[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「ウェルズファーゴ選手権2018」1日目 大乱調3ダボ!通算+6!135位T大幅出遅れ発進!

松山英樹「ウェルズファーゴチャンピオンシップ2018」1日目・1ラウンドの模様、1打速報風結果速報、動画をご紹介します!⛳

マスターズ以来1ヶ月ぶりの出場となった松山英樹。初日はクラブセッティングの大幅変更と、それに伴うスイング改造の影響か、得意のショットが大乱調!前半だけで3ダボを叩く等スコアを落とし、3バーディ、3ボギー3ダブルボギーの「77」(Par71)通算6オーバー、135位Tと大幅出遅れスタートとなっています!


www.idayu.jp


Embed from Getty Images

予選ラウンドは、ブライス・ガーネット、グレーム・マクドエルとのペアリング。

初日・1ラウンドはINから、現地時間13:00にスタートした!

前半IN

10H 592Y Par5

289Yのティーショットは左ラフへ。残り296Y。
セカンドショットはグリーン左ラフへ。残り21Y。
3打目アプローチはピン手前1.7mに着ける。
チャンスパットは僅かに外れ、パー発進!

11H 462Y Par4

左ラフから残り162Yのセカンドはフライヤーで飛びすぎ、グリーン奥。OB。
打ち直し4打目は再びグリーン奥も、残り16Yラフ。
5打目アプローチは、ピン奥1.5mに着け、痛恨のダブルボギーとしてしまう。

12H 456Y Par4

気合いの340Yビッグドライブは右のラフへ。
残り106Yセカンドは、ピン左奥15mに2オン!
長いバーディパットは50cmほど外れる惜しいパットで、パー。

13H 208Y Par3

ティーショットはピン右手前7.4mに1オン!
微妙な距離のバーディパットは僅かに外れ、パー。

14H 344Y Par4

1オン狙いのティーショットは335Yの飛距離も、グリーン右バンカーへ。
残り25Yセカンドバンカーショットは、ピン手前4.6mに着ける!
微妙な距離のパットとなったが、ここは見事に沈め、初バーディ奪取!

15H 577Y Par5

FW右のバンカーからのセカンドは、左へ出てしまい、池ポチャ。
ウォーターハザードでドロップ後、残り190Y左ラフからの4打目は、ピン奥11mに着ける。
長いパーパットは、カップを1.9mオーバー。
返しのボギーパットも僅かに外し、再びダブルボギーとしてしまう。

16H 506Y Par4

※16番~18番がクエイルホロー名物「ザ・グリーンマイル」

FW左サイドからのセカンドはグリーン右のラフへ。残り29Y。
3打目アプローチは、ピン左手前3mに着けるナイスアプローチ!
しかし、パーパットを外しボギーと、続けてスコアを落とす!

17H 223Y Par3

ティーショットは左へ出てしまい、無情にもグリーン左の池へ。
ウォーターハザードで、残り115Yの3打目は、ピン奥8mに着ける!
長めのボギーパットは僅かに外れ、再びダブルボギーとしてしまう。

18H 494Y Par4

FW右サイドからのセカンドは、僅かにグリーン右FWへ。
9Yのアプローチは僅かにピン奥に外れ、パー。

前半スコア

前半の松山は、1バーディ、1ボギー3ダブルボギーの「42」6オーバーでハーフターン!

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20180504063706p:plain





後半OUT

1H 495Y Par4

右ラフからのセカンドは、ピン右手前4.9mに2オン!
微妙な距離のパットだが、ここは見事に沈め、後半折り返しでバウンスバック!

2H 452Y Par4

左へ大きく曲げた後の、セカンドはピン左奥4mに着ける絶妙なショット!
しかし、このバーディパットは僅かに外れ、パー。

3H 483Y Par4

右ラフからのセカンドはグリーン右手前のバンカーへ。
残り33Yの3打目バンカーショットは、ピン手前4mに着ける!
このパーパットも僅かに外し、ボギーとしてしまう。

4H 167Y Par3

ティーショットはピン右手前4.4mに1オン!
ここも微妙な距離のパットを僅かに外し、パー。

5H 449Y Par4

右サイドFWバンカーから133Yのセカンドは、ピン右3.9mに着ける絶妙なリカバリー!
バーディパットはカップを1mオーバー。
返しのパーパットも外し、ボギーとしてしまう。

6H 249Y Par3

ティーショットはグリーン奥FWへ。
残り15Yのセカンドアプローチは、ピン奥3.6mに着ける。
ようやくこの距離のパットが決まり、パーセーブ!

7H 546Y Par5

FWセンターから残り247Yのセカンドは、グリーン左奥エッジ付近へ。
残り8mの3打目は僅かに外れるが、ここで久しぶりのバーディ奪取!

8H 346Y Par4

318Yティーショットはグリーン左手前、残り32Yファーストカットへ。
セカンドアプローチは、ピン手前7mに着ける。
微妙な距離のバーディパットは僅かに外れ、パー。

9H 505Y Par4

気合いの345YビッグドライブはFWセンターへ。
残り155Yのセカンドは、ピン奥5mに2オン!
微妙な距離のバーディパットは僅かに外れ、パーフィニッシュ!

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20180504092005p:plain

1日目のスコア

1日目・第1ラウンドの松山は、3バーディ、3ボギー3ダブルボギーの「77」(Par71)通算6オーバー、135位Tでホールアウトした!





【動画】松山英樹「ウェルズファーゴ選手権2018」初日・1Rハイライト!

www.golfnetwork.co.jp
(映像掲載ページリンク先:ゴルフネットワーク公式HP)

ゐ太夫の寸評

マスターズ以来1ヶ月ぶりの出場となった松山英樹。

会場のクエイルホローは、昨年の「全米プロゴルフ選手権」開催時に大改修を施し、難易度が格段に上がっていました。

しかし、その「全米プロ」で松山は自身初のメジャー制覇目前まで行き、涙を呑んだ得意なコース。

初日から厳しいピンポジションで、全体のスコアも伸びないという要因はあったものの、スタートから不安定なショットの連続。

スタート直後の11番から、いきなりOBを打つ等、前半だけで3ダブルボギーと、非常に厳しい展開となりました。

前半のフェアウェイキープ率は(2/7)の28.57%。後半もティーショットは持ち直すことなく同じく(2/7)の28.57%でトータル28.57%(4/14)は全体141位というスタッツ。

パーオン率は、61.11% (11/18)とそこまで悪くないものの、前半は寄せきれず、後半はチャンスに着けても、パッティングをことごとく外してしまい、スコアを伸ばすことが出来ませんでした。

風が強い午後スタートだったことを差し引いても、ショットの距離感のブレ幅が大きく、今大会からクラブの大幅変更をした影響が出てしまったのかもしれません。

怪我の影響で数多く打ち込むことが出来ない中、セッティングを変え、スイングも改造中ということで、この結果はある程度、折り込み済みの様な気もします。

2日目の明日、6オーバーの135位Tから予選通過は厳しいかもしれませんが、次週、第5のメジャー「プレーヤーズ選手権」その後の「メモリアルトーナメント」「全米オープン」と今後に繋がるゴルフに期待が懸かります!


松山英樹「ウェルズファーゴ選手権2018」TV放送予定・ネット配信・結果速報・動画・賞金・組合せ・概要!

www.idayu.jp

© 2014-2018 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。