[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【文学賞】2016本屋大賞受賞作は 宮下奈都著『羊と鋼の森』に決定!【書評】

更新:2016年5月20日
「2016年本屋大賞」結果発表が行われ、受賞作は宮下奈都著『羊と鋼の森』に決定しました!

毎年、全国書店員が「いちばん!売りたい本」を選ぶ「本屋大賞」も今年で13回目。惜しくも大賞には選ばれなかったものの、2位には『君の膵臓をたべたい』3位には『世界の果てのこどもたち』が入っています。

また、翻訳小説部門ではガブリエル・ゼヴィン著『書店主フィクリーのものがたり』が選ばれています!

【スポンサーリンク】


【目次】

f:id:h-idayu:20160204082826j:plain

2016本屋大賞

ノミネート10作品から「全国書店員さんによる最も売りたい本」投票の結果、大賞は宮下奈都氏の『羊と鋼の森』が受賞しました!

候補作 得点順位一覧

(ノミネート発表時の記事)
h-idayu.hateblo.jp

大賞 『羊と鋼の森』 宮下奈都(著) 372点

文藝春秋

羊と鋼の森

羊と鋼の森

【書評】
h-idayu.hateblo.jp

2位 『君の膵臓をたべたい』 住野よる(著) 327.5点

双葉社

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

3位 『世界の果てのこどもたち』 中脇初枝(著) 274点

講談社

世界の果てのこどもたち

世界の果てのこどもたち

4位 『永い言い訳』 西川美和(著) 261点

文藝春秋

永い言い訳

永い言い訳

5位 『朝が来る』 辻村深月(著) 229.5点

文藝春秋

朝が来る

朝が来る

【スポンサーリンク】


6位 『王とサーカス』 米澤穂信(著) 226.5点

東京創元社

王とサーカス

王とサーカス

【書評】
h-idayu.hateblo.jp

7位 『戦場のコックたち』 深緑野分(著) 223点

東京創元社

戦場のコックたち

戦場のコックたち

8位 『流』 東山彰良(著) 99点

講談社

流


【書評】
h-idayu.hateblo.jp

9位 『教団X』 中村文則(著) 93点

集英社

教団X

教団X

10位 『火花』 又吉直樹(著) 46点

文藝春秋

火花

火花

【書評】
h-idayu.hateblo.jp

翻訳小説部門

1位 『書店主フィクリーのものがたり』 ガブリエル・ゼヴィン(著)

小尾芙佐(訳)
早川書房

書店主フィクリーのものがたり

書店主フィクリーのものがたり


2位 『紙の動物園』 ケン・リュウ(著)

古沢嘉通(訳)
早川書房

紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)


2位 『国を救った数学少女』 ヨナス・ヨナソン(著)

中村久里子(訳)
西村書店

国を救った数学少女

国を救った数学少女

3位 『服従』 ミシェル・ウェルベック(著)

大塚桃(訳)
河出書房新社

服従

服従


3位 『歩道橋の魔術師』 呉明益(著)

天野健太郎(訳)
白水社

歩道橋の魔術師 (エクス・リブリス)

歩道橋の魔術師 (エクス・リブリス)


(昨年の本屋大賞2015)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

(第29回三島由紀夫賞は蓮實重彦氏『伯爵夫人』が受賞!)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。