[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【ゴルフ】松山英樹・石川遼「CIMB クラシック」初日ホールアウト コメント 石川遼、好スタート!!

松山英樹石川遼のアジアラウンド「CIMB クラシック」(マレーシア)

1日目ホールアウト後のコメントです。

【スポンサーリンク】



松山英樹は4バーディ、2ボギー初日を「70」2アンダーの23位タイ。


松山英樹 雷中断→再開後にベタピンバーディ【米国男子 PGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

「ショットがあまり良くなかった」という状態で、第1打をピン奥50cmにつけた前半8番(パー3)までに3バーディ。12番、15番(パー3)など中盤は2m以上のパーパットを沈めるなど、しぶとくプレーした松山は、長い中断の直後に芯の強さを見せつけた。

午後1時過ぎに迎えた16番で、フェアウェイから残り110yd、第2打のアドレスに入ろうとしたそのとき、上空でゴロゴロと雷の音。すぐに中断のホーンが響き渡り、クラブハウスへ戻るよう指示された。

待つこと2時間15分、再開の合図を聞いてすぐに放ったウェッジでのショットは、スピンを効かせてピンそば20cmにピタリ。「中断になって良かったなという感じです。(中断前の試合進行が不透明な)あのシチュエーションで、あまり打ちたくなかった」と、整理がついた気持ちで放った一打で“お先”に楽々のバーディを決めた。

1週のオフを挟んで迎えた米ツアーの2014-15年シーズンの開幕4戦目は、アジアンツアーとの共催試合。初日、2日目で同じペアリングに組み込まれたのはメジャー覇者のジェイソン・ダフナーと、アジアンツアー2週連続優勝を狙う、現在賞金ランク2位のアニルバン・ラヒリ(インド)。堂々の“メイン組”は終始、テレビカメラにマークされ、松山は中断中に休憩がてら昼食を取るシーンまで放送された。

そんな高い注目度にも、もう慣れたもの。2年連続の出場とあって環境にも不平はない。「ここの国はサンダーストームがあることは普通だと思うんで。去年も(進行が)遅れましたし。中断も全然、気にしませんでした」と、どこ吹く風だ。

連日の雷、大雨のため、普段のように長く打ち込みができなくとも「ここに来ると決めたときから分かっていたこと。試合をやりながら、そう嘆いても仕方がない。体調を崩さないようにしたいです」。そう言ってやはり、ラウンド後に練習場へ向かう姿も落ち着き払ったものだった。

【スポンサーリンク】



石川遼は、5バーディ、2ボギーの「69」、通算3アンダーの13位タイの好スタート。


首位に4打差発進 石川遼、価値あるバーディフィニッシュ【米国男子 PGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

前半の粘りは「パットの調子が戻ってきた」という後半インで活きた。12番、14番でバーディを重ねると、見せ場は最終18番(パー5)。ミスが続いてフェアウェイバンカーからの第3打は奥に切られたピンまで200ydを残しながら、6番アイアンを強振し、2段グリーンの同じ面にナイスオン。

「(バンカーの)アゴに当たらないことだけを考えた。距離が届いてくれてよかった。奇跡的なショット」と胸をなで下ろすだけでは飽き足らず、10mのスライス、フック、ストレートのラインを読み切ってバーディフィニッシュ。ボールが消える前から高々とパターを空に掲げ、歓声をいっそう大きくした。

狭く絞られたフェアウェイは多くのうねりがあり「感性を活かしていかなければいけないライが多い。平らな所からアイアンを打てるのはパー3くらい」。ただ「そういう方が楽しいですね」と、レベルの高い状況判断と技術が求められるコースを歓迎する。

腰への負担軽減を狙って、この日から実戦で履いたソフトスパイクにも及第点。依然、改善点はあるとしたが「今週はかなり上り(坂)も多い。今まではかなり重い靴だったから、重さが半分くらい、それ以下にも感じる」と話した。


松山英樹はショットの調子が良くない中、4バーディ、2ボギー。
マレーシアの天候を楽しむ余裕もあり、2時間強の雷中断後に
ベタピンアプローチを打つ落ち着きも見せている。

石川遼はパットの復調が大きい。
石川もアンジュレーションの大きい、
クアラルンプールG&CCを楽しんでいるようでもある。

2人とも好位置にはつけており、2日目は2人でトップ10入りを
目指して貰いたいと思っている。

(関連記事)

【ゴルフ】松山英樹 石川遼 出場予定 「CIMBクラシック」放送・中継予定!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【ゴルフ】必見!松山英樹・石川遼TV出演!! 対談スペシャル!松山英樹と石川遼の“プレー以外”に密着 等身大の苦悩と素顔とは…!?NHKBS1特別番組放送!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。