読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【動画】松山・宮里「WGC-キャデラック選手権2016」2日目コメント・全体ハイライト映像・順位!

松山英樹、宮里優作出場「WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016」2日目の全体ハイライト映像、順位、ホールアウト後のコメントをご紹介します!

初日、好スタートの松山。しかし2日目は、4度のダボを叩くなど、自己ワーストの「81」の大荒れのゴルフとなってしまいました。

一方、世界選手権というエリートフィールドに相応しく、実力者の名前が上位に揃いだし、大会は盛り上がりを魅せています。

【スポンサーリンク】





キャデラック選手権 2日目 リーダーボード

f:id:h-idayu:20160305210803p:plain

キャデラック選手権 2日目 全体ハイライト映像

youtu.be
(映像:PGA YouTube公式アカウント)

この日、首位に立ったのは、前週「ホンダクラシック」で復活優勝を遂げたばかりの、アダム・スコットが「66」で通算10アンダーまで伸ばし、単独の首位。

2打差の通算8アンダーに「65」を出したマキロイと「64」のダスティン・ジョンソンの飛ばし屋2人が、2位Tで並んでいます。

同じく飛ばし屋のバッバ・ワトソンは「69」で通算6アンダーで、5位T。

スピース、ファウラーは通算3アンダーの12位Tグループ。

宮里優作は「73」で通算5オーバーの57位T。

2バーディ、3ボギー、4ダブルボギーで、自己ワーストスコア「81」を叩いてしまった松山英樹は、通算7オーバーで、初日の11位Tから60位Tまで順位を落としています。

【スポンサーリンク】


ホールアウト後のコメント

松山英樹

プレー詳細 速報動画記事

h-idayu.hateblo.jp

(怪我や痛みの具合は?)「何も問題なかった。痛み?ないですね」

(中盤からはドライバーを使い続けた)「うん、まあ…良くないんで、ドライバーで…。ここまでスコアを打ってしまうとね…。切り替えて、1Wで良いショットを打てるまで打とうと思っていました」

(予選落ちがなく、残り2日間ある)「体がバッチリでも、結果が伴わないときもある」「悪いものは悪いと受け止める。残り2日間あるので、少しでもいいプレーをできるように頑張りたい。(終盤に)なぜ少し良くなったかはちょっと分からないです。あしたの朝、練習して確かめたいと思います」

(引用:GDO カッコ内著者編集)

宮里優作

スコアカード

f:id:h-idayu:20160305213555p:plain
f:id:h-idayu:20160305213604p:plain

2日目は、2バーディ、3ボギーの「73」通算5オーバー、57位T。

(スタート1番では7mのバーディパットを決めた)「寄せにいったのが入ってくれた」

(最難関18番ではグリーン奥からのバーディパットは外してしまった)「ぜんぜん、ラインが違ったね。軽いスライスで読んだのに左に行った。芽が来ているのは分かって、傾斜が勝つかと思ったら…」

(今日はショットが冴えたが、パットが不調)「きょうはずっとそんな感じ」

「ショートパットは怖くない。そこを重視してやっている」「微妙なライン取りができていないのかもしれない」「5、6mのラインを膨らませて…というイメージができていない。狙ったところには打てているけれど…入るのをずっと待っていたら終わってしまった」

(3日目以降に向けて)「もう少しタッチとラインを合わせられるようにしていきたい」

(引用:GDO カッコ内著者編集)

ゐ太夫の寸評

松山の大乱調は、怪我、痛みの再発か?と思っていましたが、本人は痛みはないとのこと。

ただ、自己ワーストスコアを叩いたホールアウト後も、ドライビングレンジで、練習はせず、そのまま帰路に就いた辺りは、やはり体は万全ではないのかもしれません。

松山は世界選手権自体と、余り相性は良くなく、完全飛ばし屋有利の「トランプナショナルドラール」とも、何か合わないのかもしれません。

これまでの別の大会でも、ウォーターハザードを喰らいダボとなり、そのままずるずるとスコアを落としていくことがあり、松山が得意とするコースではないことは確かです。

完全に「ブルーモンスター」の罠にはまっているとも言えます。

ここまで悪い内容の松山は初めて見ますが、あのスピースでさえ「ノーザントラストオープン」では初日「79」を叩いてしまい、予選落ちを喰らっており、トッププロでも悪い流れにはまって、大きくスコアを崩してしまうのは致し方ないとも言えます。

松山のゴルフは、ある意味安定感が高すぎ、今回の様なことがニュースになるのは「一流の証」でもあります。

本心は「このまま予選落ちして帰りたい」ところでしょうが、世界選手権は予選落ちがなく、あと2日プレーしなくてはいけません。

2日目終盤に、ショットが良くなりつつあり、松山にとっては長い2日間になるかもしれませんが、何か次に繋がるものを試すチャンスかもしれません。


(WGC-キャデラック選手権 TV放送・組合せ・ペアリング・概要)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(岩田寛 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。