[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「ダンロップフェニックストーナメント2018」TV放送・無料ネット配信、組合せ、日程、スコア結果速報、成績、賞金、出場選手、戦績、大会概要!⛳

松山英樹出場!JGTO国内ツアー「ダンロップフェニックストーナメント2018」⛳のテレビ放送・中継予定、ネットライブ中継・オンデマンド配信、日程、各ラウンド速報・結果・コメント、歴代優勝者、賞金額、組合せ・ペアリング・スタート時刻、戦績、大会概要をご紹介します!!

松山英樹の1年ぶりとなる国内ツアー出場もさることながら、2018年の「全米オープン」連覇に次ぎ「全米プロゴルフ選手権」も優勝し、メジャー通算3勝プレーヤーとなり今大会も2連覇中のブルックス・ケプカが出場!あの尾崎将司以来となる、ダンロップフェニックス3連覇の偉業達成なるか?にも大きな注目が集まります!



ダンロップフェニックス2018 松山英樹


ダンロップフェニックストーナメント2018 大会概要

開催日程

2018年11月15日(木)~11月18日(日)

開催コース

フェニックスカントリークラブ in 宮崎  全長:7027ヤード Par71

住所

宮崎県宮崎市大字塩路浜山3083




大会の歴史・コース紹介

ダンロップフェニックストーナメントは海外強豪選手を招待し、世界基準の大会を作り、国内ツアーを活性化する目的で1974年に現在の大会名称でスタートしました。

初代優勝者はジョニー・ミラー。その年のPGAツアーで8勝を挙げ賞金王となった勢いそのままに第1回大会を制しました!

77年には当時弱冠20歳であったセベ・バレステロスが優勝し、81年も優勝。20歳7ヶ月での優勝は現在も大会最年少記録となっています!

その後もトム・ワトソン、クレイグ・スタドラー、ラリー・マイズ、アーニー・エルスと言ったメジャーチャンピオンが今大会で優勝しています。

また、優勝はしていないものの、ジャック・ニクラス(ニクラウス)グレッグ・ノーマン、フィル・ミケルソン、ニック・ファルド、セルヒオ・ガルシア、ジョーダン・スピースらも出場し、レベルの高い大会を演出してきました!

世界基準の大会は海外勢の優勝が続き、日本勢では1985年第12回大会の中嶋常幸が初優勝!

しばらく日本勢が勝てない展開が続く中、1994年に尾崎将司が日本勢2勝目を挙げると1996年まで3年連続優勝という快挙を成し遂げました!

その後は、2000年に片山晋呉が2002年に横尾要が優勝し、2004年、2005年はタイガー・ウッズが連覇を達成。

2010年の池田勇太、2011年の武藤俊憲と2年連続日本人選手の優勝となるも2012年、2013年にルーク・ドナルドが連覇。

2014年には岩田寛とのプレーオフを制した松山英樹が大会初優勝を遂げています!

2016年に初出場で大会新記録となる通算21アンダー、263ストロークで初優勝を遂げたブルックス・ケプカは、2017年も優勝を果たし、2連覇を達成!

また、ケプカは今年2018年、2017年に続き「全米オープン」で29年ぶりとなる連覇達成の快挙に加え「全米プロゴルフ選手権」でも初優勝を果たし、メジャー通算3勝とまさに脂の乗りきったトッププレーヤーに成長!

今大会ディフェンディングチャンピオンとして、1994年~1996年の尾崎将司以来となる大会3連覇の偉業を懸けての出場となります!

コース案内・マップ

golf.seagaia.co.jp

フェニックスカントリークラブは1971年、宮崎・日向灘に面する一ツ葉海岸の黒松の森に誕生。

1974年からは「ダンロップフェニックストーナメント」と共に歴史を刻んできました。

黒松林をセパレートした各ホールは、日向灘からの風、巧みに配されたバンカー等々、「世界基準の大会」会場に相応しい戦略的なコースとなっています。

グリーンはベント、フェアウェイやラフは、ティフトン芝、ペレニアルライグラスと国内コースながら希少な全面洋芝のコースです。

直線的なホールが多いものの、セカンドショットを打つ位置をどこに置くか?によって、その後のスコアに影響する設計となっており、コースマネジメント能力と精度の高いショットが求められます!




賞金

賞金総額:2億円 優勝賞金:4,000万円

昨季優勝者 ブルックス・ケプカ 通算-20

昨季2017年大会 トップ10

1 B.ケプカ -20 264
2 P.マークセン -11 273
2 李尚熹 -11 273
2 X.ショフレ -11 273
5 松山英樹 -10 274
6 今平周吾 -9 275
6 朴相賢 -9 275
6 H.W.リュー -9 275
9 小田孔明 -8 276
9 W.ブライアン -8 276




ダンロップフェニックストーナメント 1996年~2017年歴代優勝者


2017年 ブルックス・ケプカ
2016年 ブルックス・ケプカ
2015年 宮里優作
2014年 松山英樹
2013年 ルーク・ドナルド
2012年 ルーク・ドナルド
2011年 武藤俊憲
2010年 池田勇太
2009年 エドアルド・モリナリ
2008年 プラヤド・マークセン
2007年 イアン・ポールター
2006年 パドレイグ・ハリントン
2005年 タイガー・ウッズ
2004年 タイガー・ウッズ
2003年 トーマス・ビヨン
2002年 横尾要
2001年 デビッド・デュバル
2000年 片山晋呉
1999年 トーマス・ビヨン
1998年 リー・ウエストウッド
1997年 トム・ワトソン
1996年 尾崎将司
1995年 尾崎将司
1994年 尾崎将司

2018年大会 主催者推薦・招待出場選手(海外)

  • ブルックス・ケプカ(2017、2016 ディフェンディングチャンピオン)
  • エミリアーノ・グリージョ
  • アンドリュー・パットナム
  • スコット・ビンセント
  • ジョージ・カニンガム


ダンロップフェニックストーナメント 松山英樹の戦績

  • 2017年 5位 -10 67-67-71-69=274
  • 2016年 出場なし
  • 2015年 2位T -12 70-68-67-67=272
  • 2014年 優勝 -15 68-64-67-70=269 (プレーオフ)
  • 2013年 6位T -3 71-71-69-70=281
  • 2012年 2位 -11 70-67-69-67=273 (アマチュア)
  • 2011年 43位T +5 74-67-77=218 (アマチュア)


※2011年は3日間大会

ダンロップフェニックストーナメント2018 各ラウンド 結果速報・動画記事

直前

1日目

2日目

3日目

最終日

大会終了後 最新世界ランク・賞金・FedExランキング







ダンロップフェニックストーナメント2018 TV放送・中継(ネット配信)予定

テレビ

GAORA CS

競技日程 放送日程 放送時間等
Rd.1 2018年11月15日(木) 2018年11月15日(木) 10:00-15:00(LIVE)
Rd.2 2018年11月16日(金) 2018年11月16日(金) 10:00-15:00(LIVE)
Rd.3 2018年11月17日(土) 2018年11月17日(土) 9:00-13:30(LIVE)
Rd.4 2018年11月18日(日) 2018年11月18日(日) 7:30-12:00(LIVE)


地上波 MBS TBS系列

競技日程 放送日程 放送時間等
Rd.3 2018年11月17日(土) 2018年11月17日(土) 14:00-15:54(LIVE)
Rd.4 2018年11月18日(日) 2018年11月18日(日) 15:00-16:54

※番組は変更される場合があります。必ず最新の番組表をご参照ください。

動画・オンデマンド配信

動画配信URL

http://www.dpt.gr.jp/live/vod.html

ダンロップフェニックストーナメント|DUNLOP PHOENIX TOURNAMENT


予選ラウンド(GAORA同時放送)

放送日程 放送時間等
11月15日(木) 10:00-15:00
11月16日(金) 10:00-15:00

OUTホール中継(GAORA同時放送)

放送日程 放送時間等
11月17日(土) 9:00-13:30
11月18日(日) 8:00-12:30

練習場ドライビングレンジ 中継(GAORA同時放送)

放送日程 放送時間等
11月15日(木) 8:00-9:30
11月16日(金) 8:00-9:30

オンデマンド配信

毎日放送制作による各種映像を、オンデマンド動画で配信します。

配信予定

ハイライト
インタビュー
エキサイティングシーン
ハイスピードカメラ
ライブ配信アーカイブ

※番組は変更される場合があります。必ず最新の番組表をご参照ください。



松山英樹・注目組 ペアリング・組合せ・スタート時刻

1日目・1ラウンド

2日目・2ラウンド

3日目・3ラウンド

最終日・4ラウンド



(松山英樹 2017 使用球)

PGAツアー 松山英樹 他ゴルフ 関連記事

2019新シーズン PGAツアー 日程・スケジュール・カレンダー、変更点!

www.idayu.jp

PGAツアー日本でも開催へ!2019年10月の見込み!

www.idayu.jp



石川遼 今後の出場予定・スケジュール

www.idayu.jp





※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

【速報】松山英樹 WGCーHSBCチャンピオンズ2018 PGA公式優勝予想は14番手!パワーランキング!大会展望・寸評!⛳

PGA2018-2019新シーズン世界選手権「WGCーHSBCチャンピオンズ2018」PGA公式優勝予想・パワーランキングで、松山英樹は優勝候補14番手となっています!⛳

2016年大会は圧倒的な強さで、日本人選手初の世界選手権チャンピオンとなった松山。直近の調子の良さもあり、再び上位、優勝争いに期待が懸かります!



WGCーHSBCチャンピオンズ 松山英樹 PGA TOP

WGCーHSBCチャンピオンズ2018 パワーランキング

PGAツアー公式

1. ブルックス・ケプカ
2. ジャスティン・ローズ
3. ロリー・マキロイ
4. ダスティン・ジョンソン
5. フランチェスコ・モリナリ
6. ジェイソン・デイ
7. トミー・フリートウッド
8. ラファ・カブレラ・ベロ
9. トニー・フィナウ
10. ティレル・ハットン
11. イアン・ポールター
12. ポール・ケーシー
13. キャメロン・スミス
14. 松山英樹
15. マシュー・フィッツパトリック
16. アダム・スコット
17. エディ・ペッパエル
18. ジョン・ラーム
19. カイル・スタンレー
20. パトリック・キャントレー




松山英樹 14番手予想選考理由 by Rob Bolton PGA

(原文)
His title here in 2016 is his only top-40 finish in five appearances, but it will be a short-lived fact. T18 at THE CJ CUP silenced doubt over latest injury. Six straight top-20s.

(訳文)
松山英樹の2016年の今大会での優勝は、彼の5度の出場の内、唯一のトップ40フィニッシュとなった試合だ。
しかし、この事実は一時的なものになるであろう。
「ザ・CJカップ」での18位Tという結果は、彼の怪我の疑いを十分に消し去るものであった。
加えて松山は、現在トップ20フィニッシュを6試合継続中だ!
(訳者:ゐ太夫)

www.idayu.jp



ゐ太夫の大会展望・寸評

世界のトッププレーヤー78名のエリートフィールで争われる世界選手権「WGCーHSBCチャンピオンズ」

松山英樹にとっては2016年に、名だたるプレーヤーを相手に2位に7打差を付けて圧勝した思い出の大会でもあります!

しかし、上記でPGAツアーのロブ・ボルトン氏が指摘している様に、過去5回の出場で2016年以外はトップ40にも入っておらず、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ昨季も50位Tと苦しみました。

また、今大会はなぜか棄権が多く過去5試合中2試合を途中棄権。

2013年大会は、前週のマレーシアでの「CIMBクラシック」で痛めた背中の痛みが悪化し、2日目スタート前に棄権。

2015年大会も3日目に6ホールを終了した時点で背中の痛みを訴え、棄権。

2015年大会も前週「CIMBクラシック」で、コース上に何故か陥没状の穴が空いており、そこに右足がはまってしまい、足首を痛め、患部を庇っていたため、背中を痛めた疑いが強いとされていました。

ここまでの「WGCーHSBC」は、2013年「棄権」2014年「41位T」2015年「棄権」2016年「優勝」2017年「50位T」となっており、不運も含め相性が良い大会とは言えない結果となっています。

逆に前週の「CIMBクラシック」では2013年「25位T」2014年「21位T」2015年「5位」2017年「2位」2018年「5位T」と「WGCーHSBC」での棄権の遠因となる怪我を負いながらも、好成績を残しています。

世界選手権とはフィールドの厚さが違うとは言え、松山にまつわる不可思議な現象のひとつと言えるかもしれません。

余談はさておき、松山自身は昨季終盤8月の「ウィンダム選手権」からプレーオフシリーズ4大会、そして前週の「CJカップ」まで6試合連続でトップ20フィニッシュを決めており、好調をキープし続けています!

松山本人は「メジャー初制覇」に向け、第5のメジャー「プレーヤーズ選手権」が開催される3月以降にピークを持って行くペース配分を考えている様です。

しかし、はまると大差で優勝した実績と、直近の調子の良さも相俟って、今大会で2016年の再来、上位、優勝争いに持ち込むことも十分あり得ると見ています!




プレーオフシリーズ 松山英樹 他ゴルフ 関連記事

2019新シーズン PGAツアー 日程・スケジュール・カレンダー、変更点!

www.idayu.jp

PGAツアー日本でも開催へ!2019年10月の見込み!

www.idayu.jp




石川遼 今後の出場予定・スケジュール

www.idayu.jp




※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2018 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。