読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「WGC-デルマッチプレー選手権2017」初日 前半リードも後半膠着状態続き、初戦引き分け!谷原はスピースに勝利!

更新:2017年3月23日
松山英樹「WGC-デルテクノロジーマッチプレー選手権2017」初日・1ラウンドの模様、詳細結果速報、動画、筆者ゐ太夫の戦評をご紹介します!

昨年終盤に魅せた大躍進から一転、足踏み状態が続く松山。マスターズを目前に控え、復調のきっかけを掴む意味でも重要な意味を持つ今大会初戦。

実力者J.フューリックとの一騎打ちは互いに決め手に欠ける展開となり、前半こそ松山がリードするも引き離すことは出来ず、後半は膠着状態が続き、初戦はオールスクエアで0.5Ptの獲得でのホールアウトとなりました。

なお、谷原秀人はJ.スピース相手に4&2で勝利!池田勇太はR.ムーアと引き分けという結果となっています!

【スポンサーリンク】


世界ランク4位で、グループ4筆頭の松山の初戦の相手は、最近調子を落としランキング51位も、実績、勝負勘文句無しのジム・フューリック。

初戦で実力者を倒し、2戦目以降を有利に運びたい松山は、現地時間11時20分にスタートした!

前半 OUT

🚩1H 394Y Par4

松山のティーショットは、左サイドのラフへ。残り94Y。

フューリックは、大きく曲げて右サイドラフ。セカンドは出すだけも右ラフ。依然81Yを残す。
3打目はグリーン奥のラフまで打ち込み、4オン2パットのダブルボギー。

松山はセカンドをピン右手前8.7mに2オン。
長いパットを見事に沈め、幸先良くバーディ発進で、松山が先制1UP!

🚩2H 470Y Par4

ティーショットは、揃ってFW左サイドへ。飛距離もほぼ同じ。

松山は残り177Yのセカンドをピン右手前、8.6mに2オン。
長めのバーディパットは僅かに外れ、パー。

フューリックは、残り185Yのセカンドをピン右手前、6.3mに2オン。
今度はフューリックが微妙な距離のバーディパットを沈め、バウンスバックで、オールスクエアに戻す!

🚩3H 440Y Par4

ここは両者2オン2パットで、ハーブ(引き分け)

🚩4H 185Y Par3

松山のティーショットはグリーン奥FWへ。残り9.1Y。
2打目はあと僅かでカップインの惜しいパットとなり、コンシード!

フューリックは、ピン右手前11.4mに1オン。
長いバーディパットは、カップ手前1.9mまで寄せるも、パーパットを外し、再び松山が1UP!

🚩5H 370Y Par4

松山のセカンドは、ピンまで3.4mに着ける絶妙なショット!
しかし、バーディパットを外し、パー。

フューリックのセカンドもピン2.6mのベタピンショットも、バーディパットを外し、このホールはハーブ。

🚩6H 590Y Par5

フューリックは2オン1パットで、カップまで残り3.2mまで寄せる。

松山はティーショットを左へ大きく曲げ、ペナルティで3打目を打ち直し、4オン。

松山、この時点でコンシードし、このホールはフューリックが獲り、オールスクエア。

🚩7H 201Y Par3

ここは両者1オン2パットで、ハーブ。

🚩8H 498Y Par4

松山は3オン1パット。フューリックは、2オン2パットで、ここもハーブ。

🚩9H 490Y Par4

松山、ここは気合いの350Yビッグドライブを魅せ、FW左サイドをキープ。
残り101Yのセカンドは、ピンそば1mに着けるスーパーショットでバーディ奪取!

フューリックは2オン2パットのパーで、このホール松山が獲る!

前半スコア

前半は、松山の1UPでハーフターン!

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20170323045004p:plain


【スポンサーリンク】


後半 IN

🚩10H 393Y Par4

松山はセカンドをピン左手前5.5mに着ける。

フューリックのセカンドは、ピンハイ左1.4mに着ける絶妙なショットで、バーディ奪取。

後半スタートで、再びオールスクエアとなる。

🚩11H 194Y Par3

ここは互いにティーショットを寄せきれず、1オン2パットでハーブ。

🚩12H 578Y Par5

松山はセカンドをグリーン右エッジへ。3打目はピンまで1mに寄せ、バーディ奪取。

フューリックのセカンドは、グリーン手前FW。3打目をピン1mに寄せ、フューリックもバーディで、ハーブ。

🚩13H 317Y Par4

フューリックのティーショットは、右へ大きく曲げ、アンプレヤブルのトラブル。
しかしドロップ後のセカンドをピン奥4.7mに着け、2パットのパー。

松山は、セカンドをピンハイ左2.4mに着ける絶妙なショットを魅せるも、チャンスパットを外してしまいパー。

松山は、フューリックのピンチに付け込むことが出来ず、ハーブ。

🚩14H 465Y Par4

ここは両者、セカンドショットでグリーンを外し、3オン2パットのボギーとし、ハーブ。

🚩15H 440Y Par4

松山はセカンドをピン6.7mと寄せきれず、パー。

フューリックはピン1.8mまで寄せるも、バーディパットを外し、パーで、ここもハーブ。

🚩16H 565Y Par5

松山のセカンドはグリーン手前FW、残り36Y。フューリックは手前FW、残り74Y。

3打目アプローチは、松山がピン4m、フューリックは、3.6mに着けるも、互いにバーディパットを外し、ハーブ。

🚩17H 150Y Par3

オールスクエアが続き、勝負を決めたい残り2ホール。

しかし、ここも互いにティーショットで1オン出来ず、2オン1パットのパーで、ハーブ。

🚩18H 368Y Par4

迎えた最終ホール。予選ラウンドはエクストラホールは無いため、ここも分けるとポイントは0.5Pt。

ここでも両者ティーショットは、ほぼ同じ距離で右サイドラフ。

フューリックの方が、ライが悪く、打てる方向も限られている。
しかし、フューリックのセカンドは、ピン奥7mに着ける絶妙なアプローチを魅せる。

松山のセカンドは、ピンハイ右2.8mとチャンスに着ける。
決めれば最終ホールで勝利のバーディパットは、無情にも僅かに外れ、パー。

フューリックはピンチ一転、ナイスパーセーブを魅せ、ここもハーブでフィニッシュ。

初日・1Rのスコア

初日の松山は、フューリックとの対戦をオールスクエアとし、0.5ポイントで分け合う結果となった。

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20170323063331p:plain

【動画】松山英樹 初日・1Rダイジェスト映像

【動画】三度リードも... 松山はJ.フューリックと引き分ける | ゴルフネットワークマガジン | ゴルフネットワーク | 日本唯一のゴルフ専門チャンネル

WGC デルテクノロジーズ マッチプレー


(映像掲載ページリンク先:ゴルフネットワーク公式HP)

【スポンサーリンク】


ゐ太夫の戦評

グループ4のメンバー中、最下位の51位が実力者ジム・フューリックという不運なグループ分けとなった今大会。

マッチプレーに滅法強い、ルイ・ウーストヘイゼンも入るグループで、初戦はどうしても獲りたいところでした。

フューリックは実績十分ながら、ここのところ調子を落としており、この日もショット、パット共に安定感に欠ける内容。

ただ、松山も前半こそリードするも、2UP以上は獲れず、ショットもパットもフューリックとほぼ同じ内容。

後半10番でオールスクエアとされてから、何度もチャンスが訪れるも決めきれない、もどかしさが滲み出るラウンドとなってしまいました。

元来、マッチプレーと相性がいいとは言えない松山だけに、調子が悪いながらもオールスクエアで0.5ポイントを獲得出来たことを良しとし、明日以降の奮起を期待したいところです!



関連記事

松山英樹「WGC-デルマッチプレー選手権2017」TV放送予定・ネット配信・結果速報・動画・ルール・全グループ・賞金・組合せ・概要!
www.idayu.jp

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(PGAツアー新シーズン2016-2017 大会日程・スケジュール・カレンダー)
www.idayu.jp
(松山英樹 最新世界ランキング・賞金・FedExランク・プロフィール等)
www.idayu.jp
(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(松山英樹 最新クラブセッティング スイング動画 ヘッドスピード・飛距離!)
www.idayu.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村


© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。