギーの「69」(Par70)通算6アンダー。単独の5位でホールアウトした!

優勝争いは、18Hを終えR.マキロイ、R.ムーア、K.チャペルの3人が通算12アンダーで並び、プレーオフへ。4ホールの激闘の末、マキロイが優勝し、大逆転で初の年間王者に輝き、ビッグボーナス1,000万ドルを獲得した!

【スポンサーリンク】


最終日は、ジェイソン・ダフナーとのペアリングで、現地13:35分にスタート!

1H 469Y Par4

ティーショットは280Yの飛距離で、フェアウェイセンターへ。残り178Y。
セカンドショットは、ピン奥13mに着ける。
長いバーディパットは、90cmほどショートし、パー発進。

2H 197Y Par3

ティーショットは1オンも、ピン奥7.3mと距離があり、2パットのパー。

前半は、ティーショットでフェアウェイキープが出来ず、アイアンショットも不安定な状態が続く。

4番以降、フェアウェイキープ出来たのは、6番Par5、7番Par4のみ。

そして、パーオンは9番まで出来ず、ほとんどをバンカーからのナイスリカバリーと、パットでカバーし、
我慢のゴルフでパーセーブを重ねた。

そして前半最終ホールへ。

9H 235Y Par3

ティーショットは、ピン右手前4.2mに着ける。
松山、このパットを沈め、待望の初バーディ奪取!

(動画)9番 松山4.2mのパットを沈め初バーディ奪取!


(映像:PGA公式HP)

前半は、1バーディ、ノーボギー。通算6アンダー、5位Tでハーフターン。

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20160926070206j:plain

【スポンサーリンク】


10H 424 Par4

ティーショットをラフへ打ち込み、2打目も2オンならずラフへ。
3オン1パットのパー。

11H 214Y Par3

ティーショットはピン奥3.8mに着ける絶妙なショット!
松山、これを沈め、後半初バーディ奪取!

このバーディで、通算7アンダー、4位Tへ!

12H 389Y Par4

左に大きく外れたラフから、残り86Yのセカンドは、グリーン手前左ラフへ。依然28Yを残す。
パーセーブ狙いの3打目アプローチは、ピンに当たり、そのままチップインバーディ奪取!

(動画)12番 松山 トラブル一転、チップインバーディ!


(映像:PGA公式HP)

見事な連続バーディで、通算8アンダー、スコアを伸ばす首位と3打差の単独の4位まで順位を上げてきた!

13H 440Y Par4

右ラフから、残り152Yのセカンドは、ピン手前8mに着ける。
長いバーディパットは、僅かに外れ、パー。

14H 520Y Par4

右ラフから、残り259Yのセカンドは、レイアップし、残り77YFWへ。
3打目アプローチは、ピン手前2mに着ける。
しかし、このパーパットを外してしまい、ここに来て痛恨のボギーを叩く。

これで、通算7アンダー、単独5位へ後退。

15H 211Y Par3

名物アイランドグリーン池越えホール

ティーショットは、ピン奥7.5mに着ける。
長めのバーディパットは、外れ、パー。

16H 454Y Par4

ティーショットはFW右のバンカーへ。残り176Y。
バンカーからの2打目は、グリーンに落とすもランが出すぎ、グリーンを僅かにこぼれ、奥のラフへ。残り8.8m。
好調のウェッジで狙った3打目は、あと少しでチップインも外れ、パー。

17H 443Y Par4

右サイド、ファーストカットから、残り137Yのセカンドは、ピン手前1.3mに着けるスーパーショット!
松山、これを沈め、バーディ奪取!

(動画)松山 17番 絶妙なショットで1.3mに寄せ、バーディ奪取!


(映像:PGA公式HP)

このバーディで、通算8アンダー、4位Tに戻す!

18H 600Y Par5

ティーショットを右ラフに打ち込んだため、安全策を採り、池の手前FW、残り231Yまで運ぶ。
3打目は、グリーン左奥のFWへ。残り16Y。
4打目アプローチは、グリーン手前土手に当たり、無情にもボールは手前方向に戻ってしまう。
5打目でピン奥5mに着けるが、2パットを要し、最終ホールで痛恨のダブルボギーとしてしまった。

最終日の松山は、4バーディ1ボギー1ダブルボギーの「69」(Par70)通算6アンダー。単独の5位でフィニッシュした。

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20160926074057j:plain

ゐ太夫の寸評

前半のフェアウェイキープ率は、28.57%(2/7)パーオン率は33.33%(3/9)というショットの状態で、よくスコアを落とさずに8番まで耐えた。

抜群のサンドセーブと、ショートゲーム、パッティングの良さでしのぎ、9番でのバーディに繋げた。

このバーディをきっかけに、11番、12番で連続バーディとし、引き離しに掛かった上位に肉薄する態勢に入ったが、14番でショートパットを外す手痛いボギーを叩き、優勝争いから脱落。

18ホール通してのフェアウェイキープ率は21.43%(3/14)と後半もティーショットに苦しみ、パーオン率も44.44% (8/18)というショットの状態ながら、18番でダボを叩いても「69」で上がる辺りは、新しいスタイルの松山を印象付けるものだ。

最終日のティーショットの貢献度は-2.105。アプローチの貢献度は、-1.382。ショートゲームの貢献度は、1.591。ショットの貢献度(SG:TEE TO GREEN)は-1.896と4日間で一番悪い数値となった。

この日のパットの貢献度(SG:PUTTING)は、0.965。初日3.813、2日目-0.675、3日目1.625と変遷し、4日間の合計は「5.728」で、堂々の1位となった。

ショットが最悪な状態で、世界のトップ30人のみが出場出来る「ツアーチャンピオンシップ」で、日本人最高位の単独5位に入ったことは、とんでもないことを成し遂げたと言っていい。

これまでずっと課題とされていたパッティングで稼いだ5位だけに、より価値があり、来季、一番の武器であるショットとパットが噛み合えば、PGAツアー複数優勝、そして日本人初メジャー制覇の可能性がかなり高まってきている。

来季は、相当にスケールアップした松山英樹の活躍が観られそうだ!


(松山英樹・石川遼豪華競演!「日本オープンゴルフ2016」TV放送・組合せ・ペアリング・ルール・戦績・概要!)
www.idayu.jp

(松山英樹 今後のスケジュール・出場予定)
www.idayu.jp

(石川遼関連記事)
www.idayu.jp
www.idayu.jp



※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。