[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「全米オープンゴルフ2017」3日目 ショット、パット噛み合わずも我慢のゴルフで「71」通算-6!14位T!

更新:2017年6月18日
松山英樹メジャー第2戦「全米オープンゴルフ2017」⛳3日目・3ラウンドの模様、詳細結果速報、動画、筆者ゐ太夫の戦評をご紹介します!

2日目に「強い松山」復活を感じさせるゴルフを展開し、一気に優勝争いの位置まで上げてきた松山。ムービングデーのこの日は更なるチャージに期待が懸かりました!

3日目の松山は前半からティーショットとパットの精度が悪く、アイアンも上手く噛み合わない苦しい展開が続き、4バーディ、3ボギーの「71」通算6アンダー、14位Tでホールアウトしています!

【スポンサーリンク】





決勝に入り1ウェイ2サムとなり、ブラント・スネデガーとのペアリングが組まれた松山英樹!

スタート時間帯から風も穏やかなエリンヒルズ。3日目は現地時間、13時34分と遅い時間帯にOUTからスタートした!

前半 OUT

🚩1H 609Y Par5

f:id:h-idayu:20170618225357p:plain

306YのティーショットはFW右サイドへ。残り306Y。
セカンドショットは、左サイドセカンドカット、残り109Y地点へ。
3打目アプローチはピン右奥13mに着ける。
長いバーディパットは、カップを3.8mオーバー。
嫌な距離のパーパットはしっかり沈め、パー発進!

🚩2H 331Y Par4

f:id:h-idayu:20170618225413p:plain

311Yのドライビングは、グリーン手前FWへ!残り14Y!
セカンドはピン奥1.1mに着ける絶妙なアプローチ!
このパットはしっかり沈め、今日初バーディ奪取!

今日も早めのバーディで、通算6アンダー、5位Tグループへ!

【動画】松山 2番 絶妙なアプローチで寄せバーディ!

www.usopen.com
(映像:USGA公式HP)

🚩3H 516Y Par4

f:id:h-idayu:20170618225425p:plain

FW右サイドから残り225Yのセカンドは、ピンに真っ直ぐ向かうもランが出て、僅かにグリーン奥にこぼれエッジ付近へ。
残り5.8mの3打目は、僅かに外れる惜しいパットで、タップインパー。 

🚩4H 432Y Par4

f:id:h-idayu:20170618225437p:plain

FW右サイドからのセカンドは、グリーン手前のバンカーへ。
残り8Yの3打目アプローチは、ピンそば1.2mに着け、ナイスパーセーブ!

🚩5H 504Y Par4

f:id:h-idayu:20170618225454p:plain

右サイドから残り198Yのセカンドは、ピン奥3.3mに着ける絶妙なショット!
このバーディパットは僅かに外れ、パー。

🚩6H 239Y Par3

f:id:h-idayu:20170618225505p:plain

ティーショットは、右に出るも上手くキックし、ピン手前4.5mに着ける!
ここも微妙な距離のバーディパットは僅かに外れ、パー。

【動画】松山 6番 微妙な距離のバーディパットを外し、パー。

www.usopen.com
(映像:USGA公式HP)

🚩7H    613Y Par5

f:id:h-idayu:20170618225517p:plain


グリーン手前FW、残り130Yの3打目アプローチは、ピン左手前5.4mに着ける。
バーディパットは僅かにカップ手前70cmを残し、パー。

🚩8H 499Y Par4

f:id:h-idayu:20170618225532p:plain

右サイドファーストカットから残り204Yセカンドは、ピン手前60cmに着けるスーパーショット!
このパットは落ち着いて沈め、今日2個目のバーディ奪取!

このバーディで通算8アンダー!首位に1打差の4位Tまで順位を上げる!

🚩9H 123Y Par3

f:id:h-idayu:20170618225547p:plain

ティーショットはグリーン左、ピンまで9.3m、ファーストカットへ。
セカンドはパターで狙い、カップ右1mに着け、パーで折り返し。

【動画】松山 9番 長いバーディパットは僅かに決まらずパー。

www.usopen.com
(映像:USGA公式HP)


前半スコア

前半は、2バーディ、ノーボギーの「」通算7アンダー、5位Tでハーフターン!

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20170618053551p:plain




【スポンサーリンク】


後半IN

🚩10H 521Y Par4

f:id:h-idayu:20170618225601p:plain

310YのティーショットはFW右サイドへ。残り211Y。
セカンドは、ピン左奥6.5mに2オン。
長めのバーディパットはカップを1.3m逸れる。
この返しのパーパットもカップをオーバーし、ボギーとしてしまう。

初日以来、久しぶりのボギーで、通算6アンダーに戻し、11位Tグループへ。

【動画】松山 10番 3パットを叩き初日以来のボギー

www.usopen.com
(映像:USGA公式HP)

🚩11H 467Y Par4

f:id:h-idayu:20170618225640p:plain

329Yのロングドライブは、FWセンターへ。残り139Y。
セカンドはピン左奥5.4mに着ける!
微妙な距離のバーディパットは、ほんの僅かに外れ、タップインパー。

🚩12H 436Y Par4

f:id:h-idayu:20170618225739p:plain

左サイドから残り151Yのセカンドは、ピン右手前3.8mに着ける絶妙なショット!
このバーディパットはカップを1mオーバーし、パー。

🚩13H 208Y Par3

f:id:h-idayu:20170618225758p:plain

ティーショットはグリーン右FWへ。
残り15Yのセカンドアプローチは上手くキックせず、ピン手前3.7mでストップ。
パーパットは無情にも僅かにカップ横をオーバーし、ボギーとしてしまう。

このボギーで通算5アンダー、16位Tまで順位を落とす。

🚩14H 599Y Par5

f:id:h-idayu:20170618225805p:plain

FW右サイドから残り264Yのセカンドは、グリーン右のバンカーへ。残り18Y。
3打目バンカーショットは、ピン手前1mに着ける絶妙なリカバリー!
ここはしっかり沈め、見事バウンスバックバーディ奪取!

松山らしいバウンスバックで、再び通算6アンダー、13位Tグループへ!

【動画】松山 14番 巧いリカバリーから見事バウンスバックバーディ奪取!

www.usopen.com
(映像:USGA公式HP)

🚩15H 288Y Par4

f:id:h-idayu:20170618225837p:plain

初日イーグルホール!

ティーショットは、グリーン手前のバンカーへ。
残り29Yのバンカーショットは、傾斜の芝に当たり2オン出来ず。
3打目アプローチは、ピン奥1.4mに着ける。
しかしこの短いパットを外してしまい、ボギー。

🚩16H 214Y Par3

f:id:h-idayu:20170618225845p:plain

ティーショットは危うくバンカーかと思われたが、グリーン右奥ギリギリで上手く跳ね返り、ボールはピン方向へ。残り4.1m。
微妙な距離のバーディパットは、僅かに外し、パー。

🚩17H 523Y Par4

f:id:h-idayu:20170618225854p:plain

322YティーショットはFWセンターへ。残り202Y。
セカンドはピンハイ右2.7mに着ける絶妙なショット!
このバーディパットはカップに蹴られ、タップインパー。

🚩18H 667Y Par5

f:id:h-idayu:20170618225902p:plain

337Yのティーショットは右へ曲げ、ローピングの外、ギャラリーエリアまで打ち込む。
セカンドはFWセンター、残り115Y地点へ。
3打目アプローチは、3.4mに着ける巧みなショット!
このパットは見事に決め、バーディ締め!

【動画】松山 18番 巧みなショットでバーディフィニッシュ!

www.usopen.com
(映像:USGA公式HP)

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20170618074710p:plain

3日目のスコア

3日目・3Rの松山は、4バーディ、3ボギーの「71」通算6アンダー、14位Tでホールアウトした!


【スポンサーリンク】


ゐ太夫の戦評

2日目の絶好調から一転、この日は出だしからティーショットが安定せず、アイアンショット、パッティングの精度も上がらず苦しい展開となりました。

2日目前半はフェアウェイキープはもちろん、ほとんどがFWセンターに収まり、飛距離も出るという理想的な形でバーディを量産。

3日目はティーショットが右に右にと行く傾向があり、スイングを見る限り、昨日の様な全くぶれない不動の下半身から、弱冠の上下動が影響を与えている様にも見えました。

パットが良いから、余裕を持ってアイアンショットを打てることが逆に精度を高め、アイアンショットが良いために、ティーショットもプレッシャー無く打てるという好循環から、逆の状態になってしまったとも言えそうです。

昨年終盤に無敵を誇った際の松山は、ティーショット、アイアンショット、グリーン周り、パッティングとある中で、どれかが悪くても、他の何かでカバーしスコアを稼げる理想的なゴルフを展開していました。

その点からすると、まだ上手く噛み合っていない部分が見られることも事実です。

本人もこの展開には、相当フラストレーションが溜まっていたはずです。

ただ、10番で初日以来のボギーを叩くまでは、我慢のゴルフに徹し、その後出入りが激しくなりつつも、ダボを叩かず、バウンスバックを決め、上がりはバーディで締めるという我慢のゴルフは、2日目の猛チャージとは違った「松山らしさ」でもあります。

これまで、なかなか上位浮上が無かったのも、ダボを叩き大崩れして、修正が利かなくなるという要素がありましたが、決して優しくはない全米オープンの舞台で、少しずつ底上げ、復調気配を魅せてくれています。

ムービングデーで、上位陣が相当スコアを伸ばした3日目となりましたが、最終日に再び2日目の様なゴルフが展開出来れば、まだまだ逆転優勝の目はあると見ています!

松山英樹・ゴルフ関連記事

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(PGAツアー新シーズン2016-2017 大会日程・スケジュール・カレンダー)
www.idayu.jp
(松山英樹 最新世界ランキング・賞金・FedExランク・プロフィール等)
www.idayu.jp
(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(松山英樹 最新クラブセッティング スイング動画 ヘッドスピード・飛距離!)
www.idayu.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村


© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。