[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 148回全英オープンゴルフ2019 TV放送、ネット配信、組合せ、結果速報、賞金、出場選手、戦績、概要!

更新:2019/7/16
松山英樹出場予定メジャー最終戦、7月18日開幕「第148回全英オープンゴルフ2019」⛳の地上波(テレビ朝日)CS、BSテレビ放送・中継予定、ネット中継・各ラウンド速報・結果・コメント、賞金額、組合せ・ペアリング・スタート時刻、出場全選手、優勝予想、戦績、大会概要をご紹介します!!

世界のトッププロ・アマ、選ばれし156名がイギリス有数の難コースで技を競い合う全英オープン。今季は松山の他に今平周吾、稲森佑貴、藤本佳則、浅地洋佑、池田勇太、堀川未来夢、アマチュアから金谷拓実と総勢8名の日本人選手が出場権を獲得しています!


全英オープンゴルフ2019 148th The OPEN

第148回 全英オープンゴルフ 2019 大会概要

開催日程

2019年7月18日(木)~7月21日(日)

開催コース

ロイヤルポートラッシュ in 北アイルランド 


全長:7,334ヤード Par71

148回 全米オープンゴルフ ロイヤルポートラッシュ 詳細

「全英オープンゴルフ」は、マスターズ、全米オープン、全米プロゴルフ選手権の四大海外メジャーのひとつ。

「全英オープン」は今年で148回を数え、メジャー大会の中でも歴史・伝統、格式、共に抜きん出た存在です。

また、英語名称は「The Open」のみで、第1回開催時に他スポーツにオープン競技が無かったことに由来し、その長い歴史を証明しています。

「全英オープン」の主催は全英ゴルフ協会・R&A(Royal and Ancient Golf Club of St Andrews)であり「全米オープン」主催の全米ゴルフ協会(USGA)共に、もっとも権威のあるゴルフ協会です。

R&Aのコース選定の条件とも言える、海沿いに位置する「リンクスコース」は、自然に近い形の深いラフや、強風、イギリス名物の雨、低温、設計上巧みに配されたバンカー等々、過酷なコンディションと難易度の高いセッティングで、プレーヤーを苦しめ、これまでに多くのドラマ、名勝負を演出してきました。

優勝トロフィーは「クラレット・ジャグ」と呼ばれ、世界中のトッププレーヤーがこの栄誉ある「クラレット・ジャグ」戴冠を目指し、過酷な環境のラウンドに耐えながら、ハイレベルな争いを制するためにしのぎを削ることになります!

開催コースは、近年「セントアンドリュース」「カーヌスティ」「ロイヤルトゥルーン」「ロイヤルバーグデール」「ロイヤルリザム&セントアンズ」「ロイヤルリバプール」「ロイヤルセントジョージス」の持ち回りで開催されており、今季は1951年以来、68年ぶりに北アイルランドの名門「ロイヤルポートラッシュ」での開催となります!

Embed from Getty Images
(ロイヤルポートラッシュとクラレットジャグ)

その「ロイヤルポートラッシュ」は1888年に、9ホールの「ザ・カントリークラブ」として会場し、ヨーク公爵がパトロンとなり、その後18ホールに拡張。
1895年にはイギリス王エドワード7世がパトロンとなり「ロイヤルポートラッシュ」に改称されました!

今大会開催にあたって「ロイヤルポートラッシュ」内のメインのチャンピオンコースである「ダンルースリンクス」を中心に「バレーリンクス」の一部に跨がり大幅な改修が施されました。
それにより、バンカーは59個から62に増え、コース全長は約200ヤード延長され、7,334ヤードとなります!

「ロイヤルポートラッシュ」も全英会場のご多分に漏れず、リンクス特有の起伏の多い土地に、海からの強風は、ティーイングエリアとセカンド地点、グリーン上と、それぞれ違う風向となり、ショットは非常に難しく、更にアンジュレーションが大きいため、高低差もプレーに影響を及ぼしてきそうです!




ロイヤルポートラッシュ コースマップ

全英オープンゴルフ2019 ロイヤルポートラッシュ コースマップ

ロイヤルポートラッシュ ヤーデージ

全英オープンゴルフ2019 ロイヤルポートラッシュ ヤーデージ

【動画】ロイヤルポートラッシュ コースガイド (1H~18H再生リスト)

www.youtube.com
(映像:The Open YouTube公式アカウント)



賞金・FedExカップポイント

賞金総額:1,075万ドル優勝賞金:189万ドル 優勝FedExカップポイント:600pt 優勝世界ランクポイント:100pt

【動画】全英オープン・ロイヤルポートラッシュ 告知


(映像:The Open YouTube公式アカウント)

昨季優勝者 フランチェスコ・モリナリ 通算-8 70-72-65-69=276

2018年会場:カーヌスティ

2018 トップ10

1. F.モリナリ -8
2T. K.キスナー -6
2T. X.ショフレ -6
2T. R.マキロイ -6
2T. J.ローズ -6
6T. K.チャッペル -5
6T. T.ウッズ -5
6T. E.ペパレル -5
9T. J.スピース -4
9T. M.クーチャー -4


【動画】全英オープンゴルフ2018!メジャー初制覇!フランチェスコ・モリナリ!


(映像:The Open YouTube公式アカウント)

【動画】全英オープンゴルフ2018 最終日ハイライト


(映像:The Open YouTube公式アカウント)


全英オープンゴルフとは? 出場資格 歴代全優勝者 歴代記録

www.idayu.jp





全英オープンゴルフ2019 優勝予想・パワーランキング・筆者ゐ太夫の大会展望!

全英オープンゴルフ 過去20年 優勝者・スコア

  • 2018年 276(-8) フランチェスコ・モリナリ
  • 2017年 268(-12) ジョーダン・スピース
  • 2016年 264(-20) ヘンリック・ステンソン
  • 2015年 273 (−15)PO ザック・ジョンソン

  • 2014年 271 (–17) ローリー・マキロイ

  • 2013年 281 (-3) フィル・ミケルソン

  • 2012年 273 (-7) アーニー・エルス (2)

  • 2011年 275 (-5) ダレン・クラーク
  • 2010年 272 (−16) ルイ・ウーストヘイゼン

  • 2009年 278 (−2)PO スチュワート・シンク
  • 2008年 283 (+3) パドレイグ・ハリントン (2)

  • 2007年 277 (−7)PO パドレイグ・ハリントン
  • 2006年 270 (−18) タイガー・ウッズ (3)
  • 2005年 274 (−14) タイガー・ウッズ (2)
  • 2004年 274 (−10) トッド・ハミルトン
  • 2003年 283 (−1) ベン・カーティス
  • 2002年 278 (−6)PO アーニー・エルス
  • 2001年 274 (−10) デビッド・デュバル
  • 2000年 269 (−19) タイガー・ウッズ
  • 1999年 290 (+6)PO ポール・ローリー




松山英樹の戦績

  • 2018 CUT 通算+4 75-71
  • 2017 14T 通算-2 68-72-66-72=278
  • 2016 CUT 通算+8 72-78
  • 2015 18T 通算-8 72-66-71-71=280
  • 2014 39T 通算-1 69-74-73-71=287
  • 2013 6T 通算+2 71-73-72-70=286



各ラウンド 結果速報 映像

直前情報

1日目

2日目

3日目

最終日






全英オープンゴルフ2019 TV放送・中継予定

ゴルフネットワーク CS・ネット

大会日程 放送日程 放送時間
1R 2019/7/18(木) 2019/7/18(木) 午後2:30-午前4:00
2R 2019/7/19(金) 2019/7/19(金) 午後2:30-午前4:00
3R 2019/7/20(土) 2019/7/20(土) 午後5:00-午前4:00
4R 2019/7/21(日) 2019/7/21(日) 午後4:00-午前3:00

www.golfnetwork.co.jp


テレビ朝日系列 地上波

大会日程 放送日程 放送時間
1R 2019/7/18(木) 2019/7/18(木) 午後11:20-午前4:00
2R 2019/7/19(金) 2019/7/19(金) 午後11:15-午前4:00
3R 2019/7/20(土) 2019/7/20(土) 午後11:15-午前4:00
4R 2019/7/21(日) 2019/7/21(日) 午後11:00-午前2:55

www.tv-asahi.co.jp


※番組は変更される場合があります。必ず最新の番組表をご参照ください。



出場予定 出場資格保持 全プレーヤー 7/12現在


アン・ビョンフン /アブラハム・アンサー /キラデク・アフィバーンラト /アドリ・アルナス /浅地洋佑 /マシュー・ボールドウィン /イシドゥロ・ベニテス /クリスティアン・ベサイディンオート /ルーカス・ビェルレガード /アレクサンダー・ビョーク /キーガン・ブラッドリー /ラファ・カブレラ・ベロ /ジョルジ・カンピージョ /パトリック・キャントレー /ポール・ケーシー
ガン・チャルングン /スチュワート・シンク /ダレン・クラーク /オースティン・コネリー /コーリー・コナーズ /ジョエル・ダーメン /ジェイソン・デイ /ブライソン・デシャンボー /デビッド・デュバル /アーニー・エルス /トニー・フィナウ /マシュー・フィッツパトリック /トミー・フリートウッド /リッキー・ファウラー /ライアン・フォックス
藤本佳則 /ジム・フューリック /セルヒオ・ガルシア /ルーカス・グローバー /ブランデン・グレース /エミリアーノ・グリージョ /アダム・ハドウィン /ジャスティン・ハーディング /パドレイグ・ハリントン /ティレル・ハットン /チャーリー・ホフマン /J.B.ホームズ /堀川未来夢 /ビリー・ホーシェル /チャールズ・ハウエルⅢ
ファン・インチュン /池田勇太 /イム・ソンジェ /今平周吾 /稲森佑貴 /ジャズ・ジェーンワタナノンド /ジャン・ドンキュ /ミゲル・アンヘル・ヒメネス /ダスティン・ジョンソン /ザック・ジョンソン /金谷拓実(a) /カン・スン /チャン・キム /キム・シウー /ケビン・キスナー
カート・キタヤマ /パットン・キザイア /Knipes, Curtis (A) /ラッセル・ノックス /ブルックス・ケプカ /ジェイソン・コクラック /ミッコ・コルホネン /マット・クーチャー /ローメン・ランガスキュー /ネイト・ラシュリー /ポール・ローリー /トム・レーマン /マーク・リーシュマン /アレックス・レヴィ /トム・ルイス
リー・ハオトン /デビッド・リプスキー /ルーク・リスト /サム・ロック /ザンダー・ロンバード  /マイク・ロレンツァ・ベラ /シェーン・ローリー /ヨースト・ライテン /ロバート・マッキンタイア /松山英樹 /グレーム・マクドエル /ロリー・マキロイ /ジェイク・マクロード /プロム・ミーサワット /フィル・ミケルソン
キース・ミッチェル /フランチェスコ・モリナリ /ムン・ドイウ /ホアキン・ニーマン /アレックス・ノレン /ショーン・ノリス /トールビョン・オルセン /ルイ・ウーストヘイゼン /アドリアン・オタエギ /ライアン・パーマー /パン・チェンツェン /ドミトリオ・パパダトス /パク・サンヒョン /アンドレア・パバン /エディ・ペッパエル
トマス・ピータース /ギャリック・ポーティアス /イアン・ポールター /アンドリュー・パットナム /ジョン・ラーム /チェズ・リービー /ドック・レッドマン /パトリック・リード /ロバート・ロック /ジャスティン・ローズ /ロリー・サバティーニ /ザンダー・ショフレ /Matthias Schmid (A) /アダム・スコット /ジャック・シニア
シャブハンカー・シャルマ /コーム・シンキン /ウェブ・シンプソン /キャメロン・スミス /ブラント・スネデガー /ジョーダン・スピース /カイル・スタンリー /ヘンリック・ステンソン /リチャード・スターン /ブランドン・ストーン /ケビン・ストリールマン /James Sugrue (A) /アンディ・サリバン /コナー・サイム /ジャスティン・トーマス
Thomas Thurloway (A) /アシュトン・ターナー /エリック・バン・ローエン  /ジミー・ウォーカー /マット・ウォレス /ポール・ワーミング /ババ・ワトソン /リー・ウェストウッド /ベルント・ワイズバーガー /ダニー・ウィレット /アンドリュー・ウィルソン /オリバー・ウィルソン /アーロン・ワイズ /クリス・ウッド /ゲーリー・ウッドランド
タイガー・ウッズ /Wu, Brandon (A)

※赤字は全英オープン優勝者

※(A)はアマチュア選手




日本人選手・注目組ペアリング・組合せ・スタート時刻

1日目・1ラウンド
2日目・2ラウンド
3日目・3ラウンド
最終日・4ラウンド

関連記事

松山英樹 今後の出場予定・スケジュール

www.idayu.jp

松山英樹 他日本人選手最新世界ランキング、賞金・FedExランク!

www.idayu.jp





※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2019 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。