[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山・谷原「チューリッヒクラシック2017」3日目 ショット安定せず「75」34位T!

松山英樹・谷原秀人がタッグで挑む「チューリッヒクラシック2017」3日目・3Rの模様、ホールアウト後のコメント、全体ハイライト、リーダーボード、筆者ゐ太夫の寸法をご紹介します!

再び交互に同じボールを打つフォアサム形式となった3日目。松山・谷原コンビはショット、パットが安定せず、1バーディ、4ボギーの苦しいゴルフで「75」とスコアを落とし、通算6アンダーの34位Tでホールアウトしています!

2日目以上の強風が吹いたこの日、今大会抜群の安定感を魅せるJ.ブリクスト&C.スミスがボギー無し「68」で、2位に4打差の通算19アンダーで単独首位のまま、最終日の激戦を迎えることになりました!

【スポンサーリンク】



チューリッヒクラシック2017 3日目・3ラウンド

3日目の松山英樹・谷原秀人

初日と同様に、交互に同じボールを打ち合う、フォアサム形式のフォーマットでのラウンドとなった3日目。

2日目以上の強風が吹くコンディションの中、23位Tからスタートした松山・谷原組。

出だし2番では松山がセカンドショットをグリーン手前のバンカーへ入れるも、谷原がナイスリカバリーでピンそば3.4mに着け、松山が沈めバーディ奪取!

【動画】2番 松山・谷原組 ナイスリカバリーからバーディ奪取!

【動画】松山&谷原、34位タイ J.ブリクスト&C.スミスが独走 | ゴルフネットワークマガジン | ゴルフネットワーク | 日本唯一のゴルフ専門チャンネル

チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ


(映像リンク先:ゴルフネットワーク公式HP)

その後は、ショットが安定せずパーが続き、6番では2オン3パットでボギー

9番Par3では、松山のティーショットがグリーンを外すも、谷原がピンそば2mのチャンスに着ける絶妙なショット!

しかし、このパットを松山が外し、ボギー先行となる苦しい展開で、通算8アンダーでハーフターン

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20170430143534p:plain

【スポンサーリンク】


後半に入っても両者ショットが安定せず、12番では谷原のティーショットがFWバンカーに。松山のセカンドもグリーン手前のバンカーに入れてしまい、ボギー

15番も松山のティーショットがFW左のバンカーに入り、谷原がレイアップした後、松山が3打目アプローチをピンそば1.9mまで寄せるも、谷原がパーパットを外し、ボギー。

そのまま後半はバーディが奪えず、3日目は1バーディ、4ボギーの「75」通算6アンダーの34位Tに順位を落とし、ホールアウトしています。

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20170430144715p:plain

初日の様に松山のショットが不安定な谷原のショットをカバーしきれず、松山、谷原共に短いパットも外す苦しい展開。

初日に魅せたコンビネーションの良さを発揮出来ない、もどかしい1日となりました。

また、この日は合計8回バンカーに打ち込んでおり、まさにTPCルイジアナを設計したピート・ダイの罠にはまる形にもなりました。

最終日は、2人のベストボールを選択出来るフォアボール形式となるため、最後に悔いなく攻めのゴルフを展開して終わりたいところです!


松山英樹・谷原秀人 ホールアウト後のコメント

(バンカーに苦しめられたラウンドだったが?)
松山谷原「条件はみんな一緒だから」「こんなに砂(バンカー)にハマるかな?」

(6番では1.5m、9番も2mのパーパットを外しボギー)
松山「流れを途切らせてしまった」

(2日目はイーグル奪取の7番Par5もバンカーに阻まれパー)
谷原「英樹は、良いショットを打ってくれていたけど、風とあわなかったことがあった。ちょっとの差でバンカーに行く場面が多かった」

(ショットの調子がなかなか上がってこない?)
松山「昨日同様に自分の状態は良くない。でも、砂にハマりすぎた1日だった」
谷原「本当にちょっとの差だと思う。ドライバーでスピンコントロールも必要になってくる。でも、(厳しいところを)狙っていかないと木が邪魔になったりする。きょうは不運ではなく、少しの差で流れに乗り切れなかった」

(悔しさは残るが、最終日に向けて?)
谷原「でも僕らは元気。あす頑張ります」松山「少しでも多くバーディを獲りたい」
松山谷原「もう落ちることはないからね。ガンガン攻めて気持ちよく終わりたい」

(上記引用:GDO 質問カッコ部分:著者編集)



【スポンサーリンク】



3日目・3R リーダーボード

順位 通算 チーム・プレーヤー 合計 1st 2nd 3rd
1 -19 J.ブリクスト/C.スミス 197 67 62 68
2 -15 K.キスナー/ S.ブラウン 201 70 64 67
2 -15 C.ホフマン/N.ワトニー 201 67 65 69
4 -14 J.スピース/R.パーマー 202 66 66 70
5 -13 B.スチュアード/C.ストラウド 203 68 64 71
6 -12 K.クラフト/K.ツエー 204 71 63 70
6 -12 A.カブレラ/J.エトゥレイン 204 70 63 71
8 -11 M.トンプソン/T.ウィルキンソン 205 71 66 68
8 -11 B.ワトソン/J.B.ホームズ 205 73 64 68
8 -11 M.ホフマン/C.ビジェガス 205 72 62 71
19 -9 B.グレース/L.ウーストヘイゼン 207 70 67 70
29 -8 J.トーマス/B.コーリー 208 70 64 74
34 -6 松山英樹/谷原秀人 210 69 66 75

【動画】チューリッヒクラシック2017 2日目全体ハイライト


(映像:PGA YouTube公式アカウント)

3日目・3R概略

2日目に単独首位に立ったヨナス・ブリクスト&キャメロン・スミス組が難しいコンディションの中、3日目もノーボギーの「68」と安定したラウンド。

通算19アンダーまでスコアを伸ばし、2位に4打差を付け、36年ぶりのPGAツアーチーム戦優勝に向け最終日に臨みます! 

その2位Tグループはケビン・キスナー&スコット・ブラウン組とチャーリー・ホフマン&ニック・ワトニー組が通算15アンダーで追走。

14アンダー、単独4位にはジョーダン・スピース&ライアン・パーマー組が付けています!

最終日は、フォアボール形式のフォーマットのため、攻撃的なゴルフで激しいスコアの伸ばし合いが予想され、首位の4打差もセーフティリードとは言えない状況。

36年ぶりのチーム戦、優勝の栄冠はどのチームに輝くのか?熾烈な争いに期待が懸かります!

チューリッヒクラシック 他 関連記事

松山・谷原「チューリッヒクラシック2017」2日目 スーパーショット連発で「66」通算-9!23位Tで決勝Rへ!

www.idayu.jp

松山・谷原「チューリッヒクラシック2017」2日目コメント・全体ハイライト・順位表!

www.idayu.jp


(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(PGAツアー新シーズン2016-2017 大会日程・スケジュール・カレンダー)
www.idayu.jp
(松山英樹 最新世界ランキング・賞金・FedExランク・プロフィール等)
www.idayu.jp
(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(松山英樹 最新クラブセッティング スイング動画 ヘッドスピード・飛距離!)
www.idayu.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村


© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。