[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【動画】松山・石川「ザ・バークレイズ2015」最終日 コメント 全体ハイライト映像・最終順位!

PGAプレーオフシリーズ第1戦「ザ・バークレイズ」は最終日にジェイソン・デイが8バーディーノーボギー「62」(PAR70)の通算-19で圧勝!

デイはこれで今季4勝を挙げ、2010年以降に4勝以上を挙げた12年のロリー・マキロイ(4勝)13年のタイガー・ウッズ(5勝)15年のジョーダン・スピース(4勝)に次ぐ4人目の同一シーズン4勝以上選手となり、FedExカップランキングでもスピースを抜きトップに立ち、名実共にトッププレーヤーに名を連ねる選手になりつつあります。

また松山英樹は不調から立ち直りの気配を魅せ4戦ぶりトップ20の13位T。石川遼は最終日「75」で66位Tとなり、第2戦進出要件のFedExカップランキング100位以内に入れず、初戦敗退となってしまいました。

【スポンサーリンク】








【ザ・バークレイズ2015 最終日 リーダーズボード】

f:id:h-idayu:20150901043836p:plain



【ザ・バークレイズ 最終日 ハイライト映像】

youtu.be
(映像:PGA YouTube公式アカウントより)



最終日を首位タイで迎えたジェイソン・デイは、2週間前の「全米プロゴルフ選手権」を制した実力と好調ぶりを発揮。

独走態勢に入り、8バーディ、ノーボギー「62」の圧倒的な強さのゴルフを魅せ、通算19アンダーまでスコアを伸ばし、2位のヘンリック・ステンソンに6打差を圧勝!

前述の通り同一シーズン4勝以上の快挙を達成し、FedExカップランキングでも首位に立ちました!

間もなく母国韓国で兵役に入るベ・サンムンは、同じく首位タイスタートも、スコアを落とし6位タイフィニッシュ。

2日目まで首位をキープしてきたバッバ・ワトソンは3位タイで大会を終えています。

また、松山英樹はここ3大会で見せた絶不調から立ち直り、復調気配で4大会ぶりのトップ20フィニッシュとなる13位タイ。

第2戦「ドイツバンク選手権」進出の条件となるFedExカップランキング100位以内を目指した石川遼は66位に終わり、無念の初戦敗退となりました。

【スポンサーリンク】




【松山英樹 最終日 ハイライト映像】


(映像:ゴルフネットワークより)


【松山英樹 最終日ホールアウト後のインタビューコメント】

・最終日を終えて?


「全然ダメな順位ですけど…」「14番のパーセーブとかは良かったし、ああいうのがどんどんできるようになっていけばいい」


・3日目のインタビューで最終日前半勝負と言っていたが?


「前半で10アンダーまでいかない時点で厳しかった」


・ジェイソン・デイは-19で優勝。13打差つけられてしまったたが?


「この順位で満足できるとは思えない。もっと上位で戦いたいし、ジェイソンのようなプレーをしないと勝てないと思う。どうしたらそういうプレーができるのか分からないけど、次までにそういう準備をしたい」


・第2戦以降、今後について?


「最終戦に行くことがすべての目標じゃないし、優勝を目指すことが大事」「ここ3戦、4戦に比べたら良かったと思う」

【石川遼 最終日ホールアウト後のインタビューコメント】

・残念ながら第2戦進出はならなかったが?


「2つ、3つ伸ばさないといけない中で、15 番までノーバーディというのはきつかった」



・バーディーチャンスのパットを外してしまったり、パーセーブのパッティングもオーバーしたりとパッティングに苦しんだ様だが?


「何をやっているんだ!」(という怒りと)「ちぐはぐ感があった」


・昨季は第2戦まで進みFedExカップランキングは72位。今季は初戦敗退の同122位となったが?


「妥当だと思う」「ここ1、2カ月は打ち方、体の動かし方が一定してきているけど、それまでは毎日違うことをやっていた。それではうまくなるワケがないと今なら思える」


・プレーオフシリーズは敗退となったが来季シード権も獲得し、今後については?


「次の試合が楽しみです。まだどの試合になるかは決まっていないけれど…」

(引用:GDO)



松山英樹は既に第3戦「BMW選手権」までの出場権は確保しています。

今大会でも10位以内に入れば、最終戦への出場権がほぼ確定することになっていましたが、絶不調から復調気配を見せてくれたことが何よりの収穫と言えるでしょう。

コースの難易度が高かったので、ダボが出るのは致し方ない部分もあり「我慢のゴルフ」と「崩れかけた時歯止めを利かせられるか?」が課題でしたが、日を追うごとに順位を上げ、いい位置で大会を終える姿は「いつもの強い松山」に戻りつつあります。

まだ今季未勝利の松山にとって、フィールドは厚いもののまだ3戦残っており、最終戦30人での「ツアー選手権」で優勝し「年間チャンピオン」となっても、松山の実力をよく知るアメリカのゴルフ関係者やゴルフファン達から、不満の声は挙らないはずです。

「年間チャンピオン」と「1000万ドル」を手に、2シーズン後のシード権も確定させてしまいたいところです。

まずは次戦「ドイツバンク選手権」で、どういうゴルフを魅せてくれるか?に期待が懸かります!

一方の石川は、初戦で敗退となってしまいましたが、途中体調不良もあり、万全の状態でなかったことは悔やまれます。

一足早く帰国し日本ツアーに出場することになりますが、人気低迷の叫ばれる国内ツアーでPGAツアープロとしてレベルの高いゴルフで日本のゴルフファンを魅了して貰いたいと思っています。

また「来季シード獲得」のために連戦が続くなど、かなり心身共に疲労が溜まっているはずですので、来季序盤からいいゴルフを展開するためにも、休養もしっかりとって貰いたいものです。


(来季 2015-16 PGAツアースケジュール・日程)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp


(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


(ゴルフ関連記事一覧)
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。