[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【動画】松山英樹「ドイツバンク選手権2015」初日コメント、全体ハイライト映像・順位!

プレーオフシリーズ第2戦「ドイツバンク チャンピオンシップ2015」初日を終えた松山英樹のコメント、全体ハイライト、映像・順位をご紹介します!

初日の松山は6バーディー、6ボギーと出入りの激しいゴルフでイーブンパー、首位に6打差の39位Tでホールアウト。結果より内容の面では調子の良さがうかがえ、2日目に期待が懸かります。

全体ではプレーオフシリーズ2連勝を狙うジェイソン・デイが3連続バーディーで抜け出し試合を引っ張るも、後続組のデ・ヨングが6アンダーで単独首位。まさかの開幕予選カットとなったジョーダン・スピースは4オーバーでまたもや出遅れの初日となりました。

【スポンサーリンク】











【ドイツバンク選手権 初日 リーダーズボード】

f:id:h-idayu:20150905121133p:plain



【ドイツバンク選手権 初日 全体ハイライト映像】

youtu.be
(映像:PGA Youtube公式アカウントより)



初日は終わってみれば6アンダーをマークしたブレンドン・デ・ヨングが独走で、単独首位。

2位以下は大混戦で4アンダーにヘンリク・ステンソン、リッキー・ファウラーら9人が並びました。

11位タイの3アンダーグループには、前半試合を引っ張ったジェイソン・デイら5人。

16位タイ、2アンダーグループは、ザック・ジョンソン、ロバート・ストレブら10人が並んでいます。

プレーオフシリーズは今大会から出場で松山と同組のローリー・マキロイは1アンダー26位タイ。

そしてそのマキロイに2週間で「世界ランク1位」の座を譲ってしまったスピースは、4オーバーの80位タイとまたもや大きく出遅れました。

大会コースの「TPCボストン」は前評判通り難しく、落とし所を間違えるとすぐにスコアを落とすため、やはり「ショットの精度」が求められる様です。


【スポンサーリンク】



【松山英樹 ドイツバンク選手権 初日 ハイライト映像】


(映像:ゴルフネットワークより)



【詳細ハイライト映像を含む松山英樹 初日の速報記事】

h-idayu.hateblo.jp


【松山英樹 初日 ホールアウト後のインタビューコメント】

・パットに苦労したがグリーンの状態は?


「グリーンは速かった。ロリーもオーバーしていたし、思ったより速いんだなと思った」


※マキロイのコメント 「ここ最近プレーしたなかで、一番速い。(全米オープン開催の)チェンバーズベイくらいかも」


・後半は前半上がりの連続バーディーの貯金を使い果たしてしまったが?原因は?


「アイアンショットがまだバラバラ。うまく打てたところはバーディチャンスにつけているけど、ちょっとしたミスをボギーにしているのが良くない。それをしっかりとボギーにならないように防ぎたい」

「今日は風も強かったし、アイアンだけのせいでもない」


・2日目に向けて?


「この風の中で(イーブンは)悪くはないし、明日またしっかりと伸ばしていけるように調整したい」

(引用:GDO 質問部分等、一部著者要約)


■ゐ太夫の考察コラム


大会前日のプロアマで「66」の好スコアを出したことで、調子は上がってきたものの、ゴルフでよくある「スコアの良い日」→「スコア落とす日」→「スコア伸ばす日」パターンで初日は調子はいいものの、スコアは余り良くないのでは?と予想していました。

もちろん、このジンクスにすべて当てはまる訳ではないですが(しかもプロアマ)初日の松山は調子は良く「いつでもスコアを伸ばせる状況」で6バーディーながらボギーも6個。

ただ感触として「松山が悪くない」というほどなので、調子は良い中、強風と速すぎるグリーンでイーグルチャンス、バーディーチャンスを逃してしまったという内容と結果が余り結びつかないラウンドだった感想を持っています。

ショットの調子はかなりいいと見ていますが、特に風が強くなった時間帯はティーショットでもミスがあり、後半2番PAR5の池越えのセカンドでは2オン狙いで池ポチャからボギー。

セカンドショットでグリーンを捉えきれない場面も見られ、ショットのブレは調子が落ちたのではなく結果に上手く結びつかなかったという解釈をしています。

池ポチャに関しては、同組のマキロイ、キスナーがレイアップを選択する中、果敢に攻めた結果であって、これは致し方ありません。

逆に、不調に陥った「WGC-ブリヂストン選手権」から前回までは、慎重なコースマネジメントに徹していた松山が、ここで勝負に出たというのは、復調に手応えを感じているからだと前向きに捉えています。

スタッツ面では「スコアに対するショットの貢献度」はシーズン中が約1.4であるのに対し、初日は約2.3という高い数字を出しており、フェアウェイキープ率71%、パーオン率61%と共にショット面の懸念材料は払拭されつつあると思います。

「スコアに対するパッティングの貢献度」は約-1.6。マキロイも速すぎるというグリーンにどうアジャストしていくのか?

2日目は松山の調子はいいだけに「精度の高いショット」を武器に高速グリーンをどう攻略していくのか?がカギになりそうです。



(松山英樹 2日目 見事なイーグル締めで10位Tフィニッシュ!)
h-idayu.hateblo.jp


(ドイツバンク選手権 TV中継・放送予定・概要)
h-idayu.hateblo.jp

(関連記事)

h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(来季 2015-16 PGAツアースケジュール・日程)
h-idayu.hateblo.jp

(ゴルフ関連記事一覧)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。