[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 ショット復調!3連続バーディも魅せ通算+3!「WGC-キャデラック選手権2016」3日目

最終更新:2016年3月6日 動画追加
「WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016」松山英樹の、3日目のプレーの模様を「一打速報」風にお伝えします!

2日目は、4つのダボ等で、自身ワーストスコアの「81」を叩いてしまった松山。怪我、痛みの影響はないとのことだが、3日目はどういうゴルフを魅せてくれるか?に期待が懸かります。

3日目の松山は、キレのあるショットを魅せ、前半3連続バーディなどでスコアを伸ばし、5バーディ、1ボギーの「68」通算3オーバーでホールアウトしています。

【スポンサーリンク】





3日目からは、2人1組のペアリングとなり、スコット・ヘンドとのラウンド。

決勝ラウンドでは、松山は余り経験のないであろう8時45分という早い時間のスタート!

1番605YPAR5

271Yティーショットは、右ファーストカットへ。残り317Y。
セカンドショットは、グリーンまで60YのFW左サイドへ。
3打目アプローチは、ベタピン90cmに着けるスーパーショット!
ここは難なく決め、3日目はバーディ発進!

幸先良くバーディスタートで、トータル6オーバー!

2番448YPAR4

FW左サイドからのセカンドは、ピン奥3mに着ける絶妙なショット!
このバーディパットは僅かに外れ、パー。

3番436YPAR4

左ラフからのセカンドショットは、グリーンに届かず、手前花道付近へ。残り25m。
3打目アプローチは、ピン左手前1.7mに寄せ、パーセーブ。

4番227YPAR3

池越えのティーショットは、ピン右1.6mに着けるスーパーショット!
しかし、この短いバーディパットを外してしまい、もったいないパー。

5番421YPAR4

FW左サイドからの2打目は、ピン左6.4mに着ける。
この微妙な距離のバーディーパットは、僅かに外れ、パー。

6番432YPAR4

280Yのティーショットは、FW右サイドへ。残り160Y。
セカンドは、ピン右手前6.8mに着ける。
微妙な距離のパットだが、見事に沈め、バーディ奪取!

パッティングが冴えたバーディで、トータル5オーバーまで戻す!

7番471YPAR4

299YティーショットはFW右サイドへ。残り178Y。
セカンドショットは、あと20cmでチップインイーグル!のスーパーショット!で連続バーディ奪取!

見事な連続バーディで、トータル4アンダー、53位Tグループへ!

8番549YPAR5

ティーショットは、FW右のバンカーへ。残り233Y。
セカンドショットは、FWに出し、残り97Y。
3打目アプローチは、ピン奥1.4mに着ける巧みなショット!
松山、ここも落ち着いて決め、3連続バーディ奪取!

ショットが冴えた見事な3連続バーディで、トータル3オーバー、48位Tまで順位を戻してきた!

9番200YPAR3

池越えティーショットは、ピン手前11mに着ける。
長いパットは、カップを僅かにオーバーするも、パー。

前半は、4バーディ、ノーボギー、通算3オーバーまでスコアを戻し、48位Tでのハーフターンとなった!

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20160306004743p:plain


前半のフェアウェイキープ率は57.14%(4/7)とまだ本調子ではないものの、パーオン率は88.89% (8/9)とショットのキレが戻ってきている。

ショットの貢献度は2日目の-6.926→4.126へアップ。

パッティングの貢献度も-2.382→0.198まで上げてきたが、もったいないパットが2ホールほどあった。

しかし、何より3連続バーディというのが、強い松山が戻りつつあることの証だ。

後半も好調を持続出来るか?どこまで伸ばしてくるか?

【スポンサーリンク】


10番614YPAR5

FW左サイドからのセカンドは、グリーンまで残り121YFWへ。
3打目アプローチは、ピン手前3.8mに着ける絶妙なショット!
このバーディパットは外してしまい、パー。

11番422YPAR4

左ラフからの2打目は、僅かにグリーン手前花道へ。残り6.3m。
3打目アプローチは、僅かに外れ、パー。

12番601YPAR5

311Yのドライビングは、FW左サイドへ。残り287Y。
セカンドは、グリーン左のバンカーへ。残り21m。
3打目バンカーショットは、ピン左1.3mに着ける絶妙なリカバリーショット!
ここは難なく沈め、後半初バーディ奪取!

今日、5個目のバーディで、トータル2オーバー、42位Tまで上げてきた!

13番238YPAR3

ティーショットは、ピン手前6.9mに着ける。
長めのバーディーパットは外れ、パー。

14番484YPAR4

FW右からのセカンドは、ピン奥13mに2オン。
長いパッティングは、カップを2mオーバーするも、返しを決め、パーセーブ。

15番153YPAR3

ティーショットは、ピン右3.3mに着ける絶妙なショット!
このバーディパットは、僅かに外してしまい、パー。

16番341YPAR4

1オン可能なPAR4

1オン狙いの332Yのティーショットは、グリーン右ラフへ。残り38Y。
セカンドアプローチは、ピン手前6.6mまで寄せる。
長めのバーディパットは外れ、パー。

17番425YPAR4

ティーショットはFW右のバンカーへ。残り153Y。
セカンドはピン手前10mに着ける。
3打目パットは、1mほどカップをオーバーし、パー。

18番476YPAR4

左サイドは全面池に接するドラール一番の難関とも言われる18番!

ティーショットは、左に曲げ、池に入れてしまうも浅瀬。残り182Y。
2打目はウォーターショットで、63Yを飛ばし、残り120YFWへ。
3打目は、ピン右奥5.3mに着ける。
微妙な距離のパーパットは、僅かに外れ、最終ホールで悔しいボギーとしてしまう。

3日目の松山は、5バーディ、1ボギーの「68」通算3オーバーでホールアウトした!

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20160306022935p:plain

ゐ太夫の寸評

3日目の松山は、2日目とは別人のゴルフで、最難関18番でボギーとしたが、それまでボギー無しの5バーディ。

特に前半はショットが冴え、フェアウェイキープ率は50.00% (7/14)も、パーオン率は83.33% (15/18)とかなり精度の高いアイアンショットを魅せた。

ショットの貢献度は、2日目の-6.926から5.721(暫定値)まで上げ、SG-T2G(STROKES GAINED TEE TO GREEN)シーズン1位の面目躍如。

一時は、イーブンパー辺りまでは戻してくるか?と思われたが、バックナインに入り、停滞気味になり、最終18番では、池に入れ、ウォーターショットを打つはめになり、悔しいボギーフィニッシュ。

2日目は、ブルーモンスターに捕まりまくった1日だったが、今日も最難関の最終ホールで捕まってしまった。

あとは、短いパッティングでチャンスを拾えなかったホールが3ホール前後あり、その分パッティングの貢献度は、-0.663(暫定)とマイナスになっている。

しかし、2日目の「81」から「68」まで戻せたことは大きく、予選落ちの無い世界選手権で、下位に低迷しながらも、しっかりモチベーションを高くプレーした辺りは、精神的にも成長した松山を見ることが出来た。

明日、最終日も今日のショットの状態を維持し、パッティングをもう少し調整し、アンダーパーフィニッシュを狙って貰いたい!


(WGC-キャデラック選手権2016 TV放送・組合せ・概要)
h-idayu.hateblo.jp

(キャデラック選手権 初日 ホールアウト後のコメント 全体ハイライト)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹について 最新記事・ニュース・速報・動画・各ランキング等のまとめトップページ)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(岩田寛 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(PGAツアースケジュール・日程)
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

(女子ツアー「ダイキンオーキッドレディス2016」はこちら)
www.golfdayu.net

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。