[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 初ホールインワン!5位フィニッシュ!ケプカ連覇!「ダンロップフェニックストーナメント2017」4日目 全体ハイライト・コメント!

更新:2017/11/27 大会後最新世界ランキング記事 動画・松山コメント追加
松山英樹出場「ダンロップフェニックストーナメント2017」4日目・4ラウンドの模様、結果速報、動画集・全体ハイライト、松山コメントをご紹介します!⛳

今年唯一の国内ツアー最終日を迎えた松山。3番で、自身初のホールインワンを達成する等、見せ場を作るもその後スコアを伸ばせず、1イーグル5バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「69」(Par71)通算10アンダーの単独5位で大会を終えています!なお、優勝は通算20アンダー、2位に9打差を付けたブルックス・ケプカで大会史上5人目の連覇達成となりました!

【スポンサーリンク】



松山英樹の最終日・4ラウンドのプレー

スコアカード

f:id:h-idayu:20171119172941p:plain
f:id:h-idayu:20171119172954p:plain

「ダンロップフェニックストーナメント2017」首位ブルックス・ケプカとは8打差で迎えた最終日。

ファイナルラウンドは、武藤俊憲とH・W・リューのペアリングでスタート。

出だし1番386YPar4で、FWセンターからのセカンドをスピンバックでピン手前1.5mに着け、バーディ発進!

【動画】1番 幸先良くバーディスタート!

動画配信|ダンロップフェニックストーナメント|DUNLOP PHOENIX TOURNAMENT

(映像:ダンロップフェニックストーナメント公式HP)


2番Par4は、パー。

迎えた3番180YPar3。ティーショットはピン左手前から転がりそのままカップインし、ホールインワン達成!

【動画】3番Par3 ホールインワン!




序盤3ホールで3ストローク伸ばし、大逆転への猛チャージも期待される雰囲気となります。

しかし4番、5番をパーセーブし、6番202YPar3では、ティーショットをピン奥5m~6mに着け、バーディパットはカップを約1mオーバー。
返しのパーパットを外してしまい、ここで初ボギーとしてしまいます。

続く7番521YPar5は、左ラフからのセカンドをグリーン手前のバンカーへ。
3打目バンカーショットは、ピン奥1.5mに着けるナイスリカバリーで、見事バウンスバックバーディ奪取!

【動画】7番 見事なバウンスバックバーディ!

動画配信|ダンロップフェニックストーナメント|DUNLOP PHOENIX TOURNAMENT

(映像:ダンロップフェニックストーナメント公式HP)


8番をパーとした後、9番447YPar4では、ティーショットを左サイドのギャラリーの中まで打ち込み、2打目の脱出は目の前の木に当たり失敗し依然左ラフ。
3打目アプローチでピン奥約5mに着け、距離のあるパーパットはカップを1.5mオーバーさせ、ここで手痛いボギー。

前半は、1イーグル2バーディ、2ボギーの「34」通算10アンダーでのハーフターン。


ハーフターン直後の10番475YPar4では、ティーショットを林に入れるトラブルで、痛恨のダブルボギーを叩き、通算8アンダーまでスコアを落とします。

11番パーの後の難易度1位の12番465YPar4では、2打目をピン手前約5mに着け、微妙な距離のパットを沈め、バーディ奪取!

続く1オン可能な13番332YPar4では、1オンはならずもラフからの2打目をピン1mに着ける絶妙なショットを魅せ、連続バーディ奪取!これで通算10アンダーに戻します!

15番465YPar4では左ラフからのセカンドは、ピン手前約7mに着け、長いパットを沈め、バーディ奪取!

【動画】15番 難しいロングパット決め、バーディ奪取!

動画配信|ダンロップフェニックストーナメント|DUNLOP PHOENIX TOURNAMENT

(映像:ダンロップフェニックストーナメント公式HP)


17番186YPar3ではティーショットをピン右奥約10mに着け、2打目パットはカップを約2.5mオーバー、返しのパーパットも外してしまい、ここに来て痛恨のボギー

最終18番Par5はティーショットを右に曲げ、パーフィニッシュ!

最終日の松山英樹は、1イーグル5バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「69」(Par71)通算10アンダーの単独5位で大会を終えています!


【スポンサーリンク】



松山英樹ホールアウト後のコメント

(大会を振り返り)「試合でやってみないと分からない部分が今週分かったので、良い一週間だったと思う。ホールインワンという最高のおみやげもあった」

(修正中(改造)のスイングについて)「自分のフィーリングを出しやすいスイングにする。自分は、持ち球をドローだと思っているけど、一緒に回っている人はフェードだと思っているかもしれない。そのズレがいまの状況。そこら辺を直さないといけない」

(スイング修正に取り組む気持ち・決意について)「マスターズで思ったように打つためには、いままでのスイングじゃだめだった。だいぶ遅れてしまったものを、いましっかりとやらないといけないと思う。ちょっとした変化が大きな差につながってくる」
(石川遼の1日2万球打っている発言を意識して)「それができるようになるには球数を打たないと。1カ月で2万球くらい打とうかなと思います」

(尾崎将司との予選ペアリングは松山英樹からの要望だった)「(昔、尾崎が海外メジャーで)ジャック・ニクラスやアーノルド・パーマーと争っているときと比べて(自分が)どうなのかなっていうことを聞きたかった」「試合中なので無理だったけど、試合でしか分からないこと、感じられないことがあると思うので、興味があって回らせてもらった」
(あとは)「メディアのみなさんが聞いてくれることを信じています」

(引用:GDO カッコ内一部著者編集)



ゐ太夫の寸評

最終日、首位ケプカを8打差で追う松山。

出だし1番を幸先良くバーディ発進とすると、3番Par3では、日米通じて自身初のエース、ホールインワン達成!

この辺りで、奇跡の大逆転優勝もあるか?という機運が高まりました。

しかし、6番ボギーの後、7番ではバウンスバックするも、ハーフターンの9番、10番をボギー、ダブルボギーで3ストローク落とし、逆にスコアを伸ばし続けるケプカとの差は大きく広がりました。

ドロー系に改造中のショットが、この日は途中から左へ曲がる様になり、林に打ち込むシーンも何度かあり、なかなか調子を戻しきれない様子。

スタッツでもフェアウェイキープ率は、35.71%(全体53位T)と厳しい数値となりました。

反面、パーオン率は83.33%で全体1位Tという数値は、松山らしさを見せています。

しかし、グリーンには乗るものの、なかなかピンに絡まず、平均パット数は1.7857(全体40位T)と苦しみました。

ホスト大会、加えて今年唯一の国内ツアーで、ケプカに連覇を許したのは悔しいところですが、今大会随所に魅せたショットの精度、長い距離を沈めるパッティングは、今後の活躍に期待を持たせるものでした!

まだまだショット改造中で、腰の具合も良くなさそうな中での単独5位フィニッシュは価値あるものと見ています。

次戦予定はタイガー・ウッズ主催の「ヒーローワールドチャレンジ」ディフェンディングチャンピオンとして、連覇に期待が懸かります!


【スポンサーリンク】



ダンロップフェニックストーナメント2017 4日目全体ハイライト

4日目・4Rリーダーボード

順位 通算 プレーヤー 合計 1R 2R 3R 4R
1 -20 B.ケプカ 264 65 68 64 67
2 -11 P.マークセン 273 71 65 70 67
2 -11 李尚熹 273 65 70 66 72
2 -11 X.ショフレ 273 69 66 67 71
5 -10 松山英樹 274 67 67 71 69
6 -9 今平周吾 275 67 71 69 68
6 -9 朴相賢 275 68 71 67 69
6 -9 H.W.リュー 275 67 67 69 72
9 -8 小田孔明 276 70 71 67 68
9 -8 W.ブライアン 276 71 71 65 69
11 -7 B.ケネディ 277 73 68 70 66
11 -7 岩田寛 277 70 72 68 67
11 -7 池田勇太 277 71 71 67 68
11 -7 稲森佑貴 277 69 66 72 70
11 -7 武藤俊憲 277 67 69 68 73
16 -6 大堀裕次郎 278 71 72 69 66
16 -6 姜庚男 278 72 72 67 67
16 -6 S.ノリス 278 69 71 66 72
19 -5 任成宰 279 70 73 67 69
19 -5 宮里優作 279 76 70 63 70
19 -5 H.バーナーIII 279 74 68 67 70
19 -5 片山晋呉 279 71 66 70 72
23 -4 黄重坤 280 74 70 67 69
23 -4 A.ブランド 280 70 70 71 69
23 -4 S.ハン 280 70 71 68 71
23 -4 小鯛竜也 280 72 70 74 64
27 -3 石川遼 281 72 71 70 68



【動画】ダンロップフェニックストーナメント2017 最終日 注目選手スタートシーン


(映像:JGTO YouTube公式アカウント)

【動画】ケプカ 18番 イーグル締めのウイニングパット!

動画配信|ダンロップフェニックストーナメント|DUNLOP PHOENIX TOURNAMENT

【動画】ケプカ 優勝インタビュー

動画配信|ダンロップフェニックストーナメント|DUNLOP PHOENIX TOURNAMENT

(2映像:ダンロップフェニックストーナメント公式HP)


【スポンサーリンク】



その他ゴルフ関連記事

PGAツアー新シーズン2016-2017 大会日程・スケジュール・カレンダー
www.idayu.jp
松山英樹 最新世界ランキング・賞金・FedExランク・プロフィール等
www.idayu.jp
松山英樹 最新クラブセッティング スイング動画 ヘッドスピード・飛距離!
www.idayu.jp





※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。