[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「BMW選手権2015」優勝予想・パワーランキング9番手!直前コメント!

最終更新:9月17日 大会直前インタビュー動画を追加

PGAプレーオフシリーズ第3戦「BMWチャンピオンシップ2015」の公式優勝予想・パワーランキングで松山英樹は9番手に選ばれました!大会直前インタビュー動画と、今回はスタッツ・データ面の検証もしてみたいと思います。

優勝予想1番手は目下絶好調のジェイソン・デイ。2番手は「ドイツバンク選手権」で2位に入ったヘンリック・ステンソン。3番手にはプレーオフシリーズ連続予選カットと調子を落としているジョーダン・スピースが選ばれています。

【スポンサーリンク】






【BMW選手権2015 PGA公式パワーランキング】

順位 プレーヤー
1 ジェイソン・デイ
2 ヘンリック・ステンソン
3 ジョーダン・スピース
4 リッキー・ファウラー
5 ローリー・マキロイ
6 ザック・ジョンソン
7 ジム・ヒューリック
8 パトリック・リード
9 松山英樹
10 マット・クーチャー
11 バッバ・ワトソン
12 ジャスティン・ローズ
13 マット・ジョーンズ
14 ケビン・キスナー
15 ダスティン・ジョンソン
16 ルイ・ウーストハイゼン
17 ダニエル・サマーヘイズ
18 ラッセル・ノックス
19 ブルックス・ケプカ
20 セルヒオ・ガルシア


PGAパワーランキング担当のロブ・ボルトン氏は予想理由を以下の様に説明しています。


ジェイソン・デイ2大会連続の1番手予想。ドイツバンク選手権の12位Tという結果は疲労の影響があり、直近4試合で3勝している。大会会場のコンウェイファームGCでは2013年同大会で4位T。


2番手予想のヘンリック・ステンソンについては、2試合連続2位フィニッシュと、直近13試合でも4度の2位を挙げている安定感。


3番手となったジョーダン・スピースは、プレーオフシリーズでキャリア初の連続予選カットとなっているが、スピースならこの苦境を脱することが出来る。2013年大会では16位Tに入っている。


(訳者:著者ゐ太夫)

トップ3の選考理由は上記の理由を挙げています。



これまでのロブ・ボルトン氏の予想の傾向を見ていると、かなりの慧眼であることと、スタッツを重視すること、そして一時期の好不調に影響されないブレない予想をしています。

2戦連続予選カットで、誰もが下位の予想をしたくなるスピースを3番手に入れてくる辺りはボルトン氏らしい優勝予想だと思います。


【スポンサーリンク】



松山英樹 9番手予想 選考理由


(原文)

First-timer at Conway Farms has opened the Playoffs with a pair of top 25s; has 17 on the season. Ranks 24th in GIR and T3 in par-4 scoring.



開催コースのコンウェイファームGCは初めてのラウンドとなるが、プレーオフシリーズに入り2戦連続トップ25フィニッシュをしている。今シーズン通してのトップ25は17回を数える。

スタッツ面では「パーオン率」は24位にランクされ、そしてPAR4の平均スコアでは3位タイという数字を挙げている。

(訳者:著者ゐ太夫)


スタッツ・データ面で見る松山英樹


それでは、スタッツ面の実際の数字は幾つなのか?を見ると、24位の「パーオン率」は「69.24%」

PGA全体で3位タイのPAR4の平均スコアは「3.96」で、上には「3.93」でジョーダン・スピースとジェイソン・デイが1位タイで並んでいます。


今季の松山は私がよく用いている「スコアに対するショットの貢献度」(現在 1.396で6位)も高い数値を出してしますが、当然どのコースに行っても一番多いPAR4のホールでの平均スコアは安定して高い数値を出しています。

ちなみに、ショートやロングホールはどうか?というと、


PAR3の平均スコアは「3.06」で115位

PAR5の平均スコアは「4.61」で32位

と、ショートホールのスコアが極端に悪いことが分かります。

ロングホールは「ドライビングディスタンス」が295.6Yで50位であることからしても、飛距離以上にショットの正確性でフォローし、スコアメイクに繋げています。

一方のショートホールは「スコアに対するパッティングの貢献度」が「.064で97位」というスタッツとほぼ符合し、寄せきれなかった際のパッティングでのフォローが少ないことがPAR3の平均スコアが極端に悪い理由を占めていると思われます。

ただ「パッティングの貢献度」の数値自体も少しずつ上がってきており、ここ数試合では「今季で一番良い状態」では?と思わせるタッチ、フィーリングの良さを魅せていますので、徐々に平均スコアも上がってくるものと見ています。

また、パッティング以外のスタッツが、補って余りあるほどの高いレベルにあるため、松山はショートホールが悪くても、十分にフォロー出来る武器と引き出しを多く持っているのは強みです。

この辺りも、今季未勝利ながら「優勝予想・パワーランキング」の常連となっている大きな理由と言えそうです。



【松山英樹 大会直前インタビュー動画】


(映像:ゴルフネットワークより)


「BMW選手権」予選ラウンドでは、再びローリー・マキロイとのペアリングが発表されています。

前回「ドイツバンク選手権」でも松山はマキロイに引っ張ってもらったとコメントしており、再び予選ラウンドからスコアを伸ばし上位で決勝を迎えることが期待されます。


(BMW選手権 TV中継・放送予定・大会概要・過去の戦績はこちら)
h-idayu.hateblo.jp

(初日の速報詳細記事)
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。